3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
タグ

an.D column

ゴールデンエイジに運動能力を伸ばそう

子どもの運動能力向上に大きく影響する、
「ゴールデンエイジ」の基礎知識や適切な運動について、
株式会社アークアスリートの樋口さんにお話を伺いました。

運動能力を高める黄金期

学校や家庭で体を動かす機会が減り、子どもの体力・運動能力は年々低下しています。身長や骨格が影響する「体力」は遺伝に左右される部分もありますが、体を上手に動かすスキルを指す「運動能力」は、トレーニングによって伸ばすことが可能です。

人の運動能力は、6~12歳頃の運動量・運動習慣によって決まるとされ、この時期をゴールデンエイジと言います。アメリカの医学者・スキャモンが発表した「発育・発達曲線」によると、運動能力に関係する「神経型」は、12歳頃までにほぼ100%発達するとされています。つまり、この期間にさまざまな運動を経験して神経を刺激することで、運動能力を高められるのです。

スキャモンの発育・発達曲線※
誕生から成熟期までの発育量を100%とした割合

※出典:SCAMMON R.E.(1930)
The measurement of the body in childhood.

段階に応じたトレーニングを

ゴールデンエイジには前後の期間を含めて3つの段階があります。体と脳の発達段階に応じて、適切なトレーニングを行いましょう。さまざまなスポーツに応用できる基礎的な運動能力を、バランスよく養うことが大切です。

プレゴールデンエイジ[3~6歳頃]

リズムに合わせてジャンプするなど、遊びの要素を交えた運動がお勧めです。楽しみながら多様な動作を体験し、体の動かし方の基本を身につけます。

ゴールデンエイジ[6~12歳頃]

素早く動く「敏捷性(びんしょうせい)」、瞬間的に強い力を出す「瞬発力」、体のバランスをコントロールする「バランス能力」を総合的に向上させ、どのスポーツにも応用できる基礎力を養いましょう。

ポストゴールデンエイジ[12~14歳頃]

脳と心肺機能が十分に発達してくるこの時期は、複雑な動きのトレーニングや、走り込みなどスタミナをつけるトレーニングを行いましょう。

子どもの運動能力を高める ゴールデンエイジとは?

アドバイス

株式会社アークアスリート
代表取締役/フィジカルコーチ 樋口 彰美さん

幅広い世代に対してトレーニング・コンディショニングサポートを行う、株式会社アークアスリート代表取締役。スポーツで活躍できる子どもを育てる運動教室「キッズアスリート」を2002年に開設。スポーツ科学とトップアスリートへの指導経験をもとに、子どもの運動能力を高めるトレーニング法の指導に取り組んでいる。

キッズアスリート ホームページ
http://www.kids-athlete.com/

2018年7月現在の情報となります。

バックナンバー一覧

新しい住まいと暮らしの情報誌 an.D 最新号プレゼント。冊子限定プレゼント企画もあります。

全国のダイワハウスの展示場でもan.Dをお配りしています。全国の展示場一覧はこちら

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

ハウス
ラインナップ

3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.