トップ > プロに訊く!暮らしのヒント > 暮らしのお手入れ > 忘れていませんか?「空気清浄機」の日ごろのお手入れ

忘れていませんか?「空気清浄機」の日ごろのお手入れ

Q

大阪府N様他からの質問

花粉の季節になって、ずっと空気清浄機を使っています。おすすめの掃除方法はありますか?

ずっと使っていると汚れも気になるよね。
教えて、LIONリビングケアマイスター!

A

窓を閉め切る冬や花粉の時期に活躍する「空気清浄機」。
キレイな空気をつくるには、日ごろのお手入れは欠かせません。
空気清浄機はメーカー・機種によってお手入れ方法が異なります。
まずは取扱説明書をよく読んで、どんなお掃除が必要かチェックしましょう。


今回は、ダイキン工業の加湿ストリーマ空気清浄機(ACK70P-W)を例にして、
お手入れ方法をご紹介します。

  • まずは準備が肝心
    まずは準備が肝心
  • フィルターの種類に注意
    フィルターの種類に注意
  • 加湿ユニットも忘れずに!
    加湿ユニットも忘れずに!

必ず運転を止め、電源プラグを抜いてから

お手入れする時は、安全のために必ず運転を止め、電源プラグを抜いておきます。内部に加湿ユニットなどを持つタイプは、掃除中にこぼれないように水抜きをしてください。

ホコリが多く出るので、新聞紙などを敷いて床が汚れないようにしましょう。水洗いやつけ置きなどが必要な場合は、事前にバケツや洗剤などを用意しておくと作業がスムーズです。

最近の空気清浄機は多機能化し、プラズマイオンユニットや加湿ユニットなど、さまざまなパーツが組み込まれています。メーカー・機種によってお手入れ方法が異なりますので、必ず取扱説明書をよく読んでから行ってください。

フィルターごとにお手入れ方法が違います

プレフィルターのお手入れ
前面パネルを外して、掃除機で表面についたホコリを吸い取ります。約2週間に一度はお掃除しましょう。ホコリを取り除いたあと、水洗いして日陰で乾かします。

脱臭フィルターのお手入れ
こちらも掃除機でホコリを吸い取ります。水洗いをすると型くずれして、使えなくなるので要注意。ニオイが気になる時は、表面を霧吹きなどで軽く湿らせてから、風通しの良い日陰で約1日間よく乾かします。

空気清浄機はメーカー・機種によってお手入れ方法が異なります。
必ず取扱説明書をよく読んでから行ってください。

お掃除を忘れると、
いやなニオイが発生することも

いつも水分タップリの加湿ユニットは、ニオイの発生源になりやすいところです。抗菌タイプの製品も増えていますが、定期的なお手入れを忘れないようにしましょう。

加湿トレーは水洗いできます。凸凹した部分は、古い歯ブラシなどで汚れを落としましょう。

加湿フィルターユニットは約40℃以下のぬるま湯でつけおきします。ニオイや汚れが気になる時は液体の中性洗剤を溶かしたぬるま湯に、約30~60分間つけおきします。

空気清浄機はメーカー・機種によってお手入れ方法が異なります。
必ず取扱説明書をよく読んでから行ってください。

このページの先頭へ