TRY家コラム(トライエコラム)

  • カテゴリーから探す
  • コラム一覧から探す
  • ログイン
  • メルマガ登録はこちら

大和ハウス工業トップ

TRY家コラム(トライエコラム)

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報です。


[特集]住まいかた・暮らしかた 衣類の家事を楽しく、効率よく! 子育てや仕事など、忙しい毎日の中で、家事の負担が少しでも軽減できれば…。その分、家族とのコミュケーションの時間が増えたり、趣味を楽しむ時間ができたり、毎日が充実したものになります。今回は衣類にまつわる家事を中心に快適な家事環境について考えましょう。

日常の動きを見直して、家事動線をスムーズに

料理・洗濯・掃除など、家事は毎日の生活の中で欠かせません。日常の動きを見直し、住まいの中で行ったり来たりする動線をできるだけ短くしましょう。たとえば、衣類の家事では、「洗濯する→干す→たたむ・アイロン掛け→収納する」の一連の動きをスムーズに。炊事をしながら洗濯機を回すなど、ほかの家事も併せて考えれば、より効率アップできます。

家族が協力して楽しく家事ができる環境を

家族の気配を感じられる場所で洗濯物をたたんだり、アイロン掛けができれば、孤立することなく家事ができます。子どもの目の届くところで家事をすることは、小さい頃からお手伝いをしやすい環境をつくることにもつながります。また、たたんだ洗濯物は家族それぞれ分類しておき、各自でしまうなどルールをつくることで、家族が協力しやすくなります。

ひと工夫で、洗濯を楽しく、スムーズに

しまう

家族ごとにかごなどに分け、自分のものは自分でしまう習慣に。子どもの収納は出し入れしやすい低い位置に。

洗う

家族が多い場合、靴下など小物類を家族ごとに洗濯ネットに入れて洗えば、干す、取り込んで分ける作業がラクに。

脱水が終わったらすぐに取り出し、平らなところにたたんで重ねる。こうしてから干すと、しわが伸びる。

たたむ

洗濯物をたたむ時間を、親子のコミュニケーションの時間にすれば、面倒な作業も楽しみに。洗濯物は家族ごとに分けてからたたみ、そのまま重ねていく。

アイロン掛け

絹やポリエステルなど低温でかけるものから、ウール、そして綿や麻など高温でかけるものへ。素材別にかけると効率がよい。

干す

室内干しをするときは、衣類の間隔をあけて通気をよく。扇風機の風を当てるなどして、なるべく早く乾かす。

家事がスムーズにできる住まいづくり

住まいを工夫することで、家事の効率をアップしたり、家事を通じて家族との触れ合いの時間をつくることもできます。
ダイワハウスではご家族のライフスタイルに合わせ、家事を楽しみながら快適に暮らせる住まいづくりをご提案しています。

気持ちよく家事ができる空間をつくる

リビングに近い位置に家事スペースを設ければ、家族とおしゃべりしたり、テレビを見ながら、洗濯物をたたんだり、アイロン掛けができます。一方、作業に集中して効率よくこなしたいなら、一連の作業が一か所でできる家事スペースを設けるのもおすすめです。独立した家事スペースなら、音楽を聴きながら、また、考えごとをしながら、リラックスして家事の時間を過ごすこともできます。

ライフスタイルに合わせた動線で家事効率をアップ

脱衣や風呂の残り湯を洗濯に使うことを考えると、洗面室に洗濯機を置くのが便利で一般的。しかし、洗濯機をキッチンの近くに置けば、炊事をしながら洗濯機を回せて、朝の忙しいときに家事を効率よくこなせて助かります。また、洗濯物を2階のバルコニーに干す場合、浴室・洗面室を2階に設ければ、かさばる洗濯物を持って階段を上がったり下りたりする必要がなくなり、スムーズです。

洗濯家事の悩みを解決するアイテム

夜や雨の日の洗濯には、リビングやバルコニーに隣接する主寝室などのそばに室内物干しを設けておくと便利です。外へ干す場合も部屋の中であらかじめハンガーに掛けておけば、外へ出る時間が短縮でき、日差しの強い日や寒い季節に重宝。浴室乾燥機は洗濯物はもちろん、浴室全体がからっと乾くので、梅雨時は特に助かります。また、雑然としがちな洗面室は脱衣かごやタオル類、洗濯用の洗剤などがすっきり納まる収納を設けることで、作業効率がアップ。朝の忙しい時間も家族が気持ちよく洗面室を使えます。

スカイオーバーテラス
トップライトと大きな窓を組み合わせた、気持ちのいい空間。洗濯機スペースやカウンターを設置し、「洗う、干す、アイロン掛け、たたむ」の「衣類の家事」が快適に行える。

タタミコーナー
床から約40cm上げた高さの床下が収納に。キッチンやリビングにも隣接した場所に設ければ、炊事の合間に子どもと一緒に、また、子どもの昼寝を見守りながら、洗濯物をたたんだり、アイロン掛けができる。

家事効率がアップするレイアウト
キッチンの隣に洗面所とユーティリティー、その隣にインナーテラスを設けるなど、間取りの工夫で「洗う、干す、たたむ、しまう」という一連の洗濯家事がスムーズに行える。

室内物干し
手動で昇降。不要なときはポールを天井にすっきり収納。

暖房機能付浴室換気乾燥機
洗濯物を早く乾かせる、急速乾燥モード付き。

サニタリーフロート
下部にランドリーボックスを置き、上部に洗剤のストックやバスタオル、下着などもしまえて便利。



このページの先頭へ


このページの先頭へ