3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る

住まいづくりのグッド・アイデア

和を取り入れた住まいデザイン(1) 障子のある暮らし

和の趣のある暮らしに憧れはあっても、敷地面積の制約などから本格的な和室を構えるのは難しいと考えている方もいるのではないでしょうか。そうした場合は、洋室に和のテイストを取り入れて、和洋のミックスを楽しむのはいかがでしょう。今回は、和のキーアイテムである障子の魅力とさまざまな活用術をご紹介します。

障子は比較的気軽に取り入れられるうえ、工夫次第で洋室にもしっくり溶け込みます。障子の組子(格子の部分)には縦子と横子がありますが、右の写真のように横子を強調したデザインは部屋に広がりを感じさせ、モダンな雰囲気を醸し出します。このように一般的な形状の格子だけではなく、オーダーメイドで好みのデザインを作ってもらうと、部屋の雰囲気を一段と高めることができます。

開口部の建具として用いる以外にも、多様な活用方法があります。たとえば吹き抜けに障子を配置すると、屋外からの光がより柔らかく階下に届きます。上階と階下を緩やかにつなぎ、家のどこにいても、家族の気配を感じながら過ごすことができます。

また、障子に映る影を生かした、風流な楽しみ方も。カーテンの代わりに活用して木々の揺らめきを感じれば、部屋に居ながらにして自然と触れ合う時間を楽しむことができます。うつろう時間や季節を感じられるのも障子の利点の一つと言えるでしょう。
便利さとともに、生活に落ち着きをもたらしてくれるという効果が、障子の大きな魅力なのです。

日射を操り心地良く過ごす

障子の開閉位置は自由自在。好みの位置に調節することで、日射や窓の景色を上手にコントロールできます。

寝室に取り入れ旅館気分

窓のある寝室に障子を入れると、和風旅館に泊まっているような非日常の雰囲気を味わうことができます。

部屋自体をぼんぼり明かりに

空間の仕切りに障子を用い、室内の照明をつけた状態で障子を閉めると、部屋の外がぼんやりと柔らかく照らされます。部屋そのものが大きなあんどんのようになります。

アドバイス 大和ハウス工業株式会社 総合技術研究所 ライフサポート研究室  暮らし研究グループ 福岡 直

2015年10月現在の情報となります。

バックナンバー一覧

新しい住まいと暮らしの情報誌 an.D 最新号プレゼント。冊子限定プレゼント企画もあります。

全国のダイワハウスの展示場でもan.Dをお配りしています。全国の展示場一覧はこちら

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

ハウス
ラインナップ

3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.