トップ > プロに訊く!暮らしのヒント > 暮らしのお手入れ > 洗面化粧台のざらざらした汚れの掃除

洗面化粧台のざらざらした汚れの掃除

Q

京都府 H様 ほか3名様からの質問

洗面化粧台に、ざらざらした汚れがついたり、くすんだり…。どうしたらキレイになりますか?

いつもピカピカの洗面台を使いたいよね。
LIONリビングケアマイスター、どうすればいいの?

A

洗面化粧台についた汚れは、石けんカスやハミガキ剤、あるいはヘアケア剤などの油汚れです。
浴室用中性洗剤とスポンジを使って、汚れを洗い落としましょう。
水栓金具も洗えば、よりスッキリ&ピカピカな印象に!
乾いた布で水分をよくふき取っておくと、水垢とヌメリの予防になります。

  • 日ごろのお手入れ
    日ごろのお手入れ
  • 週に1度のお掃除
    週に1度のお掃除
  • 頑固な汚れには
    頑固な汚れには

日ごろのお手入れ

1日の終わりに、洗面ボウル全体を水で洗い流します。

水垢とヌメリの予防に、乾いた布で水滴をふき取ります。

カウンターの水滴も拭き取っておきます。洗面ボウルとの境目、壁との境目も忘れずに。

週に1度のお掃除

石けん置きなど、洗面ボウルのまわりに置いてあるものは、すべて取り除きます。

浴室用洗剤とスポンジで、洗面ボウルの全体をこすります。縁まできちんと洗いましょう。

水で洗剤をよく洗い流します。

乾いた布で、水分をよく拭き取ります。

頑固な汚れには

それでも落ちない汚れは、浴室用クレンザーをスポンジにつけて洗います。
水栓金具についた落ちにくい水垢は、やわらかい布かスポンジに浴室用クレンザーをつけて、やさしく磨きます。
水栓金具の裏側など手が届きにくいところは、細長い布を使って磨いてみましょう。いらなくなったシャツなど、薄手でやわらかい布がおすすめです。

ポイント浴室用クレンザー+やわらかい布やスポンジで傷つけずキレイに。

このページの先頭へ