XEVO

Daiwa House Group

  • ご相談
  • 資料請求
太陽光発電のある暮らし

これからの住まいのスタンダード!我が家の「パワフル発電所」計画。

大容量太陽光発電で住宅ローン負担軽減!我が家の「パワフル発電所」計画 暮らし、変える、大容量。さあ、あなたも「パワフル発電所」を始めませんか? POINT1 10kW以上なら買取期間20年間 POINT2 売電収入は600万円以上になることも POINT3 住宅ローンの負担軽減

「パワフル
発電所」計画

「パワフル発電所」計画

地球にやさしく、家計にもやさしい。大容量の太陽光発電搭載でかなえる、ゆとりの暮らし。それが、ダイワハウスが提案する「パワフル発電所」計画。今、その輪はどんどん広がっています。さあ、あなたもマイホームで「パワフル発電所」計画、始めませんか?

固定価格買取制度とは?

「固定価格買取制度」は、搭載容量・買取区分の選択によって、大きな差が生まれます。
「固定価格買取制度」では、10kW以上搭載の場合と10kW未満搭載の場合では、売ることができる電気の量(買取区分)と買取期間が異なります。10kW未満搭載の場合は、買取期間は10年。太陽光で発電した電気を自宅で使って、余った分を売電する「余剰電力買取」が適用されます。太陽光とエネファームなどを併用するダブル発電では、買取価格が低く設定されています。10kW以上搭載の場合は、買取期間は10kW未満の2倍の20年。発電した量を全量売電できる「全量買取」、または自宅で使って余った分を売電する「余剰電力買取」のどちらかを選択できます。これから太陽光発電搭載をお考えなら、「10kW以上」をご検討ください。

※1:24円+消費税

※掲載の情報は平成28年4月1日現在の情報です。売電には電力会社との接続契約が必要で、電力会社により出力制御など契約条件が異なります。詳しくは電力会社にお問い合わせください。

POINT 10kW以上太陽光発電を搭載すれば、20年間固定価格で売電できます。

ダイワハウスこだわりの「大容量太陽光搭載プラン」でシミュレーション

大容量の太陽光発電を搭載すれば、光熱費や住宅ローンの軽減など多くのメリットが見込めます。
では、どれだけおトクになるのか、シミュレーションしてみましょう。

シミュレーションPLAN 1

バリエーション豊かな大容量太陽光搭載プラン

シミュレーションPLAN 2

シミュレーションPLAN 3

■掲載プランの試算条件

  • ※1 大阪市、パナソニック(株)製パネル使用時。出力制御対象外。
  • ※2 太陽光パネルの経年劣化による売電量減少を考慮した想定金額となります。「投資額」とは太陽光発電システム導入費用にメンテナンス費用を加えたものです。メンテナンス費用は平均的な概算金額であり、物件により費用が異なる場合があります。「太陽光発電システム導入費用」は「太陽割」適用後の金額となります。固定価格での買取期間終了後(20年後)の電力買取価格は未定です。建物の建築費用は含まれません。
  • ●20年間予想発電量はNEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)の日射量データ(1981~2009年の平均値)を用いたあくまで試算であり、気象条件、立地条件などの諸条件により、実際の発電量とは異なる場合があります。また、金額などを保証するものではありません。

