3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る

特集:エッセイスト 石黒由紀子さんインタビュー

まいにち犬猫

豆柴の女の子・センパイと、ミックス猫の男の子・コウハイ。
本当の姉弟のような2匹との暮らしをほのぼのと描くエッセイストの石黒由紀子さん。
今回は石黒さんに、猫や犬との暮らしについてうかがいました。

センパイが石黒家にやってきた

東京都内のマンションに、犬と猫、そして夫と暮らす石黒由紀子さん。ほのぼのとした日々をつづったエッセイは、2匹のほほえましい写真とともに本となって出版され、犬派・猫派の読者に親しまれています。

ご夫妻がここに越してきたのは約13年前。犬を飼うことを想定してリノベーションし、約2年後に豆柴の女の子「センパイ」を迎えました。たまたま仕事で訪れた犬猫関連の施設で生後2週間の彼女に出会った石黒さん。運命の出会いに心を打たれ、すぐに迎えることを決めたのだとか。ただ、その場で引き取るのではなく生後3か月になるのを待ってお迎えに行ったそうです。

「生後3か月までは母犬のそばで育てるというのが施設の方針だったんです。子犬にとっては母乳を飲んだり、犬社会のことを教わったりする大切な期間なんですね。私たち夫婦も犬を迎える気持ちと環境をしっかり整えることができました」と石黒さん。互いに準備を整えた甲斐あって、センパイは無駄吠えをせず人間との暮らしにもなじめるお利口な子犬になって石黒家にやってきました。

そしてコウハイ登場

センパイと暮らすようになってから5年後。犬のいる生活に慣れた石黒さんご夫妻は、暮らしに新しい風を吹かせたいと、もう1匹の飼育を考え始めました。犬を飼う選択肢もありましたが、2人が選んだのは猫。犬と猫の多頭飼いがうまくいくかどうか多少の不安はありましたが、「犬がメスなら」「猫が小さい時から慣らせれば」仲良くなりやすいという情報を信じて、子猫を探しました。

知人の関わる動物愛護団体を通じて出会った元・保護猫の「コウハイ」は、石黒さんの心配をよそに、持ち前の無邪気さを発揮してすぐに石黒家になじみました。来た日の晩には先住犬センパイの背中に乗って眠ってしまうほどだったとか。最初は戸惑っていたセンパイも徐々に受け入れて、2週間のトライアル期間は無事終了。コウハイは新しく石黒家の家族になりました。

犬猫姉弟の誕生

センパイとコウハイが仲良しになったのは、石黒さんがセンパイを立てるように気を配ったせいもあるようです。おやつを与える順番も、遊んでやるのもセンパイが先。おかげでコウハイは年功序列を守り、〝センねえたん〞を立てる気遣いのできる猫になりました。

また、猫は、お腹がいっぱいになるまで食べずに、気が向いた時にごはんを食べる「きまぐれ食べ」をするのが多いようですが、コウハイはセンパイに影響されて、犬のような食べ方をするのだとか。フードを与えられると、センパイとともにあっという間に平らげてしまうそうです。

そんな2匹ですが、時にはケンカをすることも。コウハイからいたずらを仕掛けるのがほとんどで、眠っているセンパイにじゃれついたり、耳をかじったり。安眠を邪魔されたセンパイが本気で怒り応戦すると、コウハイはおののいて拳を引っ込めるのだとか。ケンカをしてもいつの間にか仲直りして一緒に丸くなって眠っていることも。「そんな関係性も人間の姉弟みたいで面白いですね」と石黒さんは微笑みながら教えてくれました。

犬や猫が与えてくれるもの

ご夫妻の一日は、センパイの「ごはん、ごはん」というおねだりから始まります。朝の散歩は夫の謙吾さん、夕方の散歩は石黒さんが担当。ごはんと散歩の時間以外は、2匹はのんびりと寝て過ごします。

夜は人がベッドに入ると、センパイとコウハイがもぐりこんできます。曲げた膝の内側に入ったり、顔の横で丸くなったり。「寝返りが打てなくて困ります」と言いながら、うれしそうな石黒さんです。

