XEVO

Daiwa House Group

  • ご相談
  • 資料請求
テクノロジー

注文住宅・建て替えなら安心・安全・信頼のダイワハウス

地震に強い家(制震:2階建て)

地震に強い家
(制震:2階建て)

地震に強い家(制震:2階建て)

住まいは技術で進化する。

日本の住まいに欠かせない地震対策。xevoはすべての住まいに耐震技術を備え、「安心」「安全」な住まいの創造をめざしています。そして、さらにご提案したいのが、オプションで装備できる制震技術。お客さまのご予算やご要望に応じて最適な“強い家”をお選びいただけます。 あなたの住まいを守るために、その資産価値を高めるために。

※DAEQT:Daiwahouse Anti Earth Quake Technology

耐震・制震の違い

DAEQT【ディークト】S 耐震技術

強固に「耐える」地震エネルギーを、骨組みが変形することで吸収します。

建物の構造体に筋かい(ブレース)を用いて強度と粘り強さをもたせることで、地震力に対抗し、建物の倒壊を防ぐ考え方。

DAEQT【ディークト】D 制震技術

巧みに「制御する」図中央の粘弾性体が地震エネルギーを吸収します。

耐震構造をベースにして、付加する制震装置の働きによって、建物の揺れをさらに小さく制御する考え方。

阪神・淡路大震災での地震波(神戸海洋気象台波)入力時の応答結果比較

2階床での応答変位※
  • ※応答変位とは建物が外力を受けたときに生じる建物のある部分の移動量
  • ※2階建て住宅(1、2階共高耐力壁仕様)の場合

+DAEQT【ディークト】D 巧みに制御する制震技術

粘弾性体が地震エネルギーを吸収。新開発の制震パネル。

変形することで地震エネルギーを吸収する粘弾性体を、中央部に組み込んだ新開発の制震パネル。ダイワハウスの耐震+制震住宅では、この制震パネルを間仕切り耐力壁に準用したルールで配置します。これにより阪神・淡路大震災クラスの地震が発生した場合でも、建物の変形量を20%~50%低減。特にボードやクロスの亀裂など、内装への被害を大きく低減します。また、吸収したエネルギーを熱として放出するため、躯体への影響は蓄積されることなく余震にも対応。さらに粘弾性体の劣化はほとんどなく、度重なる地震においても、繰り返し同様の効果を発揮するため、より高度な安心を実現することができます。

制震デバイスの構造 制震メカニズム概念図

軽微な損傷の耐震住宅。ほとんど損傷のない耐震+制震住宅。

左のグラフは繰り返し加震による応答変位の変化の結果です。77回目の加震結果からもわかるように、耐震+制震は大きな地震ほど効果も大きく、「全く損傷がないレベル」に変位が収まっています。

実大振動実験で実証された、確かな制震技術。

2006年6月、実大三次元震動破壊実験施設、国立研究開発法人防災科学技術研究所の「E-ディフェンス」(愛称)にて実施された実大震動実験。民間企業単独では業界初となる、この加震実験においても、建物の変形量を大幅に軽減し、繰り返しの地震においてもほとんど損傷がないというダイワハウスの耐震+制震住宅の、確かな性能が実証されています。

制震住宅は耐震住宅に比べて揺れ幅はおよそ半分。

実際に実大振動実験※で耐震住宅(非制震住宅)と制震住宅の揺れの違いを検証しています。震度6強の室内の状況を動画でご覧ください。

※2006年6月、実大三次元震動破壊実験施設、国立研究開発法人防災科学技術研究所の「E-ディフェンス」(愛称)にて実施された実大震動実験。

  • 1 地震に強い家(耐震:平屋・2階建て)
  • 2 地震に強い家(耐震:3階建て)
  • 3 地震に強い家(制震:2階建て)
  • 無料資料請求

xevoE ジーヴォ・イーの技術がよく分かる無料カタログをプレゼント中!!

外張り断熱通気外壁・地震対策・防犯配慮・太陽光発電まで、住まいを豊かにする最新技術を集約したxevoEカタログをお送りします。

xevoEカタログ 無料カタログを請求する

モデルハウスを探す

実際の建築事例を見て、理想の住まいをイメージする。

お近くのモデルハウスを検索できます。

住まいの相談をする

新築・建替え・注文住宅について、住まい提案のプロへ相談する。

住まいの相談を無料で受付中。

資料を請求する

詳しい資料で情報収集。家族でカタログをひろげて検討する。

カタログをオンラインでご請求できます。

  • サイトマップ
  • 最近チェックした物件履歴
  • 周辺の物件・展示場
  • イベント情報
  • 建売・分譲住宅、土地