3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
タグ

an.D column

ペットライフをもっと楽しく ペット保険のすすめ

家族の一員として存在感が高まっている猫や犬。
大切だからこそ、いざという時に十分な医療を
受けさせられるよう準備をしておきたいものです。
今回はペットの保険について獣医師さんからご紹介いただきました。

大切な家族の生涯を見守るために

昔に比べると、猫や犬の飼育環境は屋外よりも屋内が圧倒的に多くなり、平均寿命も大幅に延びました。そのため、室内で起こるペットのケガも増加しています。

よく起こりがちなのが異物誤飲と骨折。これらは住まいの工夫によってある程度防ぐことができます。たとえば危険なものを隠す収納や、危険な場所に入らせない工夫、転倒しにくい床材選びなどで対策することができるでしょう。

しかし、ケガや病気を完全に防ぐことはできません。ペットの医療費は高くなっており、飼い主さんの負担になってしまうこともあります。猫や犬を迎える際は、最期まで責任をもつ覚悟と、十分な医療を受ける備えが必要と言えそうです。

こうしたことから、ペット保険への加入はとても大切だと考えます。獣医師の立場としては、ペット保険に加入している方には、高額でも可能性の高い治療や高度医療などをお勧めしやすいこともあります。また、保険があるからこそ少しの異常でも積極的に動物病院を利用しようという気になり、結果として病気の早期発見につながるのではないかと思います。

保険会社によっては、人間の健康保険と同じように※窓口精算が可能なため、保険金請求が不要。診療費の70%まで補償される保険もあり、より気軽に、保険による受診ができます。

※保険会社が提携する動物病院の場合のみ。詳しくはアイペット損害保険の ホームページ(https://www.ipet-ins.com/)でご確認ください。

本当に使えるペット保険を選ぶ

猫や犬は、どんな子であってもケガや病気のリスクがあります。突発的なケガによる急な手術や、慢性疾患による長期に渡る通院など、さまざまなケースが考えられます。

より良い保険というのは、どんな時でも頼れるような、対象となるケガや病気の範囲が広い保険であると思います。

愛猫や愛犬を家族の一員として守ってあげるためにも、ペット保険のことを知って検討してみてはいかがでしょうか。

アドバイス

アイペット損害保険株式会社 長尾 麻矢さん

獣医師、ペット栄養管理士。東京都内の動物病院にて勤務後、アイペット獣医師として活躍中。

家づくりで防ごう!にゃんわんの病気・ケガ

2018年5月現在の情報となります。

バックナンバー一覧

新しい住まいと暮らしの情報誌 an.D 最新号プレゼント。冊子限定プレゼント企画もあります。

全国のダイワハウスの展示場でもan.Dをお配りしています。全国の展示場一覧はこちら

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

ハウス
ラインナップ

3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.