お近くのダイワハウス

分譲マンション

ランドスケープ

外観完成予想図

敷地面積約10,000㎡。瑞穂区八事エリアの分譲マンションとしては
最大規模※1の敷地。その広さを活かして、
既存林を活かした緑豊かな美しい風景を創出し、
3棟構成の住棟と全117邸の住戸、各戸1台分の敷地内駐車場、
そして充実したコミュニティ空間を実現することができました。
新しい八事を象徴するレジデンスが誕生します。

アクシス・ステージ外観完成予想図

美しさの中に、本質がある。

景勝地としての美しい自然環境、住宅地としての歴史がある瑞穂区八事エリア。
その歴史を継ぐマンションとして、「ForestOne八事清水ケ岡」は、
高層棟、低層棟それぞれに特色あるデザインの住棟を設計するとともに、
四季折々に豊かな自然を身近に愛で、ふれあうことのできる植栽、
豊かな外構を計画しています。自然と人工、それぞれの美しさが調和した
場所で快適な日々を謳う。そんな空間づくりをめざしました。

敷地面積約10,000㎡。瑞穂区八事エリア最大規模※1
壮大なスケールの中で美しい風景と充実の空間を実現する
新しい八事レジデンス。

「ForestOne八事清水ケ岡」は、沿道に面して、シンボリックな印象を与える高層棟、
敷地の奥にあって豊かな緑に抱かれるように佇む2つの低層棟から構成。
全117邸で多様な世代、世帯に八事生活を謳歌していただくために、
バリエーション豊富な住戸プランを揃えています。

敷地配置図敷地配置図
  • アクシス・ステージ
  • ブリーズ・ステージ
  • コンフォート・ステージ
  • エントランスアプローチ
  • 敷地内平面式駐車場
  • センター・ガーデン
  • シーズン・ガーデン/東屋
  • アクシス・ステージ完成予想図

    アクシス・ステージ完成予想図

    Axis Stage

    連なる壁面を対称に構成し、格式を感じさせる象徴的な外観の高層棟「アクシス・ステージ」。スタイリッシュに縦に陰影を設けた造形に、艶のあるガラスをアクセントとして、現代的な表情を加えています。

  • ブリーズ・ステージ完成予想図

    ブリーズ・ステージ完成予想図

    Breeze Stage

    中庭(センター・ガーデン)に面した「ブリーズ・ステージ」。緑の美しさと調和するガラス手摺りを採用しています。木々を通して差し込むそよ風を感じながら、四季折々に鮮やかな表情を描く、豊かな植栽を眺めながら暮らしていくことができます。

  • コンフォート・ステージ完成予想図

    コンフォート・ステージ完成予想図

    Comfort Stage

    目の前に豊かな植栽が広がり、緑の中に佇んでいるように映えるコンフォート・ステージ。バルコニーには外からの視界を遮る乳白のガラス手摺りを採用しています。

  • 外観完成予想図

    外観完成予想図

    Owners Yard

    風格ある趣きを演出する車寄せを設けた、堂々とした構えのエントランス。また、車寄せから住棟へと続くアプローチにも豊かな植栽を配し、景観としての美しさも演出。住まわれる方、訪れる方をエスコートします。

  • 「屋内駐車場」完成予想図

    「屋内駐車場」完成予想図

    Parking Space

    広大な敷地内に全戸分(各戸1台分)の平面式駐車場を設置。面倒な機械操作の必要もなく、出し入れも安心です。また、一部屋内駐車場もご用意しています。東側出入口にはセキュリティに配慮したスライドゲートを採用し、愛車をお守りします。

  • センター・ガーデン完成予想図

    センター・ガーデン完成予想図

    Center Garden

    敷地の中央には彩り鮮やかな植栽を配した中庭「センター・ガーデン」を設置。さらに、中庭には散策路、保存緑地側には東屋も設けることで、四季折々の変化を間近に眺めながら暮らしていけるように計画しています。

  • 東屋 完成予想図

    東屋 完成予想図

    イメージスケッチ

    イメージスケッチ

    Seasons Garden / Azumaya

    土地の記憶を継承し、環境の持続性を考え、自然と人工、それぞれの美しさが調和した景観を創出。

    保存緑地は、開発前の緑地を保存し、剪定・補植。過去の遺産である自然を大切に護り、現在、さらに未来へと受け継いでいきます。建物との調和も考慮し、自然と人工、それぞれの美しさが調和した場所で快適な日々を謳う。そんな空間づくりをめざしました。また、「シーズンズ・ガーデン」の入口には、自然を眺め、愛でるスペースとして東屋を設けています。

緑に抱かれ、象徴としての美しさを
印象づけるレジデンスデザイン。

MATERIAL

色褪せない格調と美を
象徴するマテリアル。

外壁から屋内まで細部に至るまでこだわりの素材を採用。耐久性の高さはもちろん、自然豊かな外構との調和、八事のマンションに合った格調、そして歳月を重ねるごとに趣きを深めていくような質感など、こだわりを反映させています。

基本設計・総合監修

SKM

“まちを創る建築”をテーマに生活空間・環境づくりに取り組んでいます。地域資産や緑の環境を活かして地域の評価向上につなげること。それが計画の社会的価値(資産、生活、文化)を創り、高める方法です。

  • JR矢吹駅

  • フランス大使館共同住宅

※写真はイメージです

※1:1995年以降瑞穂区における新築分譲マンションで最大敷地面積(MRC調べ:2018年5月時点)
※掲載の各完成予想図、敷地配置・1階平面イラストは設計図書を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合がございます。形状、仕様、外構等については行政官庁の指導及び、設計・施工の都合により変更が生じる場合がありますので、予めご了承ください。
※車、専有部分の家具、カーテン、備品等は販売価格に含まれておりません。
※完成予想図中の植栽は、ある程度成長した状態の予想図です。また特定の季節や外観完成時の状態を想定して描かれたものではありません。
※敷地配置図は提供公園を含みます。
※「アクシス・ステージ」外観完成予想図は、2018年5月撮影の周辺写真に完成予想図を合成したもので実際とは多少異なる場合があります。

プレミストクラブ ご入会はこちら

このページの先頭へ

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.