自然暮らし・田舎暮らし・別荘 のびのびとした環境の中で、健康的に暮らす場所。

管理について

温泉施設の管理

管理のお話

自然を眺めながら、のんびりと温泉に浸かる。森林住宅地での喜びの一つですね。
ダイワハウスでは、各ご家庭に安全で安定した温泉を供給するために、さまざまな維持・管理作業を行っています。温泉が各ご家庭に届くまでの流れに沿って、その業務をご紹介します。

※一部の森林住宅地には温泉が供給されておりません。ご了承ください。

日常管理業務

源泉のチェック 汲み上げられる温泉の量(汲み上げ量のチェック)、泉温などを点検・記録します。
ろ過器のチェック 源泉によっては、温泉に含まれる成分(主に鉄分)の濃度が高く、ろ過器によって除去しなければならない場合があり、ちゃんとろ過されているかを確認、また必要な薬品類の補充などを行います。
流量のチェック(1) ろ過された温泉はポンプによってタンク(貯湯槽)に送られます。流量計をチェックし、その量を確認します(送る量のチェック)
タンクのチェック タンクで貯湯されている温泉の量(水位)、泉温などを点検します。
流量のチェック(2) タンクから各ご家庭へ温泉を供給していきます。
ここでも流量計をチェックし、その量を確認します(配る量のチェック)

定期管理業務

ドレンのチェック ドレンとは配管内に温泉成分が滞留するのを防ぐために、常時温泉を排水する施設。ドレンが正常に作動しているかを点検します。月に1~2回行っています。
各戸のメーターチェック 各ご家庭のメーターをチェックし使用量を確認させていただいています。原則2ヶ月に1回行っています。

専門業者に委託している業務

使用している機器のチェック 例えばポンプ室にはたくさんの機器があります(電流計、圧力計やそれを統べる制御盤など)。それらの機器の点検や薬品の補充など。週1回程度行っています。
ろ過器の洗浄(逆洗) 目づまりを起こさないようろ過器の洗浄を行います。
場所によって違いますが毎日~週1回程度行っています。
逆洗で発生した不純物の処理 溜まった不純物を、半固形物にし場外へ搬出します。
場所によって違いますが、3ヶ月に1回程度行います。
タンクの清掃 タンク(貯湯槽)を清掃します。年に1回程度行います。
配管のつまりチェック ドレン等の流量を点検し、配管(温泉本管)のつまり具合を、適宜チェックします。
その他の作業 故障した機器の修理や取り替えろ材の入れ替えなども行っています。またドレンの側溝の清掃や、施設内の草刈り等も大事な仕事です。

こういった形で、さまざまな維持・管理作業を経て、オーナーさまのお宅の浴槽に温泉は届けられます。温泉も『自然』の一部ですから、人の手では防ぎきれない思わぬトラブルもありますが、早期発見、早期対応をモットーに、これからも皆様のご家庭に温泉をお届けしたいと考えています。

※森林住宅地によって、各業務の内容・呼称等は異なる場合があります。ご了承ください。

※ろ過器を設置していない森林住宅地もあります。

 

無料カタログ請求・ご相談はこちら

全国で展開する森林住宅地(別荘・移住・田舎暮らし)のご相談は、ダイワハウスまでお問い合わせください。

森林住宅(田舎暮らし・別荘)がよく分かるカタログを無料プレゼント! 無料カタログを希望の方はこちら

森林住宅地に関する質問・疑問などお気軽にご相談下さい WEBでのお問い合わせはこちら


  • TOP

このページの先頭へ