トップ > プロに訊く!暮らしのヒント > 暮らしのお手入れ > 知って得する! 大掃除を計画的に終わらせるコツ

知って得する! 大掃除を計画的に終わらせるコツ

忘年会、クリスマスパーティー、帰省……何かと行事が多く、忙しい12月。
時間がとれなくて、大掃除ができない! と、ならないために、家族がそれぞれ担当する大掃除の計画を、今から立てて取り組みましょう。

家族でうまく分担するコツは?
教えて、LIONリビングケア
マイスター!

家中の「汚れ」を点検して、計画を立てましょう

どこを大掃除する必要があるのか、まずは点検表を使って
家の「汚れ」をチェック! その後、計画表を作ります。

点検表ダウンロード

計画表ダウンロード

点検項目に1つでもチェックがついた場所は、大掃除をオススメします。
担当者と、各自のスケジュールを確認して設定した日程(予備日もあると
なお安心)を、計画表に記入しましょう。

家族全員でおうちをピカピカに磨きあげ、気持ちよく新年を迎えましょう。

  • 役割分担のポイント
    役割分担のポイント
  • 掃除を始める前に準備
    掃除を始める前に準備
  • 掃除のポイント
    掃除のポイント

それぞれの「得意」や「目線」を生かして分担を

各自がよく使っている場所はもちろん、自分では手が届きにくい場所など、いつもの掃除ではできないところを、家族それぞれの「得意」を生かして割り振りましょう。また、ひとりではキレイに仕上げるのが大変な窓ガラス掃除も、外側と内側を分担して同時進行すると効率的。拭き残りのあとがないかチェックしながら、両面を一緒に仕上げます。

【分担の例】

  • パパ…照明器具のカサ、部屋や浴室の天井や壁、換気扇やレンジフード、窓ガラス(外側)など
  • ママ…キッチンの調理台や水回り、冷蔵庫内、窓ガラス(内側の高いところ)など
  • 子ども…学習机のまわり、浴室の水栓金具や小物の磨き洗い、窓ガラス(内側の低いところ)など

場所・汚れ別の「洗剤」 「道具」 &「便利グッズ」を用意

掃除を始めてから、「あれ!? 中身がなくなってしまった!」と、買い物に走るのでは、時間もやる気もなくなってしまいます。大掃除をする場所を決めたら、必要なアイテムを確認して、準備しておきましょう。

それぞれの場所・汚れに合わせた洗剤や道具は必須ですが、ほかにもこんな身近なグッズを用意しておくと、便利に使えます。

  • ●割り箸…先端に布を巻き付けて、隙間掃除に。先端が平たく斜めになっているものは、汚れ落とし用のヘラとしても使えます。
  • ●竹串・綿棒…溝や細い隙間など、細かい部分の汚れ落としに。
  • ●使い終わったプラスチック製カード…広い面に薄くこびりついた 汚れをこそげ落とせます。
  • ●古布…使い捨て雑巾に。肌着やTシャツなど、毛羽が少なく柔らかい布がオススメ。
  • ●古歯ブラシ…細かい部分の汚れを落とす、使い捨てブラシとして。

場所ごとのお掃除テクニックを知りましょう

効率的にキレイにしていくために、場所ごとの手順やポイントを抑えましょう。詳しい情報は、下記の記事をご覧ください。

このページの先頭へ