• 住まい(個人のお客さま)
  • 土地活用(個人のお客さま)
  • 法人のお客さま
  • 企業情報
  • お近くのダイワハウス
  • イベント・キャンペーン情報
  • 大和ハウスグループの事業領域

大和ハウス工業トップ

自分らしく、わが家らしく過ごすことのできる新しいヒントを一緒に見つけましょう。

トシナカデザイン研究所

report.01 トシナカの節電 この暑い夏に節電なんて!!

記録的な猛暑が続く中、いっそうの節電が求められているこの夏。トシナカの人々は、どのように暑さ対策をしているのか、また節電に対してはどう考えているのかその実態を調査しました。

※調査対象 東京23区在住の男女400名

調査内容はコチラ PDF(833KB/33ページ)

賢い暮らしはコチラ

今年の夏の暮らしを漢字一文字で表すと・・・

第1位 耐 第2位 暑 第3位 忍 第4→10位 熱 節 酷 苦 涼 汗 楽 災 ※「楽」「災」は同数10位

  • 節電に取り組むトシナカさん

    73.0%

  • 時間に関係なく常に節電している人は

    61.0%

  • でも、もうガマンが限界という人も多い

    45.5%(「かなり我慢している」「我慢している」計)

トシナカならではのこんな意見も…運行本数が減ったため電車を待つのにとてもイライラする(20代・女性)他人の汗の臭いが気になる(60代・女性)エスカレーターが動いていないので階段で息が切れる(60代・女性)

エアコン設定温度を高くするなんて序の口、少しでも節電できればとさまざまな方法にトライしているトシナカさん。でも、電車も暑いし、街もなんだかうす暗くて元気がない。「節電による楽しみ、喜びはありません(50代 男性)」といった意見に代表されるように、トシナカのみなさんに「節電疲れ」といった状況が際立ってきているようです。

節電の新・ジョーシキ! ピークシフト

ピークシフトとはカンタンにいうと、電力需要が最大になる時間(=ピーク)を他の時間帯にずらす(=シフト)こと。トシナカでのピークは13時~16時といわれており、一日中節電するのではなく、この時間帯はなるべく節電をこころがけるなど、節電にもメリハリをつけてみてはどうでしょう。

ピークシフトを知って節電方法を変えるという人は約半数

51.1% 業務時間そのものを深夜に移した(40代・男性)昼間はなるべくエアコンの使用を控えるが電力不足の心配の少ない夜間はいつも通り使う(40代・男性)昼間は効率が落ちるので深夜に冷房を入れて仕事をする(50代・男性)

トシナカ DISCOVERY 住まいの建て替えも考える“メリセツさん”が登場!

トシナカさんの中には、時間にメリハリをつけて節電している人たちも存在します。節電情報に関する感度も高く、疲れを出すほどがんばらない、便利な機器やグッズを駆使して賢く節電する人たちという一面も持っています。トシナカデザイン研究所ではこうした人たちを、メリハリ節電をする人、略して「メリセツさん」と命名しました。

メリセツさんは、節電情報に敏感でお金もかける

24,150円>11,740円(全体平均)

「昔ながら」+「ハイテク機器・設備」のダブルエコ

メリセツさんは、昔ながらの知恵を活かしながらハイテクも駆使しているようです。

【扇風機・サーキュレーターの利用】38.1%(全体平均27.3%)【すだれ・よしずの活用】19.0%(全体平均11.0%)【エアコンの省エネタイプへの買換え】15.9%(全体平均7.8%)【LED照明の導入】34.9%(全体平均24.5%)【節水・節電機能付きトイレの保有】19.0%(全体平均13.5%)

居住空間そのものの見直しも視野に入っている

暑さ対策・節電のためにリフォーム・建て替えにも関心がある

31.7%

つまり、究極の暑さ・節電対策として究極の方法をつきつめていくと居住空間=お家のリフォームや建て替えも考えていく必要があるのではないでしょうか。

賢い暮らしはコチラ

TOPに戻る

トシナカデザイン研究所とは

REPORT_04 NEW! トシナカの楽しみ志向

BACK NUMBER

  • REPORT_01 トシナカの節電
  • REPORT_02 トシナカの防犯・防災
  • REPORT_03 トシナカのペット事情