TRY家コラム(トライエコラム)

  • カテゴリーから探す
  • コラム一覧から探す
  • ログイン
  • メルマガ登録はこちら

大和ハウス工業トップ

TRY家コラム(トライエコラム)

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報です。


家事ごよみ 住まいのお手入れ

キッチンの頑固な油汚れ

やっかいなキッチンの油汚れをためこんでいませんか。これから冬にむけて気温が低くなり、落としにくくなる前に、頑固な汚れをきれいに落としておきましょう。

こまめなお手入れを習慣にしていつもきれいなキッチンをキープ

レンジフード

主な汚れは調理中に出る油煙にホコリなどが混じって酸化、固化したもの。頑固な汚れはゆるめてから落としましょう。

つけ置きで汚れをゆるめる

フィルターやシロッコファン(またはプロペラ)などは、外してシンクの中に広げたゴミ袋の中に入れます。熱めの湯を注ぎ、中性洗剤を入れてつけ置きます。汚れがゆるんだら、スポンジやブラシでこすり、ぬるま湯で洗い流します。

湿布して汚れを浮かす

フード本体や壁などについた頑固な汚れはキッチンペーパーに中性洗剤を染み込ませ、湿布して汚れを浮かせてから、拭き取ります。

IHクッキングヒーター

フラットなのでお手入れが簡単。ふだんから使うたびに、水拭きしておけば汚れがたまりません。しかし、吹きこぼれなどを放置して焦げついてしまうと頑固な汚れになってしまいます。

天板の頑固な汚れ

汚れにクリームタイプのクレンザーをつけ、丸めたラップでこすります。重曹を混ぜるとより落としやすくなります。その後、水拭き、から拭きで仕上げます。

スポンジはクレンザーや重曹が中に入り込みやすいので、ラップを使う

ガスレンジ

油はねや煮こぼれ、焦げつきなどやっかいな汚れがつきやすいガスコンロまわり。材質やパーツごとにお手入れ方法が変わります。

天板は材質に応じて

フッ素コートは傷つきやすいので磨き粉やたわしの使用は禁物。薄めた中性洗剤をスポンジに含ませて汚れを落とし、水拭き、から拭きで仕上げます。ステンレスの場合はクリームクレンザーを使ってスポンジなどで磨きます。ガラストップの場合はIHクッキングヒーターと同様のお手入れを。

ゴトクの頑固な汚れ

焦げつきなどの汚れがひどいときは、ゴトクを煮沸します。鍋に水1リットルに対し重曹大さじ1を入れて沸騰させ、火を止めます。そのまま冷めるまでつけ置きしてから、汚れを落とします。

バーナーのお手入れ

布で汚れを拭き取った後、バーナーの目詰まりは竹串で取り除きます。温度センサー部分は、固く絞った布で汚れを拭き取ります。

煮沸後はゴトクが熱くなっているので冷ましてから取り出す



このページの先頭へ


このページの先頭へ