トップ > プロに訊く!暮らしのヒント > 暮らしのお手入れ > 浴室のピンクの汚れ

浴室・洗面・トイレのお悩み編

Produced by Lidea
LIONリビングケアマイスター 杉本美穂さん
プロフィール
Q

愛知県 T様 ほか1名様からの質問

浴室の床にピンクのカビのようなものが発生してしまいます。掃除の方法、防ぎ方を教えてください。

あのピンクのヌルヌル汚れって、
なんなんだろう?
教えて、LIONリビングケアマイスター!

A

浴室の床や排水口周辺に発生するピンク色のヌメリ汚れ。
これはカビではなく、人の皮脂や垢を栄養とする「酵母」と「細菌」によるものです。
浴室用洗剤を使って、スポンジなどでこすり落としましょう。
この汚れを防ぐには、日頃から洗剤を使って掃除し、栄養源となる汚れや水気をためないようにすることが大切です。

  • 汚れの原因は?
    汚れの原因は?
  • 汚れの落とし方
    汚れの落とし方
  • 汚れの防ぎ方
    汚れの防ぎ方

汚れの原因は?

ピンク汚れの正体は、「ロドトルラ」という酵母と、細菌による汚れです。
排水口周辺や浴室の床の隅など水分が溜まりやすいところで、人の皮脂や垢を栄養として増えます。これを防ぐためには日ごろの清掃と乾燥が重要となります。
ピンク汚れが発生するところは、栄養分や水が溜まりやすいところなので、カビも生えやすい場所です。

汚れの落とし方

浴室用洗剤をかけ、スポンジでこすります。溝のある床面などは、浴室用ブラシを利用するとよいでしょう。
排水口部分にフタがある場合ははずし、裏側や溝の部分などもしっかり洗います。角や細かい部分は、古歯ブラシ等の小型ブラシを利用すると洗いやすいです。
浴室用洗剤を使うことで、菌の栄養にもなる汚れもしっかり落とすことができます。洗剤の量や使い方は、それぞれの製品に記載されている説明に従ってください。

汚れの防ぎ方

入浴後に、床や壁にシャワーのお湯をかけ、飛び散った皮脂や垢をしっかり洗い流します。お湯を使うのは、水よりも皮脂などを落としやすいからです。
その後、換気扇を回して浴室内を乾燥させてカビの対策をしましょう。
週に一度は、浴室用洗剤で床や壁も掃除しましょう。

ポイント入浴後、シャワーをかける掃除を習慣に!

このページの先頭へ