TRY家コラム(トライエコラム)

  • カテゴリーから探す
  • コラム一覧から探す
  • ログイン
  • メルマガ登録はこちら

大和ハウス工業トップ

TRY家コラム(トライエコラム)

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報です。


[特集]住まいかた・暮らしかた 子どもの健やかな成長と子育てを応援!親子がイキイキ!笑顔あふれる住まい 子育て家族がいつも笑顔でいられる住まいとは…。ママ・パパの子育てや家事の悩みを解決し、家族みんなが、毎日をイキイキ過ごせる住まいを提案します。

子育て家族の思いを住まいがサポート

家族みんなが笑顔で暮らすためには、子どもの健やかな成長を願う、ママ・パパがイキイキすることが大切。「ハッピーハグIII」は、ストレスなく楽しく子育てや家事ができる、さまざまな工夫を盛り込んだ住まいです。また、子育て層をめぐる住環境にも着目。限られた敷地を効率よく使い、コンパクトで使い勝手のよい家を実現しました。

子どもを見守りながら、家族が笑顔になれる空間

子どもが小さなうちは家事をしていても目が離せません。そこで、子どもの様子を見守りながら料理ができるキッチンや、室内からも遊ぶ様子を見守ることができる屋外空間を設けました。自然とコミュニケーションがとれ、安心して家事にも取り組めます。また、子どもの成長に伴い、リフォームなしで空間を変化させる工夫を提案。将来にわたって安心して暮らせる住まいです。

シーズンアプローチ

室内からでも遊んでいる子どもの姿を見守れるから安心

フレックスステージ

可動式の収納「リンクストレージ」で、子どもの成長に合わせて自由に空間が変えられます

ハッピーキッチン

住まいの中心は開放的なキッチン。自然と家族が集まり、コミュニケーションの場となります

ハッピーキッチン

ママ・パパが笑顔なら、子どもたちも笑顔に。家族みんなが明るく楽しく過ごせるわが家がいちばん

ダイワハウス「xevo(ジーヴォ)」×ベネッセコーポレーション「たまひよ」 幸せを育む住まい「HAPPY HUG III」新登場!

「コミュニケーション」と「成長」をキーワードに2008年に誕生した、子育て家族の幸せを育む住まい「ハッピーハグ」。これまで、第1弾、第2弾と発売してきましたが、第3弾は“子どもすくすく ママ・パパイキイキ”を新たなコンセプトに、現在の幸せだけでなく未来の幸せまでも育んでいける、家族にうれしい住まいと暮らしのカタチを提案しています。

HAPPY HUG III MODEL PLAN

1F

2F

1F:52.89m² 2F:48.02m² TOTAL:100.91m²[30.52坪]

どこにいても見渡せるオープンスペース ハッピーキッチン

タタミスペースとダイニングを見渡せる開放的なキッチン。食事中のコミュニケーションはもちろん、料理をしながら子どもが遊ぶ様子も見守ることができ、家族みんなが安心してくつろげる空間です。

1
見守りタタミスペース
キッチンに立つと子どもと目線が合う床から約40cmの高さのタタミスペース。お昼寝をしたり、一緒に洗濯物をたたんだり、さまざまな用途に使えて便利です。また、タタミ下には収納を備えています。

※フロアとタタミスペースが段差のない仕様を選ぶこともできます

2
カフェダイニング
友人を招いてあこがれのおうちカフェを気軽に実現。
友人達との団らんはママだけでなく、子ども同士の交流も促し、社交性と思いやりの心を育てます。

見守りながら元気に遊べる屋外スペース シーズンアプローチ

玄関アプローチと庭を兼用した、子どもの屋外遊び場を提案。室内から目が届き、道路からの視線にも配慮した場所なので安心です。また、屋根があるので雨の日も遊べます。

3
シーズンアプローチ
ミニ菜園を作れば、自分で育てて、収穫した野菜を食べることができ、食育にもなります。

シーズンフック
シーズンアプローチの上にはプランターや園芸用ネットを吊り下げ、外部からの目隠しに利用できるレールを設置。

子どもの成長に合わせた空間がつくれる フレックスステージ

子どもの年齢・成長に合わせて寝室の間取りをリフォームなしで、自由に変化させられるように工夫。可動式の収納「リンクストレージ」で空間を柔軟に変えていくことができます。

4
リラックスリビング
子どもが小さいうちは主寝室で家族そろって就寝。隣のスペースは眠っている子どもを見守りながら夫婦でほっとくつろぐ空間に。そして将来は子ども部屋にすることも可能です。

リンクストレージ
空間を自由に分けられる可動式の収納。上下を分割できるので、空間をゆるやかに区切ることもできます。



このページの先頭へ


このページの先頭へ