Q&A スマートでエコな暮らしを支える強い味方。大容量太陽光発電について、あなたの疑問にお答えします。

  • 10kW の太陽光発電を搭載すれば必ずこのシミュレーションPLAN通りの利益が出ますか?
    同じ搭載容量でも設置する地域、屋根の角度、パネルの方位、パネルメーカー、天候その他の条件などによって発電量が変わりますので、利益も異なります。
    邸別にシミュレーションが可能ですので当社係員にお尋ねください。ただし、出力制御が行われる電力管内で接続契約を行う場合、出力制御によって売電収入が減少する可能性もあります。
  • 全量買取と余剰買取とどっちが得ですか?
    一般的には電力料金が高い地域の場合や、電力使用が比較的多いご家庭の場合は、余剰買取にすることで高単価の電気購入量を減らせるため、全量買取よりもメリットが出やすくなります。当社では電力会社やご家族状況に応じたきめ細かな試算が可能です。
  • 10kW以上の太陽光発電システムを搭載するためには、何か特別な手続きが必要ですか?
    搭載量に関わらず固定価格買取制度を利用した売電を行う場合には、発電設備としての認定を受け、電力会社と特定契約・接続契約をする必要があり、当社にて手続き代行をいたします。ご入居後は発電設備の設置に要した費用の報告(設置費用年報)及び年間の運転に要した費用の報告(運転費用年報)を、オーナー様にて国に対して行うことが義務付けられています。
  • 電力小売全面自由化で電力会社を変えた場合、売電先も変更になるのですか?
    電力の購入契約と売電契約は別々となっていますので、電力購入先を新電力に変更しても、売電先が自動的に変更になったりはしません。固定価格買取制度による単価・期間で買取が継続することになります。
  • 売電収入は、税務上ではどういう扱いになりますか?
    太陽光発電の売電収入は「雑所得」として取り扱われます。また、太陽光発電システムは、償却資産として17年間は所得から控除できます。控除後の雑所得が20万円以上となった場合、課税対象となり確定申告が必要です。売電収入は事業収入となりますが、出力10kWh程度であれば年間売上高が1,000万円を超えることはないため買取価格に含まれる消費税に納税義務は発生しません。ただし、その他事業収入がある場合には合算して計算することになります。
    ※詳しくは税理士にご確認ください。
  • 大容量太陽光発電を設置する際には、太陽光パネル本体以外にも費用負担がありますか?
    電力会社との事前協議により別途、電力系統側の設備改修費用として費用負担が発生する場合があります。また、出力制御が接続契約の条件となる電力管内においては、出力制御装置の設置費用も別途必要となります。
    ※費用は周辺の設備設置状況により異なります。
  • 買取期間が終了した後は、買取価格が変わるのですか?
    買取期間の終了後、または終了が近づいた時点で、発電事業者と電気事業者との合意により、買取価格を決めていただくことになります。
  • いったん適用された価格は変更されるのですか?
    急激なインフレやデフレのような例外的な事態が発生し、法的に必要と判断された場合を除き、いったん適用された価格が変更されることは原則ありません。
  • 大容量の太陽光発電だとメンテナンス費用もたくさんかかるのではないですか?

    確かに搭載する太陽光パネルやパワーコンディショナーも発電容量に応じて数量が増えるので、保証期間外に故障すればメンテナンス費用が高くなる可能性はあります。ただし、当社が取り扱う火災保険商品の中には、太陽光発電システムを含め、給湯器やエアコン、蓄電池などの故障を補償するタイプもございます。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

  • ■【ecoナビゲーター】による最適な省エネプランをご提案

    住まいのプランニング時において各邸ごとの断熱性能(UA値)のほか、細やかに各地域の気候や電力・ガス会社の料金設定、さらにはお客様の家族構成やご家族の生活パターンを踏まえた現実に近い光熱費をシミュレーションします。お客様にとって最適な省エネプランとなるよう環境アイテムを組み合わせ、さらに環境にやさしい家づくりをご提案します。

ダイワハウスの割引制度「太陽割」

話題の大容量太陽光発電。ダイワハウスなら、さらにおトクに。
ダイワハウスでは、オーナー様会員組織「DFC(ダイワファミリークラブ)」にご入会いただき、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)をご採用いただくと、太陽光発電システムが割引きになる「太陽割」をご用意しています。

太陽割

  • 1 太陽光発電のある暮らし
  • 2 「パワフル発電所」計画
  • 3 太陽割
  • 4 スマ・エコ
  • 無料資料請求

資料請求 資料を取り寄せる(無料)

太陽光発電のある暮らしのカタログセットには、WEBに載っていない情報が満載。無料発送でお届けします。

カタログセットの内容 我が家の「パワフル発電所」計画 スマ・エコ ~ダイワハウスのスマートハウス~

資料請求はこちら

WEB相談 WEBで質問・相談する(無料)

太陽光発電のある暮らしに関する質問・疑問・相談をWEBで無料受付中。専門スタッフがお答えします。

WEB相談はこちら

展示場検索 実際の建物を見に行く

注文住宅を建てる宅地を探す

シェア このコンテンツをシェアする

  • サイトマップ
  • 最近チェックした物件履歴
  • 周辺の物件・展示場
  • イベント情報
  • 建売・分譲住宅、土地