3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る

住まいづくりのグッド・アイデア

居心地のいい家づくり(1) 境界をデザインする

趣味やライフスタイルの多様化により、住まいにおける集いのあり方が変化してきています。少し前までは"リビング至上主義"という言葉に象徴されるように、「団らん」といえば家族全員がリビングでテレビを囲むスタイルが一般的でした。ところが最近はスマートフォンやタブレットが普及し、さまざまな趣味を楽しむ方が増え、それぞれが異なることをしながら過ごすスタイルが多くなっています。

そうした自由な集いの場として、一人ひとりが好きな場所で好きなことをしながらも、お互いの存在に安心し、つながりを感じられる間取りはいかがでしょうか。壁やドアで完全に区切ってしまわずに、境界を曖昧にデザインすることで、一つひとつの空間が独立しながらも心地良いつながりが生まれます。リビングに限らず、居心地の良い場所が"いくつも"ある住まいは、暮らしを豊かにしてくれます。季節や時間帯、その日の天気や気分に合わせて場所を選び、特等席を見つける楽しさを、ぜひご新居で味わってください。

高さの違いでほどよく区切る

ダイニングよりもリビングの床を少し下げることで、境界を作ります。段差の部分に腰掛けたり、もたれたり、造りつけのソファに座ったり。
そこにいる人同士がちょうどいい距離感で、好きな体勢でくつろげます。

1階と2階の空間をつなぐ

吹き抜けと階段を組み合わせてデザインすることで、1階と2階に連続性をもたせることができ、住まい全体に明るさと広がりが得られます。
階段を上り下りする際にも、目線の高さが変わるごとに景色の変化や開放感を楽しむことができます。

部屋の内と外を一体化する

ダイニングとテラスをつなげ、テラスと庭を一枚の壁でゆるやかに隔てた間取り。ダイニングとテラスが一つの空間のように感じられます。カフェのように、ダイニングでお客さまをおもてなししたい方におすすめです。

床の高さでおこもり感を演出

畳よりも板の間の高さを少し上げて、おこもり感のある「庵」の趣を演出した和室。低い視線の位置で坪庭バルコニーの景色を楽しめます。独立した部屋として使いたい時は、プリーツスクリーンを下ろして囲うこともできます。

設計者の話が聞ける スペシャル動画(※2分46秒) “境界のデザイン”をご覧いただけます。

タイルを使った住まいの詳しい話が聞けるスペシャル動画(※2分30秒)“菊川 人周の住まいづくりに対する想いをムービーでご覧いただけます。

アドバイス 大和ハウス工業株式会社 奈良支店 住宅設計課 菊川 人周
※掲載の写真はダイワハウス奈良登美ケ丘展示場(奈良県)です。

2015年7月現在の情報となります。

バックナンバー一覧

新しい住まいと暮らしの情報誌 an.D 最新号プレゼント。冊子限定プレゼント企画もあります。

全国のダイワハウスの展示場でもan.Dをお配りしています。全国の展示場一覧はこちら

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

ハウス
ラインナップ

3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.