FRESHER’S
CROSS
TALK

新入社員座談会

大和ハウス工業に入社して1年目の、新入社員たちはどのような時間を過ごし、その中で何を感じているのでしょうか。ここでは、2019年入社の新入社員4人に集まってもらい、大和ハウス工業への入社動機、入社して感じた大和ハウス工業の魅力、現在の仕事内容や今後の目標など、フランクに語っていただきました。

PROFILE

※本稿は2019年11月取材時点の内容です。

CHAPTER 01

就職活動時に感じた
大和ハウス工業の大きな可能性。

三浦
大和ハウス工業とは、幼い頃から縁がありました。小学6年生のとき自宅の新築を依頼したのが大和ハウス工業。印象深かったのは、営業担当の方が、まだ幼い私に「どういう家にしたい?」と聞いてくれたこと。就活の時期を迎えて、当時のことが蘇りました。あの人のように、お客様の立場に立った人間、営業担当者になりたいと思ったのです。それが入社を志望したきっかけです。加えて将来は海外で働きたいとも考えていました。大和ハウス工業にはその可能性があることも大きな魅力でした。福森さんは、大学院ではどのような分野を専攻されたのですか。
福森
大学院では、「落ち着ける空間」をテーマに、宿泊施設などの設計に取り組みました。就職の際に考えたのが、コミュニケーションの場としての建物です。家族内のコミュニケーションの場として住宅がありますが、私は外部とのコミュニケーション、多くの人が交流する建物の設計をしたいと考えました。「人・街・暮らし」の価値共創を掲げている大和ハウス工業であれば、自分の想いを実現できると考えて入社を決めました。
野口
私は文系の出身ですが、元々ものづくりが好きで、ものづくりを通じて人の役に立ちたいと考えていました。「もの」の中でも、幼い頃から建物が好きでした。建物の中でも住宅を扱う仕事は、長期にわたってお客様と信頼関係を築いていけることに惹かれました。大和ハウス工業でOB訪問をした際、「今、過去に契約したお客様の、お子様の家づくりをサポートしている」と聞き、自分のやりたい仕事がここにあると感じたことが入社の決め手になりました。
向谷
私は最初から住宅の施工管理の仕事を志望していました。お客様に最も近い場でものづくりができると思ったからです。大和ハウス工業は、ハウスメーカーでありながら多角的に事業を展開しており、さまざまな技術、ノウハウを蓄積しています。その中で仕事することで、技術者として成長できると感じました。また建設業界で売上高トップ、今後も売上高10兆円達成の高い目標を掲げており、会社と共に成長していきたいと思ったことが入社を決めた理由の一つです。

CHAPTER 02

営業、設計、施工、
入社1年目で感じる仕事の魅力。

福森
集合研修を経て、各部署に配属されましたが、現在、どのような仕事に携わっていますか。私が所属する設計部は、12月まで現場で研修があります。現在は現場実習の一環として、建築現場での事務処理の仕事を担当しています。現場で経験したことを、今後の設計業務に活かしていくというのが目的です。現場では品質やコストをチェックしたり、図面上では見えない課題が発生したりと、現場でしか味わえない貴重な経験をさせていただいています。この研修が終わると、設計実務に就く予定なので今から楽しみです。三浦さんは営業担当ですね。
三浦
ええ、6月から営業担当として活動を始めました。所属する流通店舗事業部で、商業施設やホテル、物流倉庫などの建築を請け負う新規開拓を担当しています。土地のオーナー様には立地に適した土地の有効活用を、法人のお客様には事業展開にふさわしい土地を提案することで、双方のニーズを結び付けていくというもの。現在、提案中の案件を進めており、ぜひ契約したい。流通店舗事業部では、社会のニーズやトレンドに応じて、自分の考えで提案できることに仕事の面白さを感じています。野口さんも私同様に営業職ですね。
野口
はい。扱う建物は戸建住宅。7月から、担当である横浜エリアを中心に営業活動を始めました。住宅展示場、不動産会社、さまざまな機会を通じて情報を収集し、戸建住宅建築ニーズのあるお客様をキャッチすることが重要なポイントになります。初契約を目指して、人間力を磨き、幅広い知識を吸収し、スピード感を持って取り組んでいこうと考えています。契約すれば、向谷さんたちの工事が始まることになりますね。
向谷
そうですね。ただ現在は先輩に同行して施工管理の基礎を学んでいる段階。今後、独り立ちして物件を任せていただく予定です。目の前で住宅が完成していく喜びを、お客様と分かち合えるところに大きなやりがいを感じています。

