注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
  • ご相談
  • 資料請求
テクノロジー

注文住宅・建て替えなら安心・安全・信頼のダイワハウス

地震に強い家(耐震:3階建て)

地震に強い家
(耐震:3階建て)

地震に強い家(耐震:3階建て)

阪神・淡路大震災クラスの衝撃を受け止める強さ。

※当時、阪神エリアの当社物件(28,801棟)はもちろんのこと、近年発生した新潟県中越地震、福岡県西方沖地震、宮城県沖地震でも全半壊はありませんでした。

13本一体構造のトリプルコンバインドシステム

パネルフレーム間に自立する「柱」が鉛直荷重を受け、安定した強度を確保。

建物の重要な骨格である軸組(柱)を、2つのパネルフレームで両側から挟み込んで一体化したのが、ダイワハウス独自の「トリプルコンバインドシステム」。軸組と耐力パネル(鉄骨フレーム&ブレース)を併用したダイワハウスの基本構造から生まれた耐震システムです。軸組である柱は建物の自重や積雪、家財による鉛直(タテ)荷重と、地震時の瞬間的なタテ揺れを支え、その強度はヒノキ角材に換算すると15㎝※角に相当。また、パネルフレームとの3本一体化による効果で、さらに余裕耐力を備えています。

※1階の軸組(柱)の場合

トリプルコンバインドシステム

2地震時の水平力を受け止めるブレース構造

水平荷重に強い、ブレース2枚の高強度耐力パネル。

地震の横揺れや台風の風圧などの水平荷重は、ブレースを内蔵した耐力パネルが力を受け止め、分散させます。水平荷重を受けた際には、ブレースが「引張力」に対して優れた効果を発揮し、建物の安定感を高めます。xevo03では、最も水平荷重の負担が大きい1階に、ブレースを2枚配したさらに高強度な耐力パネルを採用しています。

※2・3階の耐力パネルはブレース1枚の耐力パネルとなります。

耐久性に優れためっき鋼材のブレース。

耐力パネルのブレース材は耐震性能を左右する重要な部材であり、錆によって欠損してしまっては地震時の安全性を確保することはできません。ダイワハウスでは、耐力パネルのブレース材をはじめ、全ての外壁パネルフレームに耐久性に優れためっき鋼材を使用しています。

3自由度の高いプランを可能にする先進の技術

限られた敷地を有効に活用できるキャンチルーム。

xevo03は強固な躯体を持ちながらも、都市部の厳しい制約を柔軟にクリアし、自由度の高いプランニングが可能です。2・3階の床面を1階よりも最大で1.8mまで大きく張り出させることで、もうひとつの空間を作ることができます。たとえば、2・3階を広げて部屋を確保し、拡大部分の下をガレージスペースに利用するなど、空間を有効活用できます。都市部の厳しい建ぺい率や容積率をクリアしながら、限られた土地を最大限に活かせます。

キャンチルーム 2、3階の床面を1階よりも最大で1.8m張り出すことで、その下部をガレージスペースや自転車置き場など敷地を有効に活用できます。 北側斜線対応 xevo03は、都市部につきものの北側斜線制限などの厳しい制約にも、屋根の形状などの工夫で柔軟に対応。

制約の多い敷地でも住空間をしっかり確保。

狭小間口の敷地や斜線制限など、制約の多い都市部の住まい。ダイワハウスは、そんな様々な敷地の制限を考慮し、空間を有効活用することで、しっかりと住空間を確保しています。

狭小間口対応 xevo03は、間口が約3.8mの建物まで対応できます。例えば、間口が狭く奥に長いような都市部の敷地にも有効です。
0.5P耐力パネル(外壁用) 耐力パネル 2重耐力壁 ※イラストは模式図の為、実際と異なる場合があります。

4大開口・大空間を実現する門型フレーム

地震・風への耐久性も備えながら、壁のない大空間を可能に。

xevo03の自由設計を支えるのが「門型フレーム」。「耐力パネル」に代わって柱と梁を一体化させた門型フレームが地震・風の水平力を負担し、壁のない大開口・大空間を可能にします。高い剛性を誇る「軸組&パネル併用構造」と併用させるために門型フレームや床組の剛性を高くし、一体感のある信頼性の高い構造システムです。これによって間口の狭い建物においても、開口部の自由度が大幅にアップします。

