TRY家コラム(トライエコラム)

  • カテゴリーから探す
  • コラム一覧から探す
  • ログイン
  • メルマガ登録はこちら

大和ハウス工業トップ

TRY家コラム(トライエコラム)

ダイワハウスと、オーナーさまと、これから家づくりを始める方をつなぐコミュニケーション情報です。


家事ノート 今月のひと仕事

夏の洗濯術

夏は汗をよくかき、洗濯物も多い時期です。衣類を傷めず、清潔に保つ洗濯のポイントをご紹介。

ニオイ、黄ばみの原因は?

衣類についた汗は時間が経つと、菌がたんぱく質や皮脂汚れを分解し、ニオイの原因になります。汗をかいた後の衣類は、なるべく早く洗うことが大切です。また、汚れをしっかり落とさないと、衣類が乾いた後もニオイが残り、黄ばみの原因となります。

早めの手入れで汗じみや黄ばみを防ぐ。

予洗いで皮脂汚れを落とす

シャツの衿ぐりや袖口についた皮脂汚れは、固形石けんをこすりつけ、古歯ブラシで軽くこすって汚れをかき出します。洗濯機で洗う前に予洗いすることで、頑固な汚れも落ちやすくなります。

黄ばみは漂白で除去

綿やポリエステルの白いシャツなどの黄ばみは漂白をして取り除きます。40~50度の湯に酸素系漂白剤を入れて30分ぐらい浸けてから洗濯します。ひどい黄ばみ部分は漂白剤を直接塗ってから浸けおきすると効果的。色物は色落ちしてしまう場合があるので、クリーニング店へ。

たたんで重ねておくと重みでシワが伸びる。

アイロンの手間を減らす

洗濯物は洗濯機から取り出したら、干す前にたたんで10分ほどおき、シワを伸ばします。シワが伸びにくい、麻や綿などの素材は脱水を軽めにします。

紫外線による色あせに注意

紫外線の影響で、衣類の染料が分解され、色あせを起こしてしまうことがあります。特に綿素材の濃い色の衣類は注意。直射日光が当たらない場所に干しましょう。

水着の洗い方

水着によく使われるポリウレタンという繊維は、塩素や塩分に弱いので、着替えたらその場で水洗いを。ポリ袋に入れて密封すると蒸れて生地が傷むので、タオルに包んで持ち帰ります。帰宅後は、ネットに入れて洗濯機で洗い、脱水時間は短めに。直射日光が当たらない場所に干します。

水洗い後、絞ると型くずれするのでタオルに挟んで水気を取る。



このページの先頭へ


このページの先頭へ