INTERVEIW 01

自分の成長と成果がリンクする充実感

  • 営業職
  • 住宅営業
  • 住まいづくり

JUNYA OGINO

荻野 純弥

JUNYA OGINO

2013年入社
経営学部 経営学科卒

INTERVIEW 01

大和ハウス工業への入社動機

文系出身だったため、仕事は営業職を希望しました。就活の軸にしたのは、「自分自身が武器になれる仕事を探す」こと。扱うモノやサービス以上に、自分という人間を選んでもらうことで成り立つような仕事がしたいと考えました。そしてたどり着いたのが、お客様とじかに接しつつ、人生最大の買い物をサポートするハウスメーカーの営業。説明会で「営業担当者がお客様の信頼を勝ち得ることで初めて契約が成立する」と聞き、この業界に絞りました。大和ハウス工業に決めた理由は、数あるハウスメーカーの中で高い売上高と多角的な事業展開を誇っていたから。「より大きなフィールドで経験を積んでいけば、自分もその器に見合った人間になれる。自分を大きくするには大和ハウス工業が最高の職場だ」という結論に至りました。

INTERVIEW 02

現在の仕事内容

さまざまなルートから出会うお客様に対し、住宅の営業を行っています。住宅営業の責務は、“お金”“建物”“土地”の3つの観点から、ご満足いただける家づくりの道筋を立てること。お客様に最良の提案を行うために、個々のお客様のライフスタイルや生活上の習慣などを細部にわたり把握し、潜在的なニーズを見抜くことも重要になります。このような仕事に臨むうえで欠かせないのが、知識や会話力、接し方や提案の工夫のほか、つねにスキルアップする努力を怠らないこと。お客様は千差万別で決まった形の営業方法は存在しないので、自分自身のスキルアップこそが、お客様からの信頼と成果につながる一番の近道です。日々異なる場面の中で多様なお客様と接しながら、自分が持つトータルな力を磨いていくことに大きなやりがいを感じています。

INTERVIEW 03

忘れられないあの仕事

入社3年目の秋、土地購入から住宅建築までをお任せいただいたお客様のことが忘れられません。間取りの打ち合わせや住宅ローンの手続き等も終えて着工から1カ月ほどが過ぎた時、突然一家の大黒柱であるご主人が入院されたとの連絡を受けました。すぐに私はご家族を訪ねて事情をうかがい、上司に状況を報告。契約キャンセルもやむを得ないと思っていたところ、お客様のご意向に委ねるとの社内判断が下りました。お客様の意思は、建築の継続。私はそれまで感じたことのない緊張感に包まれながら、住宅ローンを含めた資金面の見直しに、建物工事の進捗報告にと、病院とお客様ご家族、建築現場の間を奔走しました。やがて建物が完成を迎えた頃、ご主人は病院から外出できるまでに回復し、建物の引き渡しが無事完了。今も当社で建築した家で幸せな日々を過ごしておられます。緊急事態でもお客様第一を貫く大和ハウス工業の姿勢と、住宅営業としての責任の重さを実感した印象深い出来事でした。

INTERVIEW 04

今後のキャリアプラン

たくさんのハウスメーカーが存在する中、お客様に大和ハウス工業や営業担当としての私を選んでいただくためには一層多くの出会いが必要です。ゆえにこれからは、お客様との出会いのルート拡大に特に力を入れたいと思っています。出会いのルートは住宅展示場をはじめ、オーナー様や家族、友人からの紹介、不動産会社様や金融機関様からの紹介などが挙げられます。Win-Winの関係性で大和ハウス工業と私を応援してくれる親密なパートナーをできる限り増やして、連携力でルートの輪を広げていきたいですね。同時並行で自分のスキルアップにもさらに努力を重ね、どんなお客様にもご満足いただける提案を実現していきたいと考えています。

SCHEDULE

1日のスケジュール

  • 10:00

    出社メールチェック・TO DOリストの作成

  • 11:00

    当日の訪問準備提案資料の作成・アポ取りなど

  • 12:00

    昼食同僚とランチ

  • 13:00

    営業活動1不動産会社様や金融機関様などの取引先を訪問

  • 15:00

    営業活動2住宅展示場来場への御礼訪問・来場促進訪問、資料請求の御礼訪問

  • 17:00

    営業活動3過去の住宅展示場来場者様への再来場促進電話

  • 18:00

    翌日の訪問準備提案資料の作成、営業ツールの準備、上司や先輩への相談・報告など

  • 19:00

    退社早めに帰宅した日には子どもとお風呂

PRIVATE

休日の過ごし方

休日は家族と過ごす時間を何より大切にしています。幼い子どもと遊ぶ時間は仕事を忘れ、明日への活力を養う貴重なリフレッシュタイム。住宅営業の場合、家庭での実体験がお客様の共感につながることも多いので、全力で“マイホームパパ”をしています。


このページの先頭へ

新卒採用情報

セミナー情報