TRY家コラム

TRY家コラム(トライエコラム)

TRY家コラム

「BEAMSスタッフのアイデアでこだわりの家を建てる」様子をお届け!!

インテリア

ダイワハウス meets BEAMS STAFF BEAMSスタッフがダイワハウスではじめての家づくり

第1回

ABOUT BEAMS

1976年、東京・原宿に6.5坪の第1号店をオープンしたセレクトショップ。ファッションとライフスタイルにまつわるあらゆるモノを世界中から選び抜き、メンズ・ウィメンズともにデイリーウェアからビジネスなどのオンスタイルまで幅広いファッションアイテムに加え、雑貨、インテリア、音楽、アートを提案します。日本全国にショップを展開するほか、香港、北京、上海、台北、バンコクなど海外にも進出しています。

スタッフのライフスタイルに密着したシリーズ本の第5弾、『BEAMS AT HOME4』が宝島社より発売中です。

PROFILE

BEAMS 上田哲平

はじめまして、BEAMSの上田哲平(39歳)です。
現在は、原宿オフィスに勤務し、メンズカジュアルセクションのバイヤー兼マーチャンダイザーを担当しています。生まれは広島で、もともと広島店の店舗スタッフとして入社しました。その後、ヴィジュアルマーチャンダイザーとして大阪に転勤。2年前から現職に就いています。家族は同社で店舗スタッフとして働く妻(友子)と、5歳の長女と3歳の次女との4人暮らしです。

スタッフのライフスタイルが本になるほど、「衣」や「食」だけでなく、「住」にも強いこだわりをもったスタッフが多いBEAMSで働く中で、そろそろ自分たちの家を持ちたい、と考えはじめていた。
そんな中、リアルな家づくりを体験できるプロジェクトが立ち上がると聞き、体験役を引き受けることにした。
BEAMSスタッフが「ダイワハウスで家を建てるなら」と仮定して、そのステップを公開する今回のプロジェクト。
全6回にわたってお送りする。

「僕がレポートします!」「ようこそダイワハウスの展示場へ!」

いざ、展示場見学へ

今日は朝から家族そろってお出かけ。向かう先はダイワハウスの住宅展示場。先日の打ち合わせでカタログをもらい、ざっと予習をしてきた。実物を見てイメージを把握したいと思ったところもあったので、今日の訪問は楽しみだ。ダイワハウスの担当者が解説してくれるそうなので、あれこれ質問してみようと考えながらジーヴォΣ幕張展示場(千葉県)を訪れた。

「初めまして、担当させていただきます。四本(よつもと)です」
今日一日展示場を案内してもらう、ダイワハウスの営業担当者。
たくましい出で立ちだけれど、物腰は柔らかい。頼りがいのありそうな人だ。

早速、展示場の案内が始まる。

01 ENTRANCE玄関

「この玄関は2WAYなんですよ」と四本さん。
直接リビングに向かう動線と、収納スペースを通る家族専用動線に分かれている。「収納スペースがしっかり確保できて、ゆとりをもって使えそう。お客さまには収納スペースが見えないのがいいね」と妻。

「毎朝ストレスなく出かけられたらうれしいですよね♪」

共働きのわが家の場合、子どもたちを保育園に連れて行くのは夫である僕の務め。
玄関先では毎朝どうしてもバタついてしまう。
「靴だけでなく時計や鍵、ネクタイなども玄関に収納できるようになっています。こうすればさっと出し入れできて散らかりません。家づくりのポイントはできるだけノンストレスを目指すことです」と四本さん。
なるほど、ノンストレスか。今までデザインや自分のこだわりを中心に家づくりを考えていたけれど、家の役割って日々の営みを支えることなんだな。

02 LIVINGリビング

リビングには並々ならぬこだわりをもっている僕。娘が成長して多感な時期になっても、リビングに来てくつろぎたいと思ってもらえるような、ゆとりのある空間をつくりたい。

「2m72cmの高さを実感してください!」「天井が高いと広く感じるのね」

リビングに入ってみると天井が高い!一般的な一戸建て住宅の天井高よりも30cmほど高い2m72cmだそう。大きな窓から外の景色が広がり、開放感がある。
「xevoΣは構造体が強いので、開口もこのように大きく取れて室内が明るいんです」と四本さん。

「私も6年前に注文住宅を建てましたが、リビングは2階に設けました。敷地条件にもよりますが、住宅が密集している土地なら、隣の家や外からの視線が気になる1階よりも広くて明るい空間がつくれます」
大きな開口から自然光が入る2階のリビング。陽だまりの中、ソファに身をゆだねてくつろぐ週末も、悪くないな。

他にも“パーソナルスペース”という自分にとって居心地のいい場所づくりの考え方があるそうだ。その条件を理解しておくと、ストレスの少ない環境をつくり出せるらしい。家に帰ったら一度自分の生活を見直してみよう。

