TRY家コラム(トライエコラム)

  • カテゴリーから探す
  • コラム一覧から探す
  • ログイン
  • メルマガ登録はこちら

大和ハウス工業トップ

TRY家コラム(トライエコラム)

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報です。


家事ごよみ 今月のひと仕事

調理道具のお手入れ

金属製のへら、高温での調理は劣化の原因に。

鍋やフライパンは正しく使って手入れすれば、長持ちします。愛着ある道具でおいしい料理を作りましょう。

フッ素樹脂加工のフライパン

空だきや強火での調理、急激な温度差、そして表面に傷がつくとフッ素樹脂がはがれる原因に。金属製のへらやたわし、研磨剤の入った洗剤の使用は避け、中性洗剤を使ってスポンジで洗います。

鉄のフライパン

使い始めに油ならしをしておくとこげつきやさびの防止になります。調理後は、温かいうちに洗剤を使わずたわしなどで洗います。火にかけて水気を完全に飛ばした後、冷めてから油を薄く塗っておきます。
こげついたときは、湯を入れて煮立たせ、ふやかしてから落とします。頑固なこげつきやさびはクレンザーでこすり落とし、再度油ならしをしておきましょう。

油ならしの方法

汚れがこびりついたら…

ホーロー鍋

ホーローは鉄にガラスの粉末を高温で焼きつけたもの。酸やアルカリに強く、保温性に優れており、ジャム作りや煮込みに向いています。しかし、衝撃や急激な温度変化に弱く、炒め物には不向き。こげつきや傷はホーローがはがれる原因になります。
汚れがこびりついたときは、湯でふやかしてから、スポンジでこすり、よくすすぎ、水分をしっかり拭き取ります。

シリコン製の調理具

電子レンジ用の調理鍋やへらなどのシリコン製の調理具は、やわらかく傷つきやすいので、金属たわしや研磨剤の使用を避けます。スポンジを使い、中性洗剤で洗い、ふきんで水気を拭き取りましょう。ニオイ移りが気になるときは、重曹と水を一緒に入れてしばらく火にかけます。



このページの先頭へ


このページの先頭へ