TRY家コラム(トライエコラム)

  • カテゴリーから探す
  • コラム一覧から探す
  • ログイン
  • メルマガ登録はこちら

大和ハウス工業トップ

TRY家コラム(トライエコラム)

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報です。


家事ごよみ 住まいのお手入れ

暮らし方で結露を防ごう

結露はカビやダニの発生原因にもなり建物の耐久性にも影響します。
暮らし方に気を配ることで結露を防ぎ、寒い冬を快適に過ごしましょう。

暮らしの中から発生する水蒸気

入浴後は忘れずに換気を。

加湿器は湿度計で確認しながら使用。

室内干しのときは、除湿機や換気扇を利用し、洗濯物から出た湿気を排出。

鍋を囲むときは、定期的に窓を開けて空気を入れ替える。

暮らしの中の水蒸気に注意

結露は湿気を多く含んだ暖かい空気が冷たいものに触れて冷やされると、含みきれなくなった湿気が水滴となって現れるもの。寒い日にガラスが曇ったり、水滴がついたりする現象です。原因となる水蒸気は、加湿器、室内干しの洗濯物や就寝中の人の息など暮らしの中からも多く発生します。

換気で湿気を追い出す

最近の住まいは高気密・高断熱のため、暖房効果がアップしている反面、室内に湿気がこもりがち。特に水蒸気を発生するファンヒーターを使用する場合は要注意。窓を定期的に開けるなどして湿気を排出しましょう。また、水蒸気は部屋間を移動しやすいため、使っていない部屋でも必ず換気が必要です。

湿度計でチェックしよう

結露は湿度が高いほど、温度が低いほど発生しやすくなります。室温18~20℃で、湿度40%程度が結露しにくく、60%を超えると結露が起きやすくなります。湿度計を用意してこまめにチェックし、室内の温度と湿度を適度に保ちましょう。

A点(温度20℃・湿度60%)の空気が結露する露点温度は、100%となるB点の12℃。C点(温度20℃・湿度40%)の露点温度はD点の5℃。

場所別結露対策のポイント

窓ガラス

室内は厚いカーテンを使用すると保温効果は高まりますが、窓側は低温となり、結露しやすくなります。水蒸気発生の原因を極力抑え、換気をしっかりと。また、結露を抑制する構造の複層ガラスも他のガラスと同様に、水蒸気が発生するとガラスの温度によっては結露することがあるので注意しましょう。

キッチン

キッチンでは調理中はもちろん、調理後も湿気がなくなるまでしっかり換気扇を回します。

バスルーム

入浴後は窓を開けるか、換気扇を回します。特に窓がない場合は換気扇を長めに回し、しっかり換気しましょう。浴槽のお湯を排水しない場合は、必ずふたをして水蒸気が広がるのを防ぎましょう。

寝室

人体からは一晩で1人当たり、200㏄程度の水蒸気が発生し、外気温度が低下する明け方は結露が起きやすくなります。特に、複数人で就寝する家庭には注意が必要です。タイマーを活用して長めの暖房運転を行います。



このページの先頭へ


このページの先頭へ