お近くのダイワハウス

分譲マンション
創成川イーストエリア再開発
芯 | 中心性

札幌の中枢につながるイーストエリア。都心に新しい息吹を吹き込み、未来を牽引する。



伸 | 成長性
新たな可能性を導き出し、
個性豊かな先端都市が動き出す。
札幌市の人口は年々増加し、特に創成川イースト地区の平成22年~平成25年の増加率は、市内トップレベル※1。近年、新発想のカフェやショップなどが通りを彩り、モノづくりの街として気鋭のクリエイターたちを惹きつけ、海外からの観光客も増加。その視点は世界を捉え、未来へと続いています。
  • 創成川イースト地区の人口推移
  • Brown floor clothing 徒歩1分(約70m)
    Brown floor clothing 徒歩1分(約70m)
  • FAbULOUS 徒歩13分(約1,010m)
    FAbULOUS 徒歩13分(約1,010m)

進 | 将来性・先進性
都市と暮らしが調和する、
複合再開発の新しいまち。
将来的には札幌駅エリアと苗穂エリアの中心に位置し、札幌開拓史の歴史が息づくサッポロファクトリーと永山記念公園にも隣接。34,000㎡(10,000坪)超※3の広大な敷地に、住宅、広場、商業・医療・福祉施設に加え、体育館やエネルギー供給施設などが集結する、複合再開発の新しいまちが誕生します