3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
タグ

住まいづくりのグッド・アイデア

夫婦の家事参加意識から“名もなき家事”を考える

共働き世帯が増える中、家事を分担している家庭も多いものの、依然として家事負担は女性に重くのしかかっているようです。夫と妻の家事に対する意識調査では、妻が思う以上に夫は「自分は家事をやっている」と考える傾向にあり、夫婦間に大きなギャップがあると分かりました。

ギャップを生んでいる原因の一つは“名もなき家事”の存在です。ティッシュの空箱を捨てる、脱ぎっぱなしの服をクローゼットに掛ける、汚れたタオルを取り替えるなど、名もなき家事は家の中に多数存在します。一つひとつは些細なことでも、積み重なれば時間や気持ちの大きな負担になるものです。こうした名もなき家事も含め、家族みんなで家事をまるごとシェアすれば、家事の負担感が減ってお互いに感謝し合う気持ちも持てるのではないでしょうか。大切なのは自分のことを自分でできるようになることです。

ダイワハウスは「家事シェアハウス」をご提案。家族が自然に家事に取り組める動線の工夫や、誰もが使いやすいアイテムなどで問題解決のお手伝いをします。

家事意識のギャップをなくして、家族で家事に取り組みましょう。

夫と妻で、家事意識に大きなギャップあり。

共働きの夫婦に家事負担割合を尋ねたところ、男性の回答では「夫:3割、妻:7割」がトップ。一方、女性の回答では「夫:1割、妻:9割」がトップという結果になりました。夫が考えるほど、妻は夫の家事参加を認めていないようです。

調査概要
実施時期: 2017年4月15日~16日
調査方法 :イ ンターネット調査
調査対象 : 20~40代で同居のお子さまをお持ちの共働き夫婦

家事をまるごと、家族でシェアすることが大事。

家事の一部を「分担」するのではなく、“名もなき家事”も含めたすべての家事を家族で共有すること。つまり家事を「シェア」する意識が、家事に対する時間や気持ちの負担を減らしてくれます。

■家事負担割合の比率/夫:妻

ダイワハウスは、無理せず自然に片づく“家事シェア動線”をご提案します。

自然に効率良く家事をシェアするためには、動線が大切です。帰宅後に玄関からリビングへ直行すると、ついつい上着や身につけていたものを散らかしてしまうという悩みも、「家事シェア動線」が解決します。
帰ったらすぐ郵便物の仕分け、靴やカバンの収納、手洗い、着替えなどを経てリビングへ。自然に片づくので“名もなき家事”を減らすことができます。

MODEL PLAN

1

脱いだ靴は「自分専用カタヅケロッカー」にしまって、玄関すっきり。一番に帰った人が各自のロッカーに郵便物を仕分けします。

2

上着は「ファミリーユーティリティ」のハンガーに仮置き。リビングのソファなどに掛けたままになることがありません。

3

部屋着に着替えてリラックス。脱いだ衣類は洗濯かごに入れ、手や顔を洗います。

4

リビングに入る時にはすっかり身ぎれいで片づいた状態に。きれいなリビングでくつろげます。

厚生労働省主催「イクメン企業アワード2018」理解促進部門グランプリ受賞

家事シェアハウス 共働き夫婦の「家事」に関する意識調査

イマドキの家事の事情って? 家族が無理なく“家事をシェア”できるアイデアが満載。家事シェアハウス

「家事シェアハウス」カタログにはWEBに載っていない“家事をシェア”できるアイデア満載! 無料:カタログプレゼント!

2018年11月現在の情報となります。

バックナンバー一覧

新しい住まいと暮らしの情報誌 an.D 最新号プレゼント。冊子限定プレゼント企画もあります。

全国のダイワハウスの展示場でもan.Dをお配りしています。全国の展示場一覧はこちら

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

ハウス
ラインナップ

3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.