03 DININGダイニング

「こちらのキッチンはダイニング側が収納になっています。ダイニングも散らかりやすい場所なので、収納が多いと便利ですよ」
食事以外にも新聞や本を読んだり、事務作業をしたり、いろんなことに使うため、ものがあふれてしまうケースが多いというダイニング。僕は気に入った雑貨はインテリアとして「見せる収納」にディスプレイしているが、見せずにしまっておきたいものもたくさんある。
収納スペースは今よりも必要かもしれない。

「こんなに収納できますよ」

04 KITCHENキッチン

「オープンな対面キッチンは開放感がありますが、ダイニングやリビング側から片付いてない洗い物や調味料が丸見えになります。オススメは段差を付けて手元を隠したものです」

共働きだけれど、わが家のキッチンの主役は妻。
今までにも増して四本さんへの視線が真剣だ。

(妻の目つきが変わったぞ…)

05 LAVATORY洗面室

今は娘たちも小さいため、とくに混むこともない洗面室。
でも、近い将来奪い合いが勃発しそうな予感がする。
四本さんいわく、「高校生や大学生のお子さまがいらっしゃるご家庭の場合、2ボウルを希望される方もいらっしゃいます。私の家は、洗面室だけ天井を低くして保温を重視しました。赤外線の暖房機をつけ、収納スペースを十分とり、着替えを素早くできます。子どもとの入浴の場面も事前に想定することでうまくいっています」
家を建てる前に、そこで行う日々の生活を想定するわけだ。夫婦の働き方や娘たちの成長を考慮して、今後の生活に合った間取りや設備を検討してみよう。

「建てる前に想定しておけばうまくいきます」

06 BATHROOMバスルーム

お風呂場で目を光らせたのは妻だった。
「掃除のしやすさが大事だと思います。水アカ汚れが気になるので、鏡もなくていいんじゃないかな」としっかり意見を述べる妻。
普段の生活目線で妻は展示場のいろんな場所を見ている。家事の効率の良さも、大切なポイントだ。

「掃除がラクなのが一番です」

07 UTILITY2階ユーティリティ

「部屋干しできるスペースがあると便利ですよ」

「お洗濯はどの時間帯にされますか?」と尋ねる四本さん。
うちは共働きなので、洗濯は夜に行い、部屋干し。花粉症気味の僕にとっては、部屋干しがベストだ。洗濯は大変な家事だけに、できるだけ効率良く取り組みたい。
「部屋干しできる個室を確保して、換気と乾燥の機能をつければ、十分乾きます。洗濯機をその近くに備えれば、とても便利ですよ」
物干しスペースに、お掃除ロボットの充電スポットや普段使う掃除用具などをしまう収納を兼ねればいい感じ。ユーティリティを設けることで、家事がずいぶん楽になりそうだ。

最近「家事シェアハウス」という「住まい環境にひと工夫して家族みんなで自然に家事に取り組める」がコンセプトの家があるらしい。自然と身の回りのものが片付くように動線や収納が設計されているので、家事を家族全員でシェアできる。共働きのわが家にとって、大事なことだ。

08 BEDROOM主寝室

カーペット敷きや間接照明など、落ち着ける工夫がされている。
妻は「こんなに広くなくてもいい。家具も万が一の地震に備えて造作家具を中心に」と災害のことにまで頭を働かせていた。

「もっと狭くても大丈夫です」

09 WICウォークインクローゼット

仕事柄、夫婦そろって洋服、シューズ、バッグ、帽子やアクセサリーなどを大量に所有している。今はマンションの一室をまるまる服の収納に充てている。広いウォークインクローゼットは必須だな。さらに洗濯機や部屋干し専用の個室が近くにあれば洗った服をすぐにしまえて、とても便利。「こちらのウォークインクローゼットにはアイロンがけするスペースもあるので、一連の洗濯家事がスムーズにできます」
可変性のある収納棚をつければ、ショップのストックヤードのように効率良く整理整頓できそうだ。

(広いウォークインクローゼットは絶対欲しい…)

10 MEETING SPACE打ち合わせスペース

これで展示場の見学は終了。打ち合わせスペースに着座して一息つく。
「展示場をご覧になって、想像が膨らみましたか。これからはその想像を実現させるべく、プランに落としこんでいきましょう」
四本さんが教えてくれた今後の家づくりの大事なポイントは、僕たち夫婦の希望をもれなく挙げて、優先順位をつけて整理することだそうだ。
僕の憧れはウッドデッキ。空を見ながら本を読んだり、BBQをしたり。あとは…、部屋内の間仕切りを少なくして広い室内をつくりたい。
こういった希望をダイワハウスさんから2枚いただいた優先順位シートに夫婦それぞれが10個ずつ挙げ、順位を決める。相手に気を遣わずに本音を書くために、家が建つまで夫婦同士でもこのシートを見せないようにアドバイスされた。満足できる家づくりを目指す姿勢が徹底されていて、感心する。
「間取りが失敗しないよう、お二人の要望をできるだけ取り入れます」
頼もしい四本さんの言葉に、家づくりのモチベーションがより高まった。

