TRY家コラム(トライエコラム)

  • カテゴリーから探す
  • コラム一覧から探す
  • ログイン
  • メルマガ登録はこちら

大和ハウス工業トップ

TRY家コラム(トライエコラム)

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報です。


[特集]住まいかた・暮らしかた 住まいの空気環境を快適に 昨今話題となったPM2.5(2.5ミクロン以下の微小粒子状物質)をはじめ、花粉、ハウスダストなど、私たちをとりまく空気中にはさまざまな物質が含まれ浮遊しています。きれいな空気環境の中で、快適に暮らすためにはどうすればよいか考えてみましょう。

心地よさを左右する空気環境

窓を開けたときのさわやかな風や木々の香りに心地よさを感じることもあれば、暑さや寒さをつらく感じたり、花粉やホコリなどが舞っていたり、ニオイがこもっていることに不快さを感じることもあります。
つまり、私たちを取りまく空気環境は、温度や湿度、ニオイや汚れなどに左右されています。

室内の空気環境をきれいに保つために

快適な空気環境を保つには窓を開けて空気を入れ替えたり、換気扇を使って、室内の汚れた空気を外に出し、新鮮な空気を取り入れることが必要です。ただし、空気をきれいにするために換気量を増やすと、快適に調節した室内温度が損なわれることは否めません。そこで、室内の空気の汚れが気になる場合や、花粉や黄砂が舞って窓を開けにくい時期は、空気清浄機を併用するのもおすすめです。

わが家の空気をきれいに

窓を開けて空気を入れ替える

風上と風下の窓を開けると風の通り道ができます。汚れた室内の空気を追い出し、新鮮な空気を取り入れましょう。また、風が通ることで、体感温度が下がり、涼しく感じます。

空気清浄機を活用する

空気清浄機は空気をフィルターなどでろ過し、汚れを除去します。ハウスダストなどの空気中の微粒子などには有効ですが、タバコなどのガス成分を除去する効果は期待できません。

ふとんを天日に干す

ふとんやクッションなどに入り込んだ、ダニのフンや死骸などは天日干しが効果的です。ただし、ふとんをたたくとダニの死骸などが細かく砕けてしまうので、掃除機で吸い取ります。

こまめな掃除を心掛ける

室内を舞うホコリにはダニの死骸やカビ、花粉などが含まれています。人の動きの少ない朝などに、まずモップをかけたあと、掃除機をかけて取り除くのが効果的です。

ダイワハウスの空気環境マネジメントシステム「フレッシュエアデザイン」で住まいの空気をきれいに

一日のうち多くの時間を過ごす室内だから、安心して暮らすために空気の質を高めたい。そんなダイワハウスの思いを形にした空気環境マネジメントシステムが「フレッシュエアデザイン」。シックハウス対策を考慮した「建材対策」、「24時間換気システム」にオリジナルの空気浄化装置「換気浄化ef」を組み合わせ、室内の空気をきれいに保ちます。

24時間換気 常時一定量の換気量を確保し、住宅を呼吸させます。/換気浄化ef 室内の空気をより清潔に保ちます。/オートブレス 外の空気の汚れを室内に入れません。/建材対策 化学物質の発生を抑える最高等級F☆☆☆☆仕様。

換気浄化ef

室内に浮遊する微粒子やイヤなニオイは高性能HEPAフィルターで除去し、一酸化炭素や水蒸気、タバコなどのガス成分は急速排気機能で排気する、ダイワハウスオリジナルの空気清浄機。さらにプラズマクラスターイオン※を生成して放出することで、浮遊しているカビ菌を取り囲み、活動を抑制する効果もあります。また、ニオイ・ホコリ・湿度の3つのセンサーが空気の汚れを察知し、自動制御で最適な空気環境を維持します。

※プラズマクラスター、プラズマクラスターイオン、およびPlasmacluster は、シャープ株式会社の商標です。

換気浄化efの仕組み

  • 高性能HEPAフィルター
    タバコの煙に相当する0.3μm(ミクロン)の非常に細かい粒子でも99.97%※除去します。

    ※フィルター試験に基づく性能であり、実機の性能とは異なります。0.3μm未満の微粒子については確認ができていません。また、空気中のすべての有害物質を除去できるものではありません。

  • 急速排気機能
    フィルターで除去しきれない一酸化炭素、水蒸気、タバコの有毒ガスなどのガス成分を強制排気、強力脱臭することで、新鮮な空気環境を保ちます。

汚染物質の粒子径とフィルターの性能 ※ダイワハウス調査より

24時間換気システム

室内の空気をまんべんなく入れ替える、24時間換気システム。外の空気に含まれる花粉やダストなどを取り除き、室内に給気するフィルターや、できるだけ自然の力を利用して換気量を抑えるオートブレスなど、ダイワハウス独自の技術が搭載されています。

季節を問わず換気量を一定にコントロール
建物の内外の温度差により、自然給気口から取り込む空気量が変化します。オートブレスによって換気量が一定になるように調節します。

オートブレス
サッシ上部に組み込まれた形状記憶合金製バネの働きで外気温に応じて開度を調節。ホコリや花粉をカットするフィルターも内蔵。

建物に作用する煙突効果 オートブレスのしくみ ◎冬季の場合 外気温が5℃以下になると、ブレスの開きが最小になり、換気量を抑えます。 ◎春~秋季の場合 外気温が15℃以上になると、ブレスの開きが最大になり、十分な換気量を確保します。



このページの先頭へ


このページの先頭へ