ロボット事業

大和ハウス工業トップ

セラピー用アザラシ型ロボット「パロ」は、精神的なセラピー効果を目的にしたロボットです。

商品について

パロの仕組みと動作

本物の動物のような動作と反応をします

パロは首、前足、後ろ足、まぶたが可動し、それらの組み合わせにより生き物らしく動作します。また、ふれあう相手や状況を感じるためのセンサー(視覚、聴覚、触覚、運動感覚など)により、光の変化を感じたり、なでられたり抱かれている状況を認識したり、自分の名前を覚えたり、挨拶や褒められる言葉を学習したりします。そのような人とのふれあいを重ねることにより、パロの内部状況(心や感情のようなもの)が変化し、反応が変わったり、飼い主の好みに合わせて行動したりするようになります。また、本物のタテゴトアザラシの赤ちゃんがそうであるように、パロにも朝・昼・夜のリズムがあり、休んだり活発になったりします。

メンタルコミットロボット「パロ」の動作と反応
  • まぶた、首、前足、後ろ足が可動し、生き物らしい動きをします
  • 抱きかかえられたり、なでられると喜びます
  • 名前を覚え、呼ばれると反応するようになります
  • 朝・昼・夜のリズムで、活発な時間と休む時間があります
  • 人とのふれあい方により性格が変化していきます
  • 強い光を当てると嫌がります
  • 飼い主の好みの行動を学習します
  • 叩かれたり乱暴にすると嫌がります
  • 本物のアザラシを元につくった鳴き声で鳴きます
など、飼い主のパートナーとして生き物らしい動作と反応を示します。

アザラシ型である理由

パロはタテゴトアザラシの赤ちゃんをモデルにしています。人のパートナーとしてのロボットなら犬型や猫型がもっとも身近でふさわしいと思われるかも知れませんが、人は犬や猫などの身近な動物を良く知っているため、外観や動作や反応に少しの違和感があっただけでも期待外れに感じます。そこで、あまり身近でなく、本物との違いが比較しにくいアザラシ型を採用しています。

長く使っていただくために

パロは一体ずつ手作りで仕上げられ、微妙に表情の違いがあります。それぞれの飼い主のパートナーとして長くご使用いただくために、パロには抗菌加工、防汚加工、抜け毛加工がされた人工羽毛が使われています。また、電磁シールドを施してあるのでペースメーカーをお使いの方でも安心してご使用いただけます。

「メンタルコミットロボット パロ」についてのお問い合わせ・相談はこちら

メンタルコミットロボット パロ

このページの先頭へ