注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
  • ご相談
  • 資料請求
テクノロジー

注文住宅・建て替えなら安心・安全・信頼のダイワハウス

建物の断熱気密性能を高めること。地球に優しく健康で快適な住まいづくりの基本です。

室内
快適の家

室内快適の家

「冬は暖かく、夏は涼しい」
このように、住まいをより快適にするため、ダイワハウスは外張り断熱工法を採用し、高い断熱性、高い気密性を実現しました。一般的な新省エネ基準仕様の建物と比較すると、冷暖房費が約2分の1※に抑えられます。
また、人に優しい住まいは、地球にやさしい住まいでもあります。

※IV地域の場合。

建物の高断熱化とは末永く暮らすための技術です。

ひとことで「高断熱高気密」と言っても、実に様々なメリットがあります。熱の逃げを小さくすることは、冷暖房費を抑えるばかりでなく、CO2などの温室効果ガスの抑制にもつながります。さらに、足元の冷えやヒートショックを緩和、カビやダニの原因となる結露を防止します。また、目に見えない壁の中の結露を防止し、建物を長持ちさせます。つまり「末永く暮らすための技術」と言えます。

断熱性向上のメリット
断熱性能の低い住宅(旧省エネルギー基準適合仕様)リビングで暖房を運転しても、熱が外に逃げるため他の部屋は寒い。
断熱性能の高い住宅(次世代省エネルギー基準適合仕様)熱が外へ逃げにくく、リビング以外の部屋も暖まりやすくなる。

※当社の試算条件にもとづき計算した室温です(東京最寒日における日平均室温)。気象条件、建設地、敷地条件、プラン、設備仕様、生活スタイルなどによって異なる場合があります。

ダイワハウスの鉄骨住宅は全商品、次世代省エネルギー基準が標準仕様。

ダイワハウスの鉄骨住宅は全商品、標準仕様で次世代省エネルギー基準(新省エネルギー基準を強化改正し、エネルギー消費量の20%削減を目指して1999年3月に制定)をクリア。さらに、CO2の排出量を削減でき、地球環境保全にも貢献します。

熱損失係数の比較 xevoの熱損失係数は、当社モデルプラン(136.23m2)にて試算。

北から南まで、日本各地の気候に合わせた断熱仕様をご用意。

次世代省エネルギー基準では、日本を6つの地域に区分し、断熱性に関する基準値が定められています。断熱性の他にも気密性、防露製、日射遮蔽などに関する基準値が設けられており、ダイワハウスではそれらの基準に適合した仕様を地域毎にご用意しています。

出典=「住宅の次世代省エネルギー基準と指針」財団法人 建築環境・省エネルギー機構
地域の区分 都道府県 熱損失係数基準値[W/m2K]
I地域 北海道 1.6
II地域 青森、岩手県、秋田県 1.9
III地域 宮城県、山形県、福島県、栃木県、長野県、新潟県 2.4
IV地域 茨城県、群馬県、山梨県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、滋賀県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、和歌山県、兵庫県、奈良県、岡山県、広島県、山口県、島根県、鳥取県、 香川県、愛媛県、徳島県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県 2.7
V地域 宮崎県、鹿児島県
VI地域 沖縄県 3.7

※一部市町村で異なる地域区分となることがありますので、ご注意ください。詳しくは、当社スタッフにおたずねください。

xevoE ジーヴォ・イーの技術がよく分かる無料カタログをプレゼント中!!

外張り断熱通気外壁・地震対策・防犯配慮・太陽光発電まで、住まいを豊かにする最新技術を集約したxevoEカタログをお送りします。

xevoEカタログ 無料カタログを請求する

モデルハウスを探す

実際の建築事例を見て、理想の住まいをイメージする。

お近くのモデルハウスを検索できます。

住まいの相談をする

新築・建替え・注文住宅について、住まい提案のプロへ相談する。

住まいの相談を無料で受付中。

資料を請求する

詳しい資料で情報収集。家族でカタログをひろげて検討する。

カタログをオンラインでご請求できます。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。