XEVO

Daiwa House Group

  • ご相談
  • 資料請求
住まいづくりニュース

注文住宅・建て替えなら安心・安全・信頼のダイワハウス

住まいづくりNEWS 減税

住まいづくり
NEWS

減税について 住宅取得にも不動産取得税などさまざまな税金がかかりますが、今ならおトクな減税措置が用意されています。

1長期優良住宅住宅取得関連税制の減税措置

[POINT]長く快適に住める長期優良住宅※は税金面でも優遇されています。住宅ローン減税の場合、長期優良住宅は控除限度額が一般住宅より多くなります。そのほか住宅を取得した際にかかる各種の税金も減税期間や軽減率などが優遇されます。 ※当社のxevoシリーズは標準仕様で長期優良住宅認定に対応

  • ※東日本大震災被災者は、住宅ローン減税・固定資産税・不動産取得税・登録免許税について、別途の減税措置があります。

2贈与税

[POINT]親や祖父母など直系尊属から贈与された住宅取得資金は、最大1200万円(質の高い住宅の場合)まで非課税となります。また、2500万円まで贈与税がかからず、相続時に相続財産に加算されて精算される相続時精算課税制度も併せて用いることができます。

非課税限度額は平成33年12月31日まで継続実施されますが、非課税限度額が順次縮小されます。
また、対象住宅の消費税率によっても非課税限度額が変わります。

3相続税小規模宅地等の課税の特例

[POINT]相続税対象遺産の50%以上が不動産(土地・建物)※です。対策を立てておかないと税金を払えない事態も起こります!でも、軽減措置を活用すれば、相続税を非課税もしくは軽減することができます。※国税庁「平成23年分の相続税の申告状況について」より

小規模宅地等の課税の特例 一定要件を満たす小規模宅地等の相続については、評価額が80%または50%減額。

  • 適用要件:(1)相続開始前に、被相続人(被相続人と生計を共にしていた親族含む)の事業用・居住用に使用されていた宅地 (2)建物の敷地として利用されていた (3)相続税申告期限までに分割 (4)相続税申告期限まで、事業・居住を継続
  • 注意事項:(1)共同相続の場合、取得した被相続人ごとに適用要件を判定 (2)特定居住用宅地は、相続後も居住を続ける(平成22年税制改正) (3)賃貸併用住宅の様に1棟に居住用と事業用が混在する場合、自宅部と賃貸部を面積按分して軽減割合を計算(平成22年税制改正)

自宅用建物が建っている場合は80%評価減

賃貸の場合は50%評価減

「特定居住用宅地」の特例を受けるには「二世帯住宅」の建築、「貸付事業用宅地」の特例を受けるには「賃貸住宅」「賃貸併用住宅」の建築が有効です。

※詳しくは、当社発行の「相続税準備ガイド」をご覧ください。

  • ※掲載の情報は平成29年2月6日時点のものです。
  • ※掲載の内容は制度運用中でも変わる場合がありますので、ご了承ください。
  • 1 住まいづくりNEWS
  • 2 補助金制度
  • 3 金利
  • 4 減税
  • 5 消費税
  • 無料資料請求

資料請求 資料を取り寄せる(無料)

住まいづくりNEWSのカタログセットには、WEBに載っていない情報が満載。無料発送でお届けします。
住まいづくりNEWS

カタログセットの内容 住まいづくりNEWS 住宅総合カタログ

資料請求はこちら

WEB相談 WEBで質問・相談する(無料)

住まいづくりNEWSに関する質問・疑問・相談をWEBで無料受付中。専門スタッフがお答えします。

WEB相談はこちら

展示場検索 実際の建物を見に行く

注文住宅を建てる宅地を探す

シェア このコンテンツをシェアする

  • サイトマップ
  • 最近チェックした物件履歴
  • 周辺の物件・展示場
  • イベント情報
  • 建売・分譲住宅、土地