大和ハウス工業トップ

CASE6 医療施設・介護付有料老人ホーム ONE FOR ALL 横浜(神奈川県横浜市)

医療・介護と子育て支援、さらに地域交流の場と地域から求められていた機能をカタチにした複合施設。

多くのニーズに応える複合施設で地域医療・介護の裾野を広げていきたい。


医療法人横浜柏堤会
理事長 横川秀男さま

私たち医療法人横浜柏堤会の理念は、「One for All, All for One, 1人は皆のために、皆は1人のために」です。さまざまな役割を担う多くのスタッフが、「すべては患者さまの視点に立って」「利用者さまの視点に立って」という熱い想いを抱きながら、日々の業務にあたっています。そして、地域において救急から在宅まで切れ目のないトータル・ヘルスケアの提供を目指しています。

今回、戸塚区民の皆さまをはじめ、行政の要望に応える新たな医療・介護・子育て支援、さらには地域交流の複合施設を開設させていただくこととなりました。地域の高い関心を集める戸塚区役所の跡地であることから、地域交流施設を設置。さらに、“トータル・ヘルスケア”という、当法人の取組みをより充実したものとするため、「人工透析の充実」「高齢者ケア=介護付有料老人ホーム」「子育て支援=産婦人科・病児保育」という機能を集結しました。

  • 地域交流施設・オープンスペース地域の各世代の方々が気軽に利用できるスペースとして、地域の学びと交流の場として活用可能な多目的施設。当法人では、健康をテーマとした各種教室や講座等を開催する予定です。
  • 戸塚共立レディースクリニック分娩の他、婦人科手術、不妊治療にも対応できる施設です。(平成29年4月開設)
  • 戸塚共立透析クリニック法人内の透析部門を移設し20床に増床。安心して透析を受けられるよう、法人内の病院とも連携体制を高めています。(平成29年4月開設)
  • 戸塚共立ひかり病児保育室横浜市の委託事業として1日10名まで受け入れ可能な施設。法人の小児科医師の定期巡回や緊急時のバックアップ体制も整えています。(平成29年4月開設)
  • 介護付有料法人ホーム 戸塚共立ゆかりの里医療法人運営の強みを活かし、医療・介護依存度の高い高齢者の受け入れが可能。グループ内医療施設の24時間365日バックアップ体制も整えています。(平成29年4月開設)

私たち横浜柏堤会では、地域の医療・介護ニーズに応えられるよう、さまざまな事業を展開してきました。そして、施設ごとに特色を持たせ、それぞれの機能を明確化し、互いに連携を図ることで、「トータル・ヘルスケア」の提供を目指していますが、今回、当法人にとって初の分娩施設となった「戸塚レディースクリニック」の開設によって、目標にまた一歩近づいたことを実感しています。

施設計画にあたって、課題の一つとなったのが「複数の機能をいかに効果的に融合させるか」ということ。大和ハウスさんとの意見交換を密に行い、何度も検討を重ねたことで、理想的な施設が完成したと思っています。また、建設中より注目度の高い建物であったため、私自身も現場に何度か足を運んだのですが、大和ハウスさんの近隣や通行者への配慮のきめ細かさには感心しました。そういった建物の出来栄え以外の面にも大いに満足しています。

大和ハウス工業を選び、ご満足いただいた点

地域のにぎわいの中心となる“健康を支える複合施設”

お祭りやフリーマーケットなど、地域の催しに活用することが予定されている屋外のオープンスペース。建物内の交流スペースとともに、地域交流の場として機能します。

1階部分には、セミナーなどに活用される地域交流施設。健康をテーマにしたセミナー等の実施が予定されています。さらに一角には、来館者にくつろいでいただけるよう、カフェスペースも設けられています。

1~2階の産婦人科診療所「戸塚共立レディースクリニック」(19床)。内部は、高級感ある内装で統一されています。また、家族といっしょに食事ができる食堂談話室(右)も設置されています。

産婦人科の病室。ご家族もいっしょに宿泊できるよう簡易ベッドが設置されています。

3階の透析診療所「戸塚共立透析クリニック」(20床)。長時間に渡る透析治療の時間を少しでも快適に過ごしていただけるよう、直接風が当たらないよう工夫された空調機器を採用しています。

3階の病児保育所「戸塚共立ひかり病児保育室」(定員10名/日)。天井には、星や機関車のイラストが蛍光塗料で描かれているなど、お子さまの喜ぶ仕掛けが施されています。

3~5階に設けられた介護付有料老人ホーム「戸塚共立ゆかりの里」のスタッフステーション。

介護付有料老人ホームの食堂談話室。壁面や家具の色合いにも気を配り、高級感ある空間を演出しています。

介護付有料老人ホームの廊下。快適な住まいを意識し、色合いや質感にこだわった建具等を採用しています。居室は、広さによって2パターン(4階:18m²、5階:25m²)を設定。25m²の居室には各戸に浴室を設けています。車椅子が転回しやすいよう、廊下幅に余裕を持たせていることも特徴です。隣接する小学校から児童たちの声が聞こえることも、入居者さまの好評を博する要因となるでしょう。

CASE6

医療施設・介護付有料老人ホーム ONE FOR ALL 横浜

  • 病院(医療施設)のケーススタディ
  • 高齢者住宅事業のケーススタディ
  • 診療所のケーススタディ
  • 介護施設のケーススタディ

上手な計画進行は、まずご相談から

大和ハウス工業 シルバーエイジ研究所は、長年にわたって蓄積された医療・介護施設の開設における知識と技術でお客さまの事業運営をバックアップします。

医療・介護施設ソリューションについてのご相談はこちら

このページの先頭へ