犬や猫との暮らしが与えてくれるのは、ほっこりする気持ちだけではないそうです。数年前、お母さんが他界した時落ち込んだ石黒さんでしたが、「この子たちの面倒を見ないと」という責任感に支えられて立ち直ることができました。また、ご夫妻にとって、犬は地域とつながるきっかけをくれる存在。飼い主同士で顔見知りになったり、困った時は助け合ったり。そんな関係ができたのはセンパイとの毎日の散歩のおかげだそうです。

万一の震災に備えて

石黒家の収納スペースの下には、センパイでもコウハイでも入れる大きさのゲージが置いてあります。普段は家の中を自由に行き来し、好きなところで寝ている2匹ですが、時々ゲージに入る練習をしているそう。これは、地震などの際に避難所で暮らせるようにするための訓練の一つなのです。

東日本大震災の時には、飼っていた犬や猫を避難先に連れて行けず離れ離れになってしまった例がたくさんありました。避難所には犬や猫が苦手な人もおり、ゲージに入らないことには連れていけなかったのです。万一の時、大切な家族を安全な場所に避難させられるように。ゲージには、そんな石黒さんの思いが詰まっています。

飼う前に知ってほしいこと

犬や猫を飼う人が増えた一方で、最後まで飼い切れずに捨てたり保健所に持ち込んだりする飼い主も多くいることに心を痛めている石黒さん。元・保護猫のコウハイを見るにつけ、「こんなにいい子を捨てるなんて」という想いが強くなっていきました。

ある時知人に紹介されたことから、石黒さんは音楽家の坂本龍一さんが立ち上げた「FreePets(フリーペッツ)~ペットと呼ばれる動物たちの生命を考える会」に加わりました。数か月に一回小学校を訪問して授業を行ったり、小学生向けの教材を作ったりして、命の大切さを教えています。犬や猫を飼ったことがない子どもでも動物の気持ちを想像できるように、そして未来の愛犬家、愛猫家が育つように、メッセージを送り続けています。

「犬や猫も長寿命になり、長ければ20年以上生きるようになりました。その時まできちんと面倒を見られるか、自分が病気になった時には誰が代わって世話をしてくれるのか、十分に考えてから飼い始めてほしいですね。考えたうえで〝飼わない〞という選択をするのも動物愛護の一つなんです」(石黒さん)

センパイ、コウハイとの出会いに感謝しながら暮らす石黒さんご夫妻。2人と2匹の「特別ではないけれど幸せな日々」は、これからも穏やかに続いていきそうです。

そっくりさん劇場

その1 丸くなって眠るの巻

お腹がいっぱいになったら、くるっと丸くなっておやすみなさい。コウハイは爪とぎボード、センパイはひだまりのベッドがお気に入り。

その2 時には哲学するの巻

宙をじーっと見つめて、もの思いにふける。
頭の中にあるのはおやつのこと?それとも大好きなボール遊びのこと?

「いのちの教室」開催中

石黒さんが所属する「(一社)FreePets~ペットと呼ばれる動物たちの生命を考える会」が行う、イベントの授業の様子。子どもたちは真剣な表情で犬や猫のことを学んでいます。

PROFILE

石黒 由紀子さん(いしぐろ ゆきこ)

エッセイスト。栃木県生まれ。日々の暮らしの中にある小さなしあわせをつづるほか、女性誌や愛犬誌、WEBに、犬猫グッズ、本のリコメンドを執筆。著書は人気の『豆柴センパイと捨て猫コウハイ』などのセンコウシリーズの他多数。6月には新刊『猫は、うれしかったことしか覚えていない』(幻冬舎)を上梓予定。

猫と暮らす楽しさを描いたイメージムービーを公開中!猫と暮らす家の空間もじっくりご覧いただけます。

[連載]猫と暮らす家もつくりたい!石黒由紀子さんがつづる「猫と暮らす」プロジェクトの軌跡が読めます。

2017年4月現在の情報となります。

バックナンバー一覧

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

ハウス
ラインナップ

3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.