TRY家コラム(トライエコラム)

  • カテゴリーから探す
  • コラム一覧から探す
  • ログイン
  • メルマガ登録はこちら

大和ハウス工業トップ

TRY家コラム(トライエコラム)

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報です。


家事ごよみ 今月のひと仕事

ごはんをおいしく炊く

新米の季節。ふだん何げなく食べているごはんも、炊き方を見直して、よりおいしく炊きましょう。

米を研ぐ

米を目の細かいざるに入れ、水をはったボウルにざるごとつけます。軽くかき混ぜたら、すぐにざるを上げ、白く濁った水を捨てます。米は最初の水を吸いやすいので、ヌカ臭さが染み込まないよう、手早く行います。次に米をボウルに移し、手のひら全体を使ってリズミカルに研ぎます。水を注ぎ、すぐに白濁した水を捨てます。3~4回繰り返して米をざるに上げ、水気を切ります。

水をはったボウルに米をざるごとつける/手のひら全体でリズミカルに研ぐ

吸水させる

米の水気が切れたら、炊飯器に入れて水加減をし、30分ほどおいてから炊きます。十分に吸水させることで、芯からふっくらしたごはんが炊き上がります。

水加減をする

ごはんを炊くときの水加減は、米1に対して水1.2が目安。新米の場合、米に水分が多く含まれているため、米1に対して水1.1ぐらいに控えます。

炊き上がったら

ごはんが炊き上がって、蒸らし終わったら、水で湿らせたしゃもじでごはんをぐるりと内釜からはがします。全体を切るようにさっくりと混ぜ、余分な水蒸気を飛ばします。ごはんをよそうときは、ごはん粒をつぶさないようにしゃもじを立てて、茶碗に押しつけないようにふわりとよそいます。

ごはんを内釜からはがす/中央を高くふわりとよそう

おいしく保存する

ごはんは蒸らしたあと20分ぐらいの間がおいしいといわれます。食べ切れないときは、早めに保存しましょう。

おひつに移す
1日で食べ切る場合は、おひつに移しておくと、余分な水分を木肌が吸収し、冷めてもおいしくいただけます。
冷凍保存する
冷凍保存するときは、ごはんが熱いうちに、小分けにしてラップで平らに包みます。ラップとごはんは密着させて、ごはん粒をつぶさないようにふわっと包むのがコツ。粗熱が取れたらすぐに冷凍庫に入れます。


このページの先頭へ


このページの先頭へ