注文住宅TOP

  • ハウスラインアップ
  • 建築実例
  • 間取りと暮らし方
  • なぜダイワハウスなのか
  • 家を建てるなら
戻る
  • ご相談
  • 資料請求
テクノロジー

注文住宅・建て替えなら安心・安全・信頼のダイワハウス

防水15年保証を実現。高い防水・防湿対策。

水に
強い家

水に強い家

1進化した防水技術で防水性能を大幅アップ

雨水侵入をダブルでガード、二重防水構造。

“雨漏り”は建物の劣化を招くだけでなく、建物のメンテナンスコストにも関わる重大なトラブルです。ダイワハウスが提案する外張り断熱通気外壁では、外壁表面の1次防水に加え、壁の中にも2次防水を施す、二重防水を採用。防水性能を大幅に向上させました。また、非露出の2次防水は紫外線にさらされることがないため、劣化スピードが遅く、防水性能を長期にわたって維持することができます。その結果、業界屈指の防水15年保証を実現しています。

※部位によっては、防水仕様が異なります。また、仕上材の選択により保証内容が異なる場合があります。

水に濡れても腐らない材料を使用。

万一、1次防水から雨水が侵入した場合でも材料が腐り、性能が変わることがないよう、通気胴縁には、腐らないPS材※(ポリスチレン樹脂)を使用しています。

※建設地条件により仕様が異なる場合があります。

二重防水の性能を動風圧試験で検証。

風速37.8m/s、降水量240mm/hという、猛烈な暴風雨を人工的に再現し、10分間ずつ各部位に圧力をかけながら散水する、動風圧試験を実施。外壁はもちろん、その他の部位や接合部等でも室内側への漏水がない、高い防水性能を確認しています。

外張り断熱通気外壁 概念図(防火構造、5-7地域仕様)
※空気の進入を防ぐ目的で「住宅用グラスウール」としています。

2防湿技術&通気構造による高い防湿性能を実現

侵入させずに外部へ排出。湿気を抑えて構造体を保護。

「アルミ蒸着防湿フィルム」が室内からの湿気をシャットアウト。さらに万一、壁の中に侵入したわずかな湿気に対しても、「通気層」の空気の流れにより外部へ排出。これら二層のバリアーの働きにより、優れた防露性能を発揮し、構造体の劣化を軽減します。

壁体内結露対策 概念図

3建物全体で換気性能を向上

床下の土間コンクリートと防湿・防蟻シートが土壌からの湿気を二重に防止。

湿気がこもりやすい床下には土壌面全体に、防湿・防蟻シートを隙間なく敷きつめ、その上に防湿土間コンクリートを施工することで、土壌から立ち上がる湿気を二重に防ぎます。

※一部地域では仕様が異なります。

床下の換気効果を高める床下換気スリット。

基礎と構造体の間にスリットを設けることで、基礎立ち上がり部分に換気口を開けることなく、床下の換気を行っています。また基礎上で連続的に換気するため、湿気だまりを防止します。

※一部地域で床下構造が異なる場合があります。

床下構造

xevoE ジーヴォ・イーの技術がよく分かる無料カタログをプレゼント中!!

外張り断熱通気外壁・地震対策・防犯配慮・太陽光発電まで、住まいを豊かにする最新技術を集約したxevoEカタログをお送りします。

xevoEカタログ 無料カタログを請求する

モデルハウスを探す

実際の建築事例を見て、理想の住まいをイメージする。

お近くのモデルハウスを検索できます。

住まいの相談をする

新築・建替え・注文住宅について、住まい提案のプロへ相談する。

住まいの相談を無料で受付中。

資料を請求する

詳しい資料で情報収集。家族でカタログをひろげて検討する。

カタログをオンラインでご請求できます。

注文住宅

地震に強く、断熱性能の高い注文住宅「xevo(ジーヴォ)シリーズ」。3・4・5階建て注文住宅「skye(スカイエ)」などをご紹介。