ハウスメーカーが考える、住まう人視点のマンションづくり

救出・避難

安全な避難経路・手段を確保する

揺れがおさまった後の安全な行動をサポート

地震の揺れがおさまったら、落ち着いて周囲の確認を。建物崩壊の心配が少ないマンションでは居室内に留まるのが基本ですが、必要に応じて1階共用部分や屋外へ避難しましょう。想定される被害として、ドアの変形による閉じ込めや、暗闇の中での避難により割れたガラスなどでケガをするおそれもあります。D-LCPではこうしたケースに備え、安全に行動するためのさまざまな設備を用意しています。いつ、どこで、何をしている時に災害が発生するか予測できないため、普段から家族でシミュレーションをしておきましょう。

想定される被害

  • ドアの変形による閉じ込め
  • 停電、照明器具の落下
  • 揺れを感知したエレベーターの停止、ロープが絡まるなどの故障や閉じ込め

停電時に自動点灯

ホーム保安灯

停電時に一定時間自動点灯し、足元を照らす保安灯を住戸内に設置。コンセントから取り外すと懐中電灯としても使用でき、非常時の安全な避難をサポートします。

ホーム保安灯の写真

変形しても開閉できる

対震ドア枠

扉と枠のすき間を大きく確保することで、地震時に扉と枠の干渉を低減し、ドアが開放できない可能性を軽減します。
※想定を超える変形の場合、開かない場合があります。

対震ドア枠の概念図

歩行が困難な方の避難を助ける

階段対応車イス

停電でエレベーターが使用できない時に備え、階段対応車イスを各マンションに設置しています。高齢者や介護が必要な方を階段で搬送することができ、非常時以外は介助用車イスとしても活用できます。
※物件によっては採用しておりません。

階段対応車イスの写真

予備電源に切り替え、運転を継続

エレベーター停電時稼働

総戸数200戸以上の物件に採用

停電が発生した場合、予備電源に切り替えることで一定時間継続運転が可能です。エレベーター内に閉じ込められる心配がなく、最寄り階に停止させて安全に避難することができます。

エレベーター停電時稼働のイメージ
住まいカテゴリ
このページの先頭へ戻る

大和ハウス工業株式会社

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.