TRY家コラム(トライエコラム)

  • カテゴリーから探す
  • コラム一覧から探す
  • ログイン
  • メルマガ登録はこちら

大和ハウス工業トップ

TRY家コラム(トライエコラム)

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報です。


家事ごよみ 住まいのお手入れ

夏の植栽のお手入れ

夏場も植栽をイキイキと元気に保つには、水やりと害虫対策がポイントです。
こまめにお手入れをして美しい庭で豊かな暮らしを。

日中の暑さでホースに残ってる水がお湯になっている場合があります。少し流して水の温度が下がったことを確認してから与えましょう。

夏の水やりは日中を避け、たっぷりとやる

炎天下の水やりは避けましょう。 水やりの基本は一度にたっぷりあげること。根元にかけ、葉や幹にも適度な湿り気を与えます。
夏場は毎日、特に植えて間もないときは1日2回の水やりをします。水やりのタイミングは、朝は午前9時まで、夕方は午後5時以降に。炎天下で水を与えると蒸れて植物が弱ってしまいます。また、直射日光が強いときは水滴がレンズの役目をして葉が焼けるため、葉にはかけないようにしましょう。

※樹木によってはお手入れ方法が異なります。

肥料を与えるのは、冬場が基本

春の芽出しを助け、その育成を盛んにするために冬場に肥料を与えるのが一般的。窒素性の高い肥料を与えると、枝が必要以上に伸びて樹木が弱くなったり、病気にかかりやすくなるおそれがあるので注意しましょう。

剪定は樹木を美しく強くするために

樹木の剪定は、形を整えるだけではなく、日当たりや風通しをよくし、病気や害虫の発生を予防、丈夫な樹木に育てるために必要です。樹種によって適期は異なります。常緑樹の伸びた枝の間引きと切りつめは6月下旬~7月に行い ます。

害虫や病気対策は早期発見が大切

害虫のピークは5~6月と9~10月。見つけたらすぐに駆除します。アブラムシやハダニは殺虫剤で、カイガラムシは歯ブラシでこすり落とします。前年、害虫が発生した樹木は発生時期に薬剤を散布しておくと予防できる場合も。

  • アブラムシ ・・・ 葉や新芽、花などのやわらかい部分につく。
  • ハダニ・グンバイムシ ・・・ 葉の裏に斑点ができる。
  • カイガラムシ ・・・ 樹木の幹や枝が貝殻のような殻で覆われる。
  • 毛虫やミノムシ ・・・ 樹木の下に虫の糞が落ちる。

病気の場合も葉や花、枝などの状態をこまめにチェックし、早期発見することが大切です。病気の部分は除去し、薬剤を散布します。

  • うどんこ病 ・・・ 葉に白いカビの斑点ができ、やがて黄色くなり、縮れて枯れることもある。
  • 褐斑病(かっぱんびょう) ・・・ 葉に褐色の斑点ができる。黒く広がり、葉が枯れていく。
  • こぶ病 ・・・ 幹や枝に大小のこぶができ、枝が折れるなどして、樹木全体が衰える。


このページの先頭へ


このページの先頭へ