西郷隆盛に学ぶ新時代の切り開き方

聴講の申し込み受付は終了いたしました。多数のお申し込みありがとうございました。
当落の抽選結果はハガキの発送をもってお知らせいたします。

石橋信夫記念館文化フォーラム 第12回 西郷隆盛に学ぶ新時代の切り開き方

  • 開催 2019年10月19日(土)14:00~17:00
  • 会場 大和ハウス工業 東京本社 2階大ホール
  • パネリスト・コーディネーター 磯田道史氏 (歴史学者)
  • パネリスト(順不同) 原口泉氏(志學館大学教授)家近良樹氏(大阪経済大学特別招聘教授)林真理子氏(作家)

当フォーラムは、毎回多彩なパネリストをお招きし、歴史上で活躍した指導者の知恵やリーダーシップから、今の日本人のあるべき姿と今後の指針を語っていただいております。

そこで今回の文化フォーラムでは、幕末に鹿児島で生まれ、私利私欲ではなく「公の精神」をもって国家の理想像を掲げ、日本の近代国家の礎を築いた、西郷隆盛をテーマとして取り上げます。

没後140年経ってもなお、「大西郷」と称され慕われている西郷隆盛ですが、自伝や日記はもちろん、1枚の写真も現存しておりません。

より明るく活力溢れる日本社会をつくるために、西郷隆盛の知られざる姿にふれながら、歴史から何を学び、どう生かすべきか、各界の論客に語っていただきます。

聴講応募方法

聴講をご希望の方は、抽選お申し込みフォームより、必要事項をご記入の上、お申し込みください。
抽選の上、無料でご招待いたします。

受付は終了いたしました

当日ご来場されるご本人のお名前でお申し込みください。

締切日 2019年8月30日(金)

なお、当落の抽選結果はハガキの発送をもってお知らせいたします。

お問い合わせ先 〒107-0051
東京都港区元赤坂1-4-2 知性ビル
「石橋信夫記念館文化フォーラム事務局」(担当:濱)

TEL:03(3403)6453
(土、日、祝日を除く平日9:00~17:00)

パネリストの紹介

歴史学者 磯田 道史
1970年(昭和45)岡山県生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。茨城大学助教授、静岡文化芸術大学文化政策学部教授を経て現在、国際日本文化研究センター准教授。歴史番組「英雄たちの選択」(NHK BSプレミアム)の司会を務める。『近世大名家臣団の社会構造』で博士号取得(史学)。主著『武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新―』で新潮ドキュメント賞受賞、10年(平成22)映画化。『天災から日本史を読みなおす』で第63回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。『無私の日本人』の一編「穀田屋十三郎」が16年(平成28)「殿、利息でござる!」として映画化。18年(平成30)NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の時代考証を担当し、近著『素顔の西郷隆盛』を出版。他、坂本龍馬暗殺の黒幕を描いた『龍馬史』。
志學館大学教授 原口 泉
1947年(昭和22)鹿児島県生まれ。米国ネブラスカ州立大学付属ハイスクール、鹿児島県立甲南高等学校卒業後、東京大学文学部国史学科卒業。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得。現在、志學館大学教授、鹿児島大学名誉教授、農学部客員教授、鹿児島県立図書館館長等を兼務。専門は日本近世・近代史。特に薩摩藩の歴史。国内だけでなく、イギリス・フランス・イタリア・アメリカ・ブラジル等で講演。NHK大河ドラマ「翔ぶが如く」「琉球の風」「篤(あつ)姫」「西郷(せご)どん」、同局朝の連続テレビ小説「あさが来た」の時代考証を担当。19年(平成31)日本放送協会放送文化賞受賞。近著に『女城主「直虎」の謎』『西郷隆盛53の謎』『西郷どんとよばれた男』『西郷家の人びと』など多数。
大阪経済大学特別招聘教授 家近 良樹
1950年(昭和25)大分県生まれ。同志社大学文学部卒業、同大学院文学研究科文化史学専攻博士課程単位取得満期退学。97年(平成9)「幕末政治と倒幕運動」で中央大学大学院にて博士号取得(史学)。大阪経済大学講師、助教授を経て、同大学経済学部教授。専門は幕末維新史。「敗者の側から幕末維新史を振り返る―会津藩や徳川慶喜はなぜ敗れたのか―」、長年の歴史研究を通して感じる「人間のあり方や生き方」について講演を行うなど広く活躍。著書は『幕末政治と倒幕運動』『西郷隆盛と幕末維新の政局 体調不良問題から見た薩長同盟・征韓論政変』『西郷隆盛 人を相手にせず、天を相手にせよ』『西郷隆盛 維新150年目の真実』、近著『歴史を知る楽しみ』他。
作家 林 真理子
1954年(昭和29)山梨県生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。コピーライターを経て、82年(昭和57)エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』を刊行。84年(昭和59)処女小説『星影のステラ』が直木賞候補に選出されたことを機に執筆業に専念。85年(昭和60)『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞、95年(平成7)『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞、98年(平成10)『みんなの秘密』で吉川英治文学賞を各受賞。現在、直木賞選考委員の他、数々の文学賞の選考委員を務める。11年(平成23)レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ受章。18年(平成30)紫綬褒章受章。著書『不機嫌な果実』『六条御息所 源氏がたり』『西郷(せご)どん!』『愉楽にて』『女はいつも四十雀』など多数。

このページの先頭へ