CHAPTER 03

一人ひとりの成長を
手厚くサポート。
仕事を任せて育てる風土を実感。

向谷
入社して感じた大和ハウス工業の魅力、大和ハウス工業らしさはどこにあると思いますか。私は、同じ環境で働く上司や先輩、取引先の皆さんの優しさや温かさを実感しています。みんなで助け合うという強いチームワークも感じます。また、新入社員へのサポートが厚く、社会人としてのマナー研修はもちろん、専門知識の習得や資格取得のための研修も充実しており、私も目下2級建築士の資格取得に挑戦中です。
福森
同感です。人を育てる風土がありますね。私は今、建築現場で研修中ですが、月1~2回は、設計の実務にも関わる機会がありますし、勉強会や展示会などに参加するなど、勉強できるさまざまな機会を提供してくれます。一人ひとりが成長できるようにサポートしていただけることは、大きな魅力です。
三浦
確かにどの部門でも研修は充実していると思いますね。新入社員一人に対して先輩社員一人がつく、OJTエルダー制度があるので、マンツーマンで指導していただいています。私の職場はとても風通しがいいんです。上司も先輩も優しいのですが、それだけでなく適切なアドバイスがあり、また私にも意見を求めてくれるので、新入社員だからと甘えずに自分から発信していく必要性を感じています。意見の交流があるからこそ、風通しがいいのだと思いますね。
野口
最初、営業部門は怒号が飛び交うものかと思っていましたが、まったくそんなことはなくて、温和で優しい雰囲気が支社内にあります。多分それは集まっている社員が醸し出しているのだと思いますね。お客様に対して、一生懸命であり、誠意と熱意を持って接している。そんな、魅力的な人の集まりだから、温かい雰囲気なのだと思います。
三浦
野口さんと私は営業担当なので共通する点があると思いますが、1年目から仕事を任せてもらえるのは大きな魅力ですね。「自分はどうすればいいのか、どう解決すればいいのか」を自分で考え行動し、行き詰まったときは周囲のサポートがある。その積み重ねの中で成長を実感しています。
野口
おっしゃる通りですね。成果を求められますが、それは入社1年目でも即戦力として扱ってくれるから。それは当社の魅力の一つだと思います。

CHAPTER 04

未来を拓くのは自分たち。
高い目標、夢を持って邁進。

三浦
私たちは、これからの大和ハウス工業を創っていく立場だと思いますが、今後どのような夢を実現したいですか。私の当面の目標は、結果を出すこと。そしていずれはどの年代の方にも喜んでいただける商業施設を企画・提案し、受注したい。将来は就活時の夢でもある、海外で活躍したいと思っています。海外で、大和ハウス工業の流通店舗事業部の価値を拡げていきたい。そのためにも、「何事も勉強」という姿勢を堅持していきたいですね。
野口
お客様に私という人間を信頼していただき、満足して家を建てていただくことが目標です。そして、長きにわたって関係を続け、そのお客様のお子様が家を建てる際にもサポートができるような営業担当者に成長したいと思っています。
向谷
私は仕事をしていく中で、住宅工事課を支えられるような工事担当者になりたいと思っています。この先、私が後輩に指導する機会があれば丁寧な教育を心がけたい。そして住宅工事課を引っ張っていけるような人財となれるように、日々精進していきたいと考えています。
福森
設計者として、規模の大きな建物に携わりたいと思っています。2020年1月から設計業務が始まりますが、一つひとつの仕事に全力で取り組み、周囲の信頼を得て、ビッグプロジェクトを任せてもらえる設計者に成長したいと思っています。
三浦
今後、それぞれの部署で、それぞれのミッションを担って、私たちは本格的に仕事に臨むことになると思います。成長意欲を失わず、次代の大和ハウス工業を創造する志を持って、日々の仕事に邁進していきましょう。

CROSS TALK

クロストーク


このページの先頭へ

新卒採用情報

セミナー情報