台風・大雨の予防対策

トップ > よくあるお問い合わせ > 台風・大雨の予防対策

台風・大雨の予防対策

台風・大雨の予防対策

季節や築年数に合わせて、しっかりお手入れをするには「住まいのスケジュール」の登録がおすすめです!

季節のお手入れや築年数に合わせたメンテナンス・点検情報をメールにてお届けします。
ご自身のお手入れ計画をスケジュールに登録することもできます。

季節のお手入れや築年数に合わせたメンテナンス・点検情報をメールにてお届けします。
ご自身のお手入れ計画をスケジュールに登録することもできます。

くわしくはこちら

くわしくはこちら

参考リンク部分は、ダイワファミリークラブへのログインが必要な場合があります。

事前準備~風への備え~

窓をしっかり閉めましょう

強風による飛来物で、窓ガラスが割れる恐れがあります。
【ドア・窓・網戸・雨戸(シャッター)】の鍵をしっかりと閉め、【カーテン・ブラインド】を下ろしておきましょう。

※電動シャッターの場合は停電になる前に閉めておくと良いでしょう。

参考停電時に電動シャッターを開ける方法

参考シャッター雨戸の部品交換時期

参考シャッター雨戸の全面交換時期

補強をしましょう

雨戸がなく、窓ガラスが割れる恐れがある場合は、テープや板を貼って補強しておくと、割れても細かいガラス片が飛散しません。

Check
  • ・カーポート屋根のサポートを設置しましょう。
  • ・植木に支柱を立てましょう。

固定しましょう

お庭やベランダなど屋外で風に飛ばされそうなものは飛ばないように、固定しましょう。

Check
  • ・物干し金物をご使用の場合は物干し竿を外して束ねて床に置いて下さい。金物は収納、もしくは下におろしておくと破損を防げます。
  • ・バルコニーマットを一部外しているとマットの下に強風が入り込み飛ばされることがあるので、元に戻しましょう。
  • ・網戸は外れ止めの調整をし、固定しましょう。
    参考網戸の外れ止めの調整方法

収納しましょう

お庭やベランダにある物は散乱しないように片づけ、屋内にしまえるものは収納しましょう。
プラスティック製のものでも、ご自宅や他の家の方の建物を破損させる恐れがあります。

スイッチを切りましょう

給気口から雨水が入ってくることがありますので、

  • ・差圧給気口は「全閉」
  • ・風なびR・風なびESはスイッチを押して運転を停止
  • ・サッシ上部のオートブレスは「とじる」にして下さい。
  • ※台風通過後は「開」に切り替えてください。
  • ※製品によっては表示が異なる場合がありますので、取扱説明書をご確認ください。

参考24時間換気システム「風なびES」の操作方法

参考差圧式自然給気口の使い方とお手入れ

参考24時間換気システム[風なびR]の操作・お手入れ~日常編~

保険加入状況を確認しましょう

火災保険は、オーナー様1人1人でご加入の保険会社(火災共済を含む)、保険の保証範囲が異なりますので、オーナー様がご加入頂いている保険会社や保険代理店にお尋ねください。

事前準備~雨への備え~

戸外の掃除をしましょう

雨水桝やベランダの排水口はこまめに掃除しておきましょう。ベランダの排水口が詰まっていると、敷居から室内に雨水が流れ込んでしまうこともあります。

参考バルコニーの隅にある排水口(ドレイン)のお掃除方法

参考雨水桝のつまりを解消する方法

窓のサッシ部分を掃除しましょう

窓のレールにゴミが詰まっていると、窓がしっかり閉まらなくなったり、サッシ枠の溝から雨水が抜けなくなり、風雨が室内に入り込む恐れがあるので、こまめに掃除をしましょう。

