TRY家コラム(トライエコラム)

  • カテゴリーから探す
  • コラム一覧から探す
  • ログイン
  • メルマガ登録はこちら

大和ハウス工業トップ

TRY家コラム(トライエコラム)

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報です。


[特集]住まいかた・暮らしかた 家族みんなにやさしい住まいとは 近年、「ユニバーサルデザイン」という言葉をよく聞くようになりました。「バリアフリー」とはどう違うのでしょうか?誰もが快適に暮らすための住まいのデザインについて考えてみましょう。

住まいの中のユニバーサルデザインとは

ユニバーサルデザインは、米国の建築家ロン・メイス氏らによって提唱された「特殊な設計や改造をしなくても、できる限りすべての人にとって使いやすい製品や空間のデザイン」。「バリアフリー」とは異なり、高齢者や障がい者だけでなく、子どもを含めすべての人が対象。家族一人一人の視点から、「使いやすさ」「わかりやすさ」「安全性」を考えることは、誰もが快適に暮らせる家づくりにつながります。

デザインで事故を防ぎ、安全に暮らす

階段や床の段差で転倒や転落したり、ドアに指をはさんだり、家庭における事故は意外と多いもの。あらかじめ危険を防いで、万が一間違った使い方をしても安全が守られるように…。例えば、フロアの段差をなくしたり、階段の勾配をゆるやかにする、子どもにも使いやすい扉や把手、スイッチの高さにするなど、工夫することで安全に暮らしやすくなります。

住まいに取り入れたい、暮らしやすく安全なデザイン

住まいの段差をなくすと、暮らしが変わる?

段差をなくせば、高齢者や子どもはもちろん、両手がふさがっているときもつまずきにくく安全。掃除をするときだってスムーズです。「あっ、危ない!」がなくなる安心感は想像以上かもしれません。

毎日上り下りする階段だから

勾配や一段の高さと幅など、人の動きをきちんと検証した階段は、体の負担を軽減し、安全性を高めます。毎日のことだからとても大切なことですね。

ドアのデザインは、見た目だけではありません

意外に多い、ドアのすき間に手や足の指をはさむ事故。特に子どもはドアノブを握ったときのドアとの距離が近く、事故につながりやすいのです。ドアのすき間に配慮したデザインで防ぐことが可能です。

スイッチの高さって考えたこと、ありますか?

スイッチの高さを従来より低くすることで、大人も使いやすく、子どもや車いすの方でも手が届きます。深夜の暗い廊下も安心です。

家族みんなの使いやすさを追求した、ダイワハウスの「フレンドリーデザイン」

フレンドリーデザインは、ユニバーサルデザインの考えを核として、「住まいと家族みんながいつまでも仲良くあるための空間づくり」がコンセプト。家族みんながストレスなく快適に暮らせる住まいを提案しています。

フレンドリーデザイン4つの基本性能

  • 使いやすさ
    より多くの方が無理なく自然に利用できて、交換や調整、メンテナンスが容易にできる、「使いやすさ」にこだわりました。
  • わかりやすさ
    文字や音、色、光などの工夫により、次にどのような操作を行えばよいかが直感的にわかります。「わかりやすさ」で情報を適切に伝えます。
  • 安全性
    住まいにひそむさまざまな危険を防ぐため、常に安全に配慮。目指したのは誰もが安心できる「安全性」です。
  • 美しさ
    毎日使うものだから、機能性や性能はもちろん、「美しさ」も大切に。調和のとれた美しいデザインを追求しています。

調和がとれた美しさと実験を重ねた安全性

大和ハウス工業 総合技術研究所では、人間工学的な実験を行い、安全に昇降できる階段や車いすでも通りやすい広い廊下をはじめ、さまざまな設備や仕様を研究開発しています。あらゆる角度から幅広く検証し、家族一人一人の毎日の安全を考えた、きめ細やかな工夫と配慮を隅々にまで施しています。さらに「美しさ」にこだわり、空間との調和のとれたデザインであることが特長です。ユニバーサルデザインの一歩先をいくデザインを目指したフレンドリーデザイン。高齢者はもちろん、子どもや大人にもやさしい住まいを提案しています。

ベンチの高さの違いによる動作姿勢の比較

ベンチが高すぎると頭が下がり過ぎて窮屈な姿勢になる。

スライドベンチ付きシューズボックスのデザイン

  • 必要な時に使えて普段はスッキリしまえる引き出し式ベンチです。限られた玄関スペースを有効に活用でき、玄関の美観も損ないません。
  • 誤って引き込まないようにストッパー機能付き。
  • 使わないときはすっきり納まる。

家族の「あったらいいな」をカタチにしました

フィンガーセーフドア

手の指はさみ事故防止のため、ドアの吊り元側のすき間を極力なくしました。また、足の指はさみ事故軽減のため足元カバーも設置しています。

ファミリースイッチ

ダイワハウスは家族みんなが使いやすいスイッチの高さを研究。1m10cmと従来より少し低めの位置への取り付けを推奨しています。

フラットスルーウインドウ

足元の段差をなくした掃き出し窓だから、転倒の危険が少なく、家族みんなが安心して出入りできます。より開放感のある空間も楽しめます。

指はさみ防止配慮玄関ドア

玄関ドアの吊り元側をカバーし、子どもの指はさみ事故に配慮しました。ダイワハウスは室内ドアから玄関ドアまで、指はさみ事故防止に配慮しています。

出隅R壁

室内のコーナーに丸みを持たせて安全性に配慮。転倒時などのけがを軽減します。「室内にやさしい印象を与える」といった視覚的な効果も期待できます。



このページの先頭へ


このページの先頭へ