TRY家コラム(トライエコラム)

  • カテゴリーから探す
  • コラム一覧から探す
  • ログイン
  • メルマガ登録はこちら

大和ハウス工業トップ

TRY家コラム(トライエコラム)

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報です。


家事ごよみ 住まいのお手入れ

コンセントのトラッキング現象に注意!

火のないところで出火? 「トラッキング現象」についてご存じですか?
日常に潜む危険を未然に防ぐために、きちんと対策をとりましょう。

こんな場所に注意!

配線が複雑で、静電気がホコリを引き寄せるテレビ裏のコンセントなど。

タンスやベッドなど大型家具の裏にあり目の届かないコンセント。

水を扱うキッチンや洗面所付近のコンセントも要注意。

トラッキング現象はホコリが原因

コンセントにプラグを差し込んだままにしておくとホコリがたまり、発火することがあります。これをトラッキング現象といい、火災の原因にもなります。コンセントとプラグの間にたまったホコリに湿気が加わることで、プラグの刃の間で火花放電が起こり、発火します。

定期的なお手入れでトラッキング現象を防ぐ

コンセントまわりは定期的に掃除をし、ホコリを取り除きましょう。特に洗面室やキッチンなど、湿度が高く湯気や水滴が直接かかる位置にある電源プラグは、時々電源プラグを抜いて、乾いた布で拭いておきましょう。

コンセントを正しく使用しているかチェック!

  • テーブルタップに表示されている許容電流を超えると発火し、出火する危険があります。許容電流を超えたタコ足配線はしないようにしましょう。
  • コードを束ねて使用すると発熱が狭い部分に集中し、温度が上昇し、発火しやすくなります。コードを束ねたまま、プラグを差し込まないようにしましょう。
  • 洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、エアコンなどはアース線を取り付けましょう。電気が漏れたときの感電ショックをやわらげる効果があります。
  • 使用しないときはなるべくプラグを抜くようにします。トラッキング現象防止のためのプラグカバーやコンセントキャップなども市販されています。



このページの先頭へ


このページの先頭へ