お近くのダイワハウス

分譲マンション

海と森のワールド

湘南の豊かな自然風土に敬意を払った、環境を取り込むランドスケープ。

藤沢市のマスタープランに定められているように、美しい湘南の自然を取り込み、未来へとつないでいくために。建築前から環境を調査し、土地に合わせた樹種の選定や庭づくりを行うことで、豊かな環境を未来へ引き継いでいきます。

藤沢市都市マスタープラン「辻堂地区構想」〈地区の将来像〉歴史と緑と潮風のかおる、健やかなまち“湘南辻堂”

湘南海岸を活かした水と緑のネットワークにより、
潮香の漂う、安心して快適に暮らせるまちの形成を目指します。

「野鳥が呼べる庭づくり」というコンセプトから生まれた、湘南の海と森のガーデン。

環境共生計画を数多く手がけるプレック研究所と共に目指したのは、湘南の環境を引き継ぎさらに高めるランドスケープでした。湘南の海と山の緑を繋ぐ、中間地点に位置する立地特性から、海と森の2つのゾーンに敷地を大きくゾーニング。特に森ゾーンには生き物の生息場所となるビオトープを計画し、バードバスや巣箱を設け、野鳥が訪れる庭を目指しています。さらに4つの四季の街角や広大な芝生と水の広場が、心ときめく美しい風景をもたらします。

生物多様性に配慮した「ABINC認証」を取得。

環境コンサルティングによって事前に生態系の調査を行い、湘南の風土に合わせた庭づくりを行うことで、湘南エリアのマンション初※1となる、いきもの共生事業所®の認証を取得しました。

※認証番号:04-010(平成29年2月)

※1:ABINCホームページより

生物多様性のための環境づくり
野鳥が好む花や実のなる植物を計画。
生息場所となる仕掛けを設置。

これらの取り組みにより、「動物移動の中継地」として生物多様性の実現を目指します。 これらの取り組みにより、「動物移動の中継地」として生物多様性の実現を目指します。

生物多様性外構計画監修:株式会社プレック研究所|自然環境との共生を目指した都市計画、公園・緑地や動物園、博物館等の設計まで数多くの実績を持つ環境シンクタンク・コンサルタント。 生物多様性外構計画監修:株式会社プレック研究所|自然環境との共生を目指した都市計画、公園・緑地や動物園、博物館等の設計まで数多くの実績を持つ環境シンクタンク・コンサルタント。

※1:団地合計敷地面積:35,058.67㎡(AQUA Face:18,121.34㎡ FOREST Face:16,937.33㎡)※掲載の完成予想CGは、設計図書を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合があります。また、家具・調度品等は変更になる場合があります。植栽は特定の季節の状況を想定して描かれたものではありません。また、竣工時には完成予想CG程度には成長しておらず、形状、位置などは実際とは多少異なる場合があります。樹種は一部変更となる場合があります。外観形状の細部、設備機器などについては、再現されておりません。※車は販売価格に含まれません。※共用施設のご利用に際しては、管理規約に従っていただきます。一部施設は有料となる場合がございます。カフェメニューは有料となります。※FOREST Faceの共用施設は平成33年秋頃より利用できる予定です。※掲載の距離は建設現地(アクアフェイス)からのもので、徒歩分数は1分=80mとして換算し、端数は切り上げています。

プレミストクラブ ご入会はこちら

このページの先頭へ

ページ上部へ

Copyright(C) DAIWA HOUSE INDUSTRY CO.,LTD. All right reserved.