3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
タグ

[住まいかた暮らしかた]家事をシェアして、ハッピーに暮らそう!

毎日の暮らしの中で、日々取り組まなければならない家事。しかし、家事に追われているばかりでは、ストレスがたまります。家族みんなで家事をシェアし、楽しく暮らす方法を考えてみましょう。

家事の中に多く存在する「名もなき家事」とは?

家事といえば、料理、洗濯、掃除といった言葉を連想します。しかし「脱ぎっぱなしの服をクローゼットにかける」「不要なチラシを捨てる」「手洗いのタオルを取り替えて洗濯かごに入れる」といった、いわば“名もなき家事”が多く存在します。それら一つひとつは些細なことでも、毎日のこととなると、大変な手間がかかるものになります。

妻と夫で、大きな差がある家事に対する意識

共働き家庭が多い昨今、家事を分担しているご家庭も多いでしょう。ダイワハウスが実施した意識調査では、共働き夫婦に家事負担割合を尋ねたところ、妻の回答では「夫1割:妻9割」、夫は「夫3割:妻7割」がトップでした(※)。夫と妻の家事負担割合の意識の差には、この“名もなき家事”に対する認識が影響しているのかもしれません。

※〈調査概要〉実施期間:2017年4月15日~16日/調査方法:インターネット調査/調査対象:20~40代で同居のお子さまをお持ちの共働き夫婦
◎詳しくは、「共働き夫婦の“家事”に関する意識調査」をご覧ください。

家事は「家族ゴト」と考えてみんなでシェア

食器洗い乾燥機や、ロボット掃除機などの便利な家電を取り入れると、掃除の手間や時間を減らすことはできます。しかし、働く妻たちにとって、家事は相変わらず大きな負担になっているといいます。たとえ、家事にかける時間の長さが平等でなくても、“名もなき家事”を含めた全ての作業を家族全員が知り、分け合う姿勢を持つことが、心の負担の減少につながるのではないでしょうか。また、家事をシェアすることで、会話や思いやりが生まれ、子どもの自立心を育むきっかけになることも期待できます。家族で家事について話し合ってみましょう。

家事を家族でシェアすると…

家族のコミュニケーションから思いやりが生まれる

家族みんなで家事について話し合い、お互いに感謝の気持ちを言葉にすることで、思いやりの気持ちが生まれます。

家族が「名もなき家事」を知ることで、心の負担を軽減

例えば「ごみ出し」という家事には、「ごみを集める→ごみをまとめる→ごみ袋を取り替える→ごみを出す」というプロセスがあります。家族がこのような“名もなき家事”を知ることで、家事を行う人の心の負担が減少します。

子どもの自立心を育むきっかけになる

家事をシェアすることで、子どもも家族の一員であることを自覚し、責任感と自立心を持って物事に取り組むことが期待できます。

家族で家事をシェアするためのアイデア

家族みんなが自然と家事に取り組めるよう、住まい環境をひと工夫した、ダイワハウスの「家事シェアハウス」。
家事を無理なく効率よく行うために、活用できるアイデアが満載です。

自分のことは自分でできる仕組みをつくる

使ったものを元の場所にしまう。出したごみを片付けるなど、身の回りのことをできるだけ自分でできるようになるのが家事シェアの第一歩。幼少期の子どもも含め、家族一人ひとりが行動に責任を持ち、人任せではなく自分でするようになる仕組みをつくりましょう。例えば、帰宅してからリビングに入るまでに、かばんや上着を自然に片付けられる仕組みがあると、リビングには余計な物を持ち込まず、「名もなき家事」をつくりません。

家事のプロセスと現状をみんなで共有する

自分のことが自分でできるようになったら、次はみんなで家事に参加。家族が情報を把握しやすく、無理なく家事に参加できる工夫を取り入れましょう。例えば、家族共用のストック類の在庫状態を共有し、誰もが補充できるように工夫。また、子どもが成長したら一人でも食事が取れるよう、夕食メニューや食品のストックの情報をシェアしましょう。

住まいの環境を整え自然に家事に参加

使いたい物の場所が分かりにくかったり、動線が悪かったりすると、家事はつい面倒になってしまいがちです。家族みんなが無理なく家事に参加し、習慣化できるように、間取りの工夫や使いやすい設備を取り入れるなどして、家事がしやすい環境に整えましょう。例えば、掃除道具を使いたいときにすぐ取り出せるように、リビング近くにまとめて収納しておいたり、洗濯物をあらかじめ分類しておけるスペースを設けて洗濯しやすくします。

自分のものは自分のロッカーに!

自分専用カタヅケロッカー
帰宅後に脱いだ靴やコートをさっと片付けられるロッカー。家族それぞれの場所を決めることで、一人ひとりの荷物を個別管理できます。


自分でお片付けできるね!

自分専用ボックス
リビングやダイニングの周りに散らかりがちな家族それぞれの物を自分のボックスにしまえば、すっきり片付きます。

付せんが目印!

食材ストッカー
キッチン横の食材ストッカーに、食材のストックをまとめておけば一目瞭然。子どもが作れるラーメンやパスタなどもストック。作り置きの料理は付せんを貼って冷蔵庫に入れておきます。

アイランドキッチンカウンター
回遊動線や広々とした天板が調理や配膳などの作業をスムーズにします。また、料理を通じてコミュニケーションも広がります。

ライフストレージ
掃除道具やティッシュなどの消耗品のストック、救急セットや工具類などは、リビング近くなど誰でもすぐに分かる場所にまとめて収納しておきましょう。

洗濯物分別スペース
洗濯機を回す前に洗濯物を分別するのは、手間がかかるもの。服を脱いだときなど洗濯物が発生したときにあらかじめ分別しておけば、手間がかからずスムーズ。

Kaji Share House 家事シェアハウス 家事をシェアしてハッピーに。ダイワハウスは「家事シェアハウス」をご提案します。

2018年9月現在の情報となります。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

ハウス
ラインナップ

3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.