「優先順位をつけて整理しましょう」

これで今日は終わりかと思いきや、
「展示場は夢の空間ですから、現実のサイズ感で見る必要もあると思います。リアルサイズのモデルハウスがあるので、行ってみましょう」と四本さん。
四本さんの言う通り、現実的な家もぜひ見たいところだ。
僕たちはモデルハウスに向かった。

リアルサイズのモデルハウスで“実感・共感”

モデルハウスは、展示場ほど規模が大きくなく、現実的なサイズだ。
展示場と違って面積が限られている中でスペースを有効に活用している。
リビング重視のプランなので、玄関はそれほどスペースを取っていないらしい。ベビーカースペースもあり、僕には十分広く感じたので、これくらいがちょうどいいのかも。

2階へ上るための階段は廊下にある。
独立した階段だと、子どもが帰宅した時も出かける時も顔を合わせないで出入りできてしまうのが、親としては心配だ。
娘たちのことを思うと、僕はリビング階段が理想だな。

キッチンは壁付けのI型。妻は家族の顔が見えるオープンキッチンの方が気に入っているらしい。2つを見比べることで少しずつ自分たちの意見がまとまってきた。

「コーディネートも楽しんでください!」

リビングは壁面を照らす間接照明。天井の高さは標準的な2m40cmなので開放的というよりも少し落ち着きがあってシックな感じ。

「自由にインテリアコーディネートできるのは、注文住宅における魅力なので、上田さまのこだわりを生かしてください。ショップや雑誌でお好きな素材やデザインを見かけられたら、写真に撮るなどしてスタッフにお教えください」
妻はキッチンの壁タイルを気に入った様子だった。色や素材を選ぶのも家づくりの醍醐味。床材に壁紙、開口や照明。僕たちのこだわりをあらゆるところに発揮できるなんて。想像するだけで心が躍る。

展示場だけじゃなくてモデルハウスまで見ると、リアルな生活の部分までイメージすることができた。家の間取りにおける自分の優先順位を考える上で大きく役立ったな。

妻・友子さんからひと言

注文建築でできることが想像を超えて幅広く、驚きました。
特に気になったのは、2WAYの玄関です。
無駄なくスマートに収納できる家にしたいです。

今回は住宅展示場とリアルサイズのモデルハウスを見学し、理想と現実の両方の形を見ることができた。マイホームのイメージが具体的になってきたので、情報を整理して生活に沿った間取りを考えてみよう。
次回は、ダイワハウスのTeam-xevo(チーム・ジーヴォ)が現在のわが家を訪問し、「ライフミーティング」を行うそうだ。四本さんから「お家は片付けたりせず、いつも通りのままでお願いします」と言われており、ありのままのわが家を見てもらうようだ。
まだまだ始まったばかりの家づくりプロジェクト。今後の展開が楽しみだ。

「次回はダイワハウスさんがわが家にやってくる!ドキドキ…」

  • Facebook
  • instagram
  • YouTube
コラムでご紹介した動画をまとめました。TRY家コラム(トライエコラム)動画ギャラリー
いただいた質問をもとに、知っトク!なっトク!なお役立ちコラムをご紹介します! 知っトク!なっトク!家づくりQ&A

TRY家コラム(トライエコラム)では、
将来住まいづくりをお考えの方へお役立ち情報をお届けしています。

会員登録するとこんな特典が!!

  • 会員限定の
    住まいづくりに役立つ資料を
    ダウンロード!!
  • 会員登録すれば、
    家づくりに役立つカタログが
    今すぐ見られる!!
  • 会員限定の
    プレゼント企画や、
    キャンペーンに応募できます。
  • TRY家コラムの更新情報を
    メールマガジンで
    キャッチ!!

ダイワハウスの「おうちアプリ」で、ご家族にぴったりの住まいづくりを。住まいと暮らしをテーマとした旬の情報がまとめてチェックできます。

ダイワハウスの「おうちアプリ」で、ご家族にぴったりの住まいづくりを。住まいと暮らしをテーマとした旬の情報がまとめてチェックできます。

AppStoreでダウンロード
Google Playでダウンロード

定期刊行誌WEBマガジン版毎月発行

  • an.D 住まいづくりに役立つヒントがたくさんつまった情報誌です。もっと詳しく
  • くらしのレター 暮らしに役立つヒントがたくさんつまった情報誌です。もっと詳しく
  • 住まいコラム
  • イベント情報
  • 住まいのカタログ資料請求
  • 建築実例
  • ダイワハウスの注文住宅xevo
  • ダイワハウスの分譲住宅・宅地

送信先メールアドレスの変更・メルマガの配信停止はこちら

  • TOP

このページの先頭へ

TRY家コラム(トライエコラム)TOP

将来住まいづくりを考えている方に役に立つ情報をお届けするサイト。毎週更新。

カテゴリーから探す

住まいに関する情報をカテゴリー別でご紹介

コラム一覧から探す

住まいに関する情報を一覧でご紹介

住まいコラムTOP

暮らしに関することから商品紹介まで様々な情報をお届け

くらしのレターTOP

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.