3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る

the Farm Gardenに聞くガーデンのつくり方

ソトが日常を癒やす

「庭で過ごす時間を豊かに」。庭のプロ集団the Farm Gardenは魅力あふれる
ガーデンを提案しています。ただ美しく整えるだけではなく、暮らしに寄り添った
「価値のある庭」のつくり方をご紹介いただきました。

ガーデンの力を暮らしに取り込む

姿かたちもさまざまな樹々がいきいきと生い茂り、ナチュラルな一つの景色を織りなすアウトドア空間。植物の生命力と魅力あふれるガーデンを生み出すのは、庭のプロ集団 the Farm Garden(大阪府茨木市)です。

関西で有数の園芸店the Farm UNIVERSALを母体とするthe Farm Gardenは、数多くの住まいの外構・造園を手掛け、法人による大規模案件にも取り組んでいます。今回は住まいにおけるガーデンづくりについてお話を伺いました。

「近年は特にボタニカル(植物)ブームが起こり、わが家で楽しむアウトドアに注目が集まっています」と語るのは、同社のディレクター、真鍋廣亜貴さん。植物のもつストレス解消や癒やしの効果が期待され、住まいのみならず仕事環境の充実化を図るIT企業などでも積極的に取り入れられています。無機質な空間に囲まれている時間が多い現代、暮らしの中で植物などの自然物をそばに置きたいもの。植物は日常に憩いを求めている人に欠かせないと真鍋さんは語ります。

また、内外の境をあいまいにするポーチ・テラス・サンルームには、室内の開放感を高める効果も。リビングとテラスの境界線を植物や自然物であいまいにすることで、住空間を広く感じさせることができます。こういった内と外の連動性を実現するには、建物と並行して庭や外構を計画するのが近道です。

the Farm Gardenが手掛けた外構のパース。豊富な特徴の植栽が提案できるのは園芸店ならでは

庭づくりに明確な意思を

the Farm Gardenでは、庭を美しくデザインするだけでなく、日常生活の中で庭で過ごす時間をいかに長くしてもらえるかを大切にしています。「ただ庭を格好良く整えるのではなく、そこで過ごす時間をデザインして提供しています」と真鍋さん。庭づくりを成功させるのに欠かせないのは、「いつ、だれが、そこで何をしたいのか」を考えること。その動機を出発点にして優先順位を決めていけば、おのずと必要なスペースや設備が見えてきます。

たとえば「庭でビールを飲みたい」と仰るお客さまには、どの時間帯に飲みたいですかと尋ねます。お昼時ならば夏の強い日射しを遮るシェードや木陰をつくる木を植えることをおすすめしますし、夜なら照明のご提案もします。

子どもが転んでも怪我しにくく、お手入れが簡単な人工芝。爽やかな緑が庭にみずみずしさを与えます。コンテナに草木の鉢を入れ込むだけで、ガーデンになります

庭先でちょっと腰掛けて花を眺められるベンチ

実はせっかく庭をつくっても、数年後には使われなくなったというケースも。したいことのためにいかに「ストレスを減らせるか」も重要なポイントです。庭の目的を定めれば、ご家族のライフスタイルに合った〝生きた庭〞が完成します。

また、植物を地植えできないポーチやバルコニーなら、コンテナが便利。鉢のまま入れ込むことにより、季節に合わせて入れ替えることもでき、四季を通して植物を楽しめます。

ガーデンには、十人十色の選択肢があります。ライフスタイルに合わせ、数年先を見据えた計画を立て、わが家のアウトドアライフを目指しましょう。

体験できる庭の楽しみ

植物を植えることで、育てたり手入れをしたりと手間暇が掛かるのも事実です。「その手間も体験として楽しんで取り組めるように考えてほしいですね」と真鍋さん。たとえば、ミモザの木を植え、花でリースを作る。育てたハーブを収穫し、乾燥させてハーブティーやポプリにして楽しむ。リンゴやレモンなどの果樹を植えて育て、収穫し、味わう…。家族でそうした作業を共有すれば、何より心に残る体験になります。

