TRY家コラム(トライエコラム)

  • カテゴリーから探す
  • コラム一覧から探す
  • ログイン
  • メルマガ登録はこちら

大和ハウス工業トップ

TRY家コラム(トライエコラム)

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報です。


家事ごよみ 今月のひと仕事

お正月のマナー

新しい年の神さまをお迎えするお正月。しきたりやマナーを知って気持ちよく新年を迎えましょう。

お正月飾りはいつ飾る?

鏡餅や門松、注連(しめ)飾りなど正月のお飾りは年神さまを気持ちよくお迎えするためのもの。「事始め」の12月13日から30日までに飾ります。ただし、12月29日に飾ると「二重苦・苦待つ(苦松)」といわれるので避けます。

注連飾りの代わりにお正月用にアレンジしたリースもおすすめ。

おせち料理に込められた意味

神さまに供える祝いのおせち料理は、お正月の三が日は炊事をしないという風習から、保存のきく料理になったといわれます。数の子は子孫繁栄、栗きんとんはお金が貯まる、黒豆はまめに働く、ごまめ(田作り)は豊作など、料理の一つ一つに意味が込められています。また、お正月の三が日の間使う祝い箸の両端が細くなっているのは、一方を神さまが使い、一方を人が使うとされることから。素材は柳で、しなやかで折れないので縁起がいいといわれます。

お正月は松の内まで?

お正月の松飾り(門松)を飾っておく期間を松の内といい、地方によって異なります。関東は1月7日、関西では1月15日までが多いといわれます。門松や注連飾りは松の内が終わると片づけ、できれば神社などで行われる「どんと焼き」で燃やします。
また、お正月に神さまに供えた鏡餅を下げて食べる鏡開きは、松の内の後、1月11日や1月20日に行うことが多いようです。

鏡開きの餅はおしるこやぜんざいに。

年賀状を出すのはいつまで?

年賀状は元旦に届くように、できれば12月25日頃までに出したいもの。出しそびれたり、出していない人からの年賀状への返礼などの場合も松の内の1月7日には届くようにしましょう。それ以降の返礼や喪中の方への挨拶は寒中見舞いとして立春の2月4日頃までに出します。
喪中の場合の年賀欠礼状は12月上旬までに届くように送りましょう。



このページの先頭へ


このページの先頭へ