門型フレームの使用バリエーション(建物を上から見た模式図)ケース1 多彩な用途が広がる、柱のない室内大空間を実現。 ケース2 一部を屋外とし、1台駐車のビルトインガレージを設計。 ケース3 2台並列駐車のビルトインガレージにも対応。 ケース4 間口の大きい建物では2台駐車に室内空間をプラス。

5確かな技術に支えられた構造の強さ。

地震で揺れにくい優れた構造

xevo03は、固有振動数が4.5~8Hz程度と一般的な重量鉄骨ラーメン構造の2.5~5Hzに比べて非常に高くなっています。同じ地盤に建つxevo03と一般的な重量鉄骨ラーメン構造の3階建てを固有振動数(剛性)を考慮した解析によって比較した場合、建物の変形量で実に約3倍もの差が生じます。
また、同じ大きさの地震の揺れでも、その構造によって大きく増幅される可能性があり、これを共振と呼びます。地震動は1~3Hz程度であり、ラーメン構造では共振して想定を上回る大きな揺れとなる可能性があります。一方xevo03は固有振動数(剛性)が高いので、共振の可能性が低い設計となっています。
xevo03はこれまで培われてきた技術が支える強固な構造躯体により、地震に対して壊れない、倒れないだけではなく、地震時の変形を小さく抑え建物内部の被害を最小限にとどめる配慮がなされた構造と言えるのです。

地震動での変形量の差
  • ※剛性(固有振動数)を考慮し、各階の変形量を予測した解析値。
  • ※固有振動数は、xevo03を6Hz、鉄骨ラーメン構造を3.5Hzと仮定し、建物が損傷しない(弾性挙動)レベルの変形を仮定して算出。

環境振動に強い軽量鉄骨ブレース構造

xevo03はトリプルコンバインドシステムとブレース構造によって、非常に高い剛性(固有振動数※1)と高い振動減衰性※2を備えています。
実はこの「固有振動数」と「振動減衰性」が日常生活における振動の感じやすさに大きな影響を及ぼすのです。一般的な重量鉄骨ラーメン構造の3階建て住宅の固有振動数は、都市部に多い高架道路の振動数と近いため、共振現象※3を起こして大きく揺れ、深刻な問題となるケースがあります。
xevo03は強固な躯体構造により、固有振動数が高く、振動減衰性も高い構造を実現。地震に強いだけでなく、様々な振動源に対して非常に揺れにくく、また揺れを感じにくい構造になっています。

  1. ※1 固有振動数:物体を自由に振動させた際に持つ固有の振動数。構造物では剛性、重量等に支配される。
  2. ※2 振動減衰性:振動が時間と共に徐々に小さくなっていく性質。
  3. ※3 共振:固有振動数と同じ振動数で揺れた場合に大きく増幅して揺れる現象。
振動源と建物の固有振動数の分布
  • 1 地震に強い家(耐震:平屋・2階建て)
  • 2 地震に強い家(耐震:3階建て)
  • 3 地震に強い家(制震:2階建て)
  • 無料資料請求

xevo03 ジーヴォ・ゼロサンの技術がよく分かる無料カタログをプレゼント中!!

外張り断熱通気外壁・地震対策・防犯配慮・太陽光発電まで、住まいを豊かにする最新技術を集約したxevo03カタログをお送りします。

xevo03カタログ 無料カタログを請求する

モデルハウスを探す

実際の建築事例を見て、理想の住まいをイメージする。

お近くのモデルハウスを検索できます。

住まいの相談をする

新築・建替え・注文住宅について、住まい提案のプロへ相談する。

住まいの相談を無料で受付中。

資料を請求する

詳しい資料で情報収集。家族でカタログをひろげて検討する。

カタログをオンラインでご請求できます。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。

建売・分譲住宅、土地

ダイワハウスの建売・分譲住宅、土地情報をご覧いただけます。土地探しからもご相談を受け付けております。