腰を下ろして庭先の美しい花々を眺めたいならベンチを置くのも良いでしょう。ガビオン(鉄線で編んだ籠に石を入れた装飾)を採用すれば、遊び心あふれる庭になります。

スペースにゆとりがあれば、プラスαの空間として小屋を置くのもおすすめ。the Farm Gardenが提供する木製小屋は、まさに隠れ家です。本を並べて、自分専用の書斎にしたり、天体観測をするための秘密基地にしたり。大人も子どもも同じように、わくわくする空間が生まれます。

子どもの成長の糧になり、大人の記憶に残るような庭づくりを。「体験」という観点から考えてみませんか。

ガビオンは川の護岸工事などに使われていましたが、独特な装飾からガーデンのトレンドになっています

小さなテントは見た目も楽しいだけでなく、子どもたちの秘密基地にぴったり。切り株風のステッピングストーン(飛び石)で足元をアレンジ

鮮やかな彩りを庭にもたらすリンゴとレモンの木

地球の一部だからこそ庭にエコアイテムを

ワインの木箱などを壁に掛けてアンティークな小物とともにグリーンを飾る方法も

高まる自然環境保護の意識は住まいの外構や庭などにも広がっています。エクステリアの建材やアイテムを制作・販売するローズポッド事業部の吉見彰雄さんは「近年のエクステリア、特に床材は磁器素材の利用が増えています。木材を切り出すことも、防腐剤を使用する必要もないため、地球環境に優しいと、アメリカやヨーロッパではエクステリア建材の主流になっています」と言います。磁器素材にまるで自然の木や石のような風合いをもたせた建材は、雨の日に子どもやお年寄りが足を滑らせる危険性も抑えられます。

色使いでは、温かみのあるアースカラーが人気。パステル系のグレートーンやベージュ系のホワイトが最近はよく使われています。

廃材のケーブルドラムを花台にして、季節の花を飾るアイデア

スペースが限られる場合は、ハンギングバスケットを吊るして

街の景観に彩りをもたらす個性の表現

地植えができない場所ならコンテナの活用がおすすめ

ガーデンの醍醐味はオリジナリティーを表現できるところ。住まい手の個性が映し出されるほど、愛着が湧くでしょう。さらに、個性をもったガーデンが増えれば、街の景観が豊かになり、おのずと住まいの価値も高まります。

美しい庭を保つ上で必要なのは「整理整頓と自己分析。まずは不必要なものを取り除くことが庭を美しくする一番の近道です」と真鍋さん。全面リフォームを依頼された現場に赴くと、木を剪定したり草を刈ったりして整えるだけで十分美しくなる庭に出合うことも多いそうです。自分がどれだけ手入れに時間をかけられるか考え、管理できる範囲の植物を植えることも大切だと言います。

庭のプロは、日々植物と対話しながら、その調子や成長の様子を観察しています。植物は生き物。だからこそ、住まいの庭においてはご家族自身の日常のお手入れが生きてきます。植物に宿る命に、ペットのように接する。愛情をもって付き合いながら“ソト”の力を日常に取り込んでみてはいかがでしょうか。

古材のようなテイストの磁器素材を用いれば、温もりのあるデッキに

本物の枕木にそっくりの磁器素材。明るくカジュアルな空間を演出します

the Farm Gardenが提供する木製小屋「GREEN GABLES」(グリーン・ゲーブルズ)。メルヘンな趣きで安らぎを感じられます

緑に囲まれた暮らし 暮らし方提案

the Farm Garden(the Farm UNIVERSAL内)

http://the-farm.jp/garden-office/

住所
大阪府茨木市佐保193-2
TEL
072-649-2266(株式会社ユニバーサル園芸社)

取材撮影協力 / the Farm Garden

2019年4月現在の情報となります。

バックナンバー一覧

新しい住まいと暮らしの情報誌 an.D 最新号プレゼント。冊子限定プレゼント企画もあります。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

ハウス
ラインナップ

3階

鉄骨造

木造

3階・4階・5階

重量鉄骨造

コンビネーションハウジング(併用住宅)

木質建築事業

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.