注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
  • ご相談
  • 資料請求
ハウジングマイスター

注文住宅・建て替えなら安心・安全・信頼のダイワハウス

ハウジングマイスター WORKS

WORKS

ハウジングマイスター(一級建築士)
吉川 慶 WORKS

「間土(まど)の家」
大阪府内の成熟した住宅地に建築。穏やかなベージュのタイルと陰影のあるアクセントタイルを対比させ、堂々としたシルエットを描きました。
門扉と外装に同じタイルを用い、外観に一体感を持たせています。

天井を低く抑えた玄関と開かれた土間のホール

広い玄関を間取りのセンターに置きたいというお客さまのご要望に応え、ダイナミックな大壁を中心にデザインしました。玄関の天井をあえて低く設計することで、吹き抜けの開放感をより強調します。開かれた土間のイメージは、伝統的な日本建築に見られる「間戸(まど)」のイメージを踏襲したものです。

小上がりと掘り込み座卓のあるリビング

和のリビングには掘り込み座卓と小上がりを設け、家族が思い思いに心地よく過ごせる工夫を施しました。折上げ天井に組み込んだ照明や収納下部のダウンライトなどで、やさしい明るさを確保します。コーナーには障子をあしらい、ソフトな自然光を室内に導いています。

街路樹を借景に取り込んだ和のダイニング・キッチン

敷地条件的に大きな庭を取ることが難しかったため、敷地外の街路樹のグリーンを活かしました。敷地内に植えた低木とのコンビネーションで、奥行き感のある庭の雰囲気が生まれ、程よい目隠し効果を得ることができます。

新鮮な食材を調達できるキッチンガーデン

キッチン背面の掃きだし窓に面して、さまざまな野菜づくりを楽しめるキッチンガーデンを設けました。手を伸ばせば届く距離感なので、獲れた野菜をキッチンへダイレクトに運ぶことができます。家事の合間に苗の状態を観察し、こまめに手入れができるレイアウトです。

西日を受けて障子に描かれる黒竹の陰影

主に客間としての用途を考えた和室は、窓外に黒竹の植栽をアレンジしました。西日を受けると黒竹のシルエットが白い障子に影を落とし、風雅な模様を描きます。日の高さによって表情を変える陰影は、季節と時間の移ろいを感じさせる仕掛けでもあります。

間接照明を多用した照明計画

対象を直接照らすダウンライトやシーリングライトを極力用いず、壁や床、天井に反射させた光で空間をやわらかく照らす明かりを取り入れました。ダイニングには和紙の照明をシンボリックに使い、食を囲んだ集いの場にふさわしい、温かみのある雰囲気を演出しています。

PROFILE

吉川 慶Kikkawa Kei
「家づくりを楽しむ」をモットーに、お客さまお一人お一人の理想を求めて情熱を注ぐ。プライベートでは3歳になる女の子のパパとして子育てに参加中。その合間に趣味のゴルフを楽しんでいる。
詳しくはこちら
ダイワハウスに間取りの相談をする

モデルハウスを探す

実際の建築事例を見て、理想の住まいをイメージする。

お近くのモデルハウスを検索できます。

住まいの相談をする

新築・建替え・注文住宅について、住まい提案のプロへ相談する。

住まいの相談を無料で受付中。

資料を請求する

詳しい資料で情報収集。家族でカタログをひろげて検討する。

カタログをオンラインでご請求できます。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。