参考サッシ窓を掃除する方法

※豪雨の際、室内側のサッシ枠の溝に雨水が溜まることがありますがこれは、サッシ窓の構造上、十分な水密性を確保するために必要なことで、不具合ではありません。

参考激しい雨の際、サッシの溝に水が溜まってしまう場合の対処方法

水のうを準備しましょう

道路上の排水口に大量の雨水が入り込み、マンホールから水が溢れ出たり、下水道の流れが悪くなってトイレや排水口から「ゴボゴボ」と音がするという現象が発生する場合があります。天候の回復及び時間の経過とともに収まりますので、少し様子を見てください。逆流して水位が上がる場合には、水のうでふさぎましょう。

参考豪雨などの際に、水のうで排水口からの逆流を防ぐ方法

土のうを準備をしましょう

床上・床下浸水の恐れがある場合、土のうを積んでおきましょう。
土のうは縛り口を下流に向けて、上流から順に(縛り口を次の土のうで隠すように)置いてください。
2段目、3段目の土のうは半分ずらして重ねましょう。

参考水害が発生した際に役立つ、土のうの作り方・積み方

気象情報に注意し、早めに行動しましょう

Check
  • ・浸水が発生する恐れがある場合は、洪水ハザードマップで浸水予想区域を確認しましょう。
  • ・テレビやラジオの情報を常にチェックしましょう。
  • ・避難場所の確認をしましょう
    ※洪水や大雨など激しくなり、屋外に出る方が危険な場合は建物の2階以上など屋内のより高い場所へ避難しましょう。
  • ・床上・床下浸水の恐れがある場合はガスの元栓を閉め、ブレーカーを切ってください。

※国土交通省や各自治体のホームページでは被災想定区域・避難所を表示した『ハザードマップ』が公開されています。

参考国土交通省ハザードマップ

通過後について

家の周りを確認しましょう

台風通過後、屋根・樋・外壁・外構等を確認しましょう。被害がある場合は該当する場所の写真を撮影しておくと、り災証明書の発行や火災保険、修理依頼の際に便利です。

※高所作業は危険ですのでお止め下さい。
お客さまセンターへご相談ください。

【お問い合わせ】
  • ・ダイワハウスお客さまセンター 
    0120-810-641
  • ・Webでのご相談窓口はこちら

テレビのアンテナの状況を確認しましょう

台風通過後、テレビの映りが悪くなることがあります。

  • (1) テレビの電源が点かない場合
    →ご自宅に電気が通っていない可能性があります。電力会社へご連絡ください。
  • (2) 電源は付くが映らない場合
    →アンテナの状況をご確認ください。
  • (3) 特定の放送局が映らない
    →放送局からの電波が届いていない可能性があります。該当の放送局へご連絡ください。

自然乾燥するのを待ちましょう

インターホンの子機の内部に水分が入り、一時的に通話ができなくなることがありますが、天気が回復し子機内部が自然乾燥すると戻ることがあります。

お手入れしましょう

風雨によって至る箇所に破損や汚れが発生する場合があります。以下のFAQからお手入れ方法を確認しましょう。

参考台風上陸中や通過後に特に留意すること

参考網戸を張り替える方法

参考窓ガラスがヒビ割れした場合の対処

参考壊れた縦どいを補修する方法

季節や築年数に合わせて、しっかりお手入れをするには「住まいのスケジュール」の登録がおすすめです!

季節のお手入れや築年数に合わせたメンテナンス・点検情報をメールにてお届けします。
ご自身のお手入れ計画をスケジュールに登録することもできます。

季節のお手入れや築年数に合わせたメンテナンス・点検情報をメールにてお届けします。
ご自身のお手入れ計画をスケジュールに登録することもできます。

くわしくはこちら

くわしくはこちら

※本ページ記載の図については現物と多少異なる場合がありますので、予めご了承願います。
また本ページでは一部設備機器に関する取扱い方法についても記載していますが、詳しくはお引き渡し時にお渡しした「取扱説明書」等をご参照ください。

このページの先頭へ