TRY家コラム

TRY家コラム(トライエコラム)

TRY家コラム

省エネ住宅に詳しい“博士”が、ZEHの基礎知識やそのメリットについて解説!

テクノロジー

教えて博士!話題の「ZEH(ゼッチ)」って?

国も普及を後押ししているという、話題の「ZEH(ゼッチ)」。なんだか強そうな名前だけど、ZEHって何?どうスゴイの?省エネ住宅に詳しい“博士”が、ZEHの基礎知識やそのメリットについて解説します。

  • Part1 そもそもZEHとは?
  • Part2 高断熱は必須条件
  • Part3 ラクに省エネするコツ
  • Part4 ZEHには補助金が出る!

Part1 そもそもZEHとは?

博士

年々、夏の暑さが厳しくなっておるな。ワシは暑さが苦手でのう…

助手のスミコさん

私は古い家に住んでいるので、エアコンなしではまさに蒸し風呂です。電気代がかかるけど、熱中症予防のためには仕方がないし…。でも、室外機が排出する熱で、外はますます暑くなるという悪循環がありそうですよね。

博士

うむ。わが国でも、住宅の省エネルギー化は最重要課題になっておる。そこで推進されているのがZEH(ゼッチ)じゃ。

助手のスミコさん

ゼッチ?ぜっち?それって何語ですか。

博士

英語じゃ。Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を略してZEH(ゼッチ)と呼んでおる。

助手のスミコさん

NET(ネット)は正味、という意味だから「正味、エネルギーゼロの家」ということですか。エネルギーを使わない家、という意味じゃないですよね?

博士

「正味ゼロ」、つまり、空調や給湯、照明などでエネルギーは使うものの、使った分を自分でつくったエネルギーでまかなえる家という意味じゃな。

助手のスミコさん

「差し引きゼロ」になるということですか?

博士

うむ。もう少し専門的な言い方をすると、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギー化に努め、さらに太陽光発電などでエネルギーをつくることで、1年間に消費する住宅の一次エネルギー※量の収支が正味(ネット)でおおむねゼロ以下になる住宅ということになる。

※一次エネルギーとは…化石燃料(石油・石炭・天然ガス)や太陽光など自然界に存在する状態のエネルギー。これらを加工した電気などは二次エネルギーと呼びます

助手のスミコさん

なるほど。住宅の省エネルギー化を考えるとき、高断熱化と高効率設備は車の両輪で、どちらも欠かせないわけですね。どんなにエネルギー効率が高いエアコンを使っても、冷やした空気がすぐに逃げたり、冷やすそばから外の熱が入り込むような家だと、電気代ばかりかかってちっとも快適じゃないし…まるでわが家みたいに。

博士

ザルから水がどんどんこぼれるようなもので、エネルギーの無駄遣いになってしまうからのぅ…。

助手のスミコさん

まずは、エネルギーの無駄をなくすこと。さらに、太陽光発電などの再生可能エネルギーで電力をまかなうことで、本当の意味でエコな住宅が実現できるわけですね。

博士

おおっ。さすがワシの優秀な助手だけあって、理解が早いのう!

Part2 高断熱は必須条件

助手のスミコさん

博士、ZEHの条件を教えてください!

博士

ほほう、ZEHに建て替えたくなったかの?
まず、ZEHとして認定されるためには、外気の暑さや寒さに影響されにくい、断熱性能の高い家にする必要があるのじゃ。

助手のスミコさん

外壁の内側に高性能な断熱材を入れる、とか?

博士

もちろん、外壁は高断熱仕様であること。さらに、床や天井、窓、玄関ドアなどを高断熱化することも必須じゃ。

助手のスミコさん

建物をまるっと、すき間なく断熱することが大事なんですね。

博士

すき間なく、という意味では、気密性も大事じゃ。たとえば、建材の接合部分を気密ボードでしっかり塞ぐなどしてすき間を減らし密閉性を高めると、熱が逃げにくく入り込みにくくなるのじゃ。

助手のスミコさん

そんな細かいところまで。ぬかりないですね!

博士

「熱を逃さない」という意味で「魔法瓶のような家」と例えられることもあるぞ。

助手のスミコさん

夏は外の暑さを室内に極力取り込まず、エアコンで冷やした空気は外に逃がさない。冬は、外の寒さを極力取り込まず、エアコンや床暖房で暖めた空気を外に逃がさない。これなら、真夏も真冬も快適に過ごせそう!
そして、エネルギーの無駄がない分、冷暖房費もぐんと削減できますね。チャリーン♪

博士

ZEHとして認定されるには、断熱性能の基準値をクリアする必要がある。さらに、省エネ効果の高い設備を導入し、一次エネルギーの消費量を従来より20%以上削減することが求められる。特に、エネルギー消費の大きい「空調」「照明」「給湯」「換気」の4つは、ZEH基準を満たした機器を使用する必要があるのじゃ。

助手のスミコさん

創エネに太陽光発電システムは必須ですし、蓄エネができる蓄電池もあるとよいですね!

博士

だいぶわかってきたようじゃの。頼もしいのぅ。

【使うエネルギー】高断熱の構造と、高効率設備で消費エネルギーを減らす(省エネ) ≦ 【つくるエネルギー】使うエネルギーと同等かそれ以上のエネルギーを創る。蓄電池があれば、創ったエネルギーをためて再利用する

外張り断熱通気外壁で、ハイレベルな断熱性能を実現する、ダイワハウスの『xevoΣ』
適切な間取りや設備の採用で、ZEHを実現できます

Part3 ラクに省エネするコツ

助手のスミコさん

博士、ZEHはとてもハイスペックな住まいですよね。今までの家と違い過ぎて、住みこなせるのかな?という不安もあります…。

博士

大丈夫じゃよ。普通に暮らしていても、自然に省エネできるのがZEHのよいところ。もちろん、誰もいない部屋の電気は消す、エアコンの設定温度を適切にするなどの配慮は、今まで通り行えばよい。

助手のスミコさん

そうなんですね。安心しました(笑)。
ところで、つくるエネルギーと使うエネルギーのバランスがどうなっているのか、確認する方法はあるんですか?

博士

うむ。そこでHEMS(ヘムス)の登場じゃ。Home Energy Management System(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の略で、電気設備や家電とつなぎ、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を制御できるシステムのことをいうんじゃ。
たとえば、ダイワハウスの「D-HEMS」は、発電や売電、使った電気の量など、家じゅうのエネルギー状況がモニターのトップ画面やスマートフォンから手軽に確認できるのじゃ。

助手のスミコさん

ハイテクですね!

博士

さらにハイテクな家にもできるぞ。

照明やエアコン、シャッターなどIoT対応した設備機器と連携すれば、「おはよう」や「ただいま」のシーンをワンタッチで設定・操作でき、タイマーでのコントロールも可能じゃ。朝起きたら自動でシャッターが開く、夜帰宅する前に自宅の電気をつけておく、などの設定も可能なのじゃよ。ちなみに、ダイワハウスが提案している Google アシスタント を搭載した Google Home によるコネクテッドホーム「Daiwa Connect」なら、声で家電や照明をオン・オフしたり、カーテンを開閉するなど、一層便利な暮らしができる。…ワシが子どもの頃に憧れた未来が、現実のものになるとはのぅ。

※ Google、Google Home は、Google LLC の商標です
Google Home で家電や建材を操作するにはIFTTTと Google Home の初期設定が必要となります

助手のスミコさん

家とコミュニケーションしているみたいで、なんだかワクワクしますね。わが家は共働きで、家を留守にすることが多いから、外出先からスマホで設備を操作できるのは助かります。あとは、熱帯夜にエアコンで冷やし過ぎないように、寝ている間は節電温度にしてくれたりしたら嬉しいな。

博士

ZEHの目指す「ゼロ・エネルギー」化は、「つくるエネルギー」だけでなく「使うエネルギー」にも配慮する必要がある。つまりは「省エネ」をいかに効率よく行うかがポイントになる。HEMSを導入することで、エネルギーを「見える化」し、さらに時間指定の計画運転が可能なエアコンなどの機器を自動制御することで、より効率的にラクに省エネできるようになるんじゃよ。

D-HEMSができること

D-HEMS についてはこちら

助手のスミコさん

でも、普段便利な暮らしをしていると、いざ停電したときに大変そうですね。

博士

ダイワハウスでは、災害で停電したときの備えもできる。「全天候型3電池連携システム」を導入すれば、ZEHに必須の太陽光発電システムとガスで電気とお湯をつくる家庭用燃料電池『エネファーム』、蓄電池を連携して運用することで、雨天でも約10日間※の電力供給および暖房・給湯を確保でき、普段に近い生活ができるのじゃ。

※水道・ガスが使える場合。一部対応できない地域があります。

助手のスミコさん

それなら安心できますね!

Part4 ZEHには補助金が出る!

助手のスミコさん

いざZEHを建てるとなると、それなりにお金もかかりそうですね。

博士

性能を上げると、その分費用はかかるからのぅ。そこで、国はZEHに補助金を出しておるのじゃ。申請期間と締切が決められているので、スケジュールはきちんと確認しておこう。さらに、登録認定されている会社で建てるべし、という条件もある。

ZEH支援事業

補助額 70万円/戸
追加補助額 蓄電システムを設置する場合 初期実効容量に対し2万円/kWh
(上限20万円または補助対象経費の1/3のいずれか低い額)
主な要件
  • ● ZEHロードマップにおける「ZEHの定義」を満たしていること
  • ● SII※に登録されているZEHビルダー/プランナーにより設計・建築・改修または販売されること
※SII:一般社団法人環境共創イニシアチブ
公募期間(令和元年度)
  1. 四次公募:2019年 8月26日~10月11日

ZEH+(ゼッチ・プラス)実証事業

(再生可能エネルギーの自家消費拡大を目指したZEH)

補助額 115万円/戸
追加補助額 蓄電システムを設置する場合 初期実効容量に対し2万円/kWh
蓄電システムの追加補助金は、別途「先進的再エネ熱等導入支援事業」の補助金申請が必要。
主な要件
  • ● ZEHロードマップにおける「ZEHの定義」を満たしていること
  • ● さらなる省エネ(25%以上の一次エネルギー消費量削減)
  • ● 以下の内2つを導入
    • ・さらなる高断熱
    • ・高度エネルギーマネジメント
    • ・電気自動車(PHV車含む)の充電設備
  • ● SIIに登録されているZEHビルダー/プランナーにより設計・建築・改修または販売されること
公募期間(令和元年度) 2019年 7月1日~9月30日

ZEH+R(ゼッチ・プラス・アール)強化事業

(蓄電システムや太陽熱利用温水システムにより停電時のレジリエンスを強化したZEH+)

補助額 125万円/戸
追加補助額 蓄電システムを設置する場合 初期実効容量に対し2万円/kWh
(上限30万円または補助対象経費の1/3のいずれか低い額)
太陽熱利用温水システム 液体式:パネル面積4m²以上で17万円/戸
空気式:パネル面積12m²以上で60万円/戸
主な要件
  • ● ZEH+に係る要件を全て満たすこと
  • ● 停電時に、指定された方法で主たる居室で電源を確保できること
  • ● 一定の能力や条件を満たす蓄電システム、太陽熱利用システムのいずれかまたは両方を導入すること
公募期間(令和元年度)
  1. 三次公募:2019年 8月26日~10月11日
助手のスミコさん

国がこれだけ補助金を出すということは、本腰を入れて普及を目指していることのあらわれですね。

博士

うむ。国が策定した「第5次エネルギー基本計画」では、「2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建て住宅の半数以上で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」と明記されておる。

助手のスミコさん

ところで博士!ZEHに不可欠な太陽光発電システムを、おトクに設置できるという耳より情報もありますよ。

太陽光発電システムがおトク!! 1kWあたり最大10万円(税抜)割引!

博士

おおっ。さすがワシの優秀な助手…目ざといのう!

まとめ

博士

省エネルギー住宅であるZEHは、光熱費を削減できるなど家計にやさしいだけでなく、室内の温度差が少ないのでヒートショックなどの心配も少ない。エコで快適で健康的に暮らせる家なのじゃ。ワシも住みたいのぅ…。

助手のスミコさん

体にもお財布にも、そして地球にもやさしい家なんですね。
これから家を建てるなら、やっぱりZEHかな。博士、さっそく住宅展示場に実物を見に行きましょうよ!

実際の建物を見てみよう 住宅展示場検索はこちら

未来のあたりまえ、がこの家にある。ダイワハウスの スマエコ・ゼロエナジー

スマ・エコ ~ダイワハウスのスマートハウス~ 資料請求はこちらから

ダイワハウスの防災配慮住宅 災害に備える家

住まいづくりに関するご相談はこちら

※掲載の情報は2019年8月現在のものです。

  • Facebook
  • instagram
  • YouTube
コラムでご紹介した動画をまとめました。TRY家コラム(トライエコラム)動画ギャラリー
いただいた質問をもとに、知っトク!なっトク!なお役立ちコラムをご紹介します! 知っトク!なっトク!家づくりQ&A

TRY家コラム(トライエコラム)では、
将来住まいづくりをお考えの方へお役立ち情報をお届けしています。

会員登録するとこんな特典が!!

  • 会員限定の
    住まいづくりに役立つ資料を
    ダウンロード!!
  • 会員登録すれば、
    家づくりに役立つカタログが
    今すぐ見られる!!
  • 会員限定の
    プレゼント企画や、
    キャンペーンに応募できます。
  • TRY家コラムの更新情報を
    メールマガジンで
    キャッチ!!

ダイワハウスの「おうちアプリ」で、ご家族にぴったりの住まいづくりを。住まいと暮らしをテーマとした旬の情報がまとめてチェックできます。

ダイワハウスの「おうちアプリ」で、ご家族にぴったりの住まいづくりを。住まいと暮らしをテーマとした旬の情報がまとめてチェックできます。

AppStoreでダウンロード
Google Playでダウンロード

定期刊行誌WEBマガジン版毎月発行

  • an.D 住まいづくりに役立つヒントがたくさんつまった情報誌です。もっと詳しく
  • くらしのレター 暮らしに役立つヒントがたくさんつまった情報誌です。もっと詳しく
  • 住まいコラム
  • イベント情報
  • 住まいのカタログ資料請求
  • 建築実例
  • ダイワハウスの注文住宅xevo
  • ダイワハウスの分譲住宅・宅地

送信先メールアドレスの変更・メルマガの配信停止はこちら

  • TOP

このページの先頭へ

TRY家コラム(トライエコラム)TOP

将来住まいづくりを考えている方に役に立つ情報をお届けするサイト。毎週更新。

カテゴリーから探す

住まいに関する情報をカテゴリー別でご紹介

コラム一覧から探す

住まいに関する情報を一覧でご紹介

住まいコラムTOP

暮らしに関することから商品紹介まで様々な情報をお届け

くらしのレターTOP

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.