TRY家コラム(トライエコラム)

  • カテゴリーから探す
  • コラム一覧から探す
  • ログイン
  • メルマガ登録はこちら

大和ハウス工業トップ

TRY家コラム(トライエコラム)

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報です。


家事ごよみ 住まいのお手入れ

バスルームのカビ・湿気対策

ジメジメとした梅雨どきはカビが気になります。とくに高温多湿なバスルームはカビが発生しやすい場所。毎日のお手入れで清潔に保ちましょう。

毎日のお手入れでカビを寄せつけない

カビの発生条件である温度・湿度・栄養分がそろうバスルーム。温度を下げ、湿気を追い出し、栄養となる水あかなどの汚れをためないことがカビ対策のポイントです。

入浴後は熱いシャワーと冷たいシャワーで掃除

最後に入浴した人が、簡単に掃除する習慣に。まずは浴槽の湯を抜き、湯あかをスポンジでこすります。最初は湯あかや石けんかすを溶かすために、壁、浴槽、床を熱いシャワーで洗い流し、その後冷たいシャワーをかけて温度を下げ、熱気がこもらないようにします。

水分を拭き取り、水滴を残さない

シャワーで汚れを洗い流した後は、体を拭いた後のバスタオルなどで水滴を拭き取っておきます。天井など手の届かないところは、フローリング用のワイパーに乾いたぞうきんをセットして乾拭きします。

十分に換気して湿気を追い出す

大量の水蒸気が発生するバスルームは窓を開けるか、換気扇を回して湿気を追い出します。換気扇を回すときは、窓と入り口のドアは閉めておきましょう。

気になる頑固な汚れは?

浴槽の縁のザラザラした汚れ

浴槽の縁や水栓金具についた白っぽい、ザラザラした汚れは、石けん成分や皮脂が、水道水に含まれるカルシウムなどと反応してできた金属石けんと呼ばれる汚れ。浴室用クリームクレンザーをつけてこすり落とします。強くこすりすぎないように注意。

壁やドア下などのカビや黒ずみ

カビのついた部分にキッチンペーパーを当て、その上からカビ取り剤を吹きつけ湿布します。
5分ほどおいてはがし、スポンジでこすり、シャワーで洗剤を洗い流します。

鏡のくもり

鏡についた白い汚れは水あかです。お湯で鏡をぬらしてから、クレンザーか歯磨き粉をスポンジにつけて磨きます。シャワーで洗い流し、乾いた布で乾拭きします。



このページの先頭へ


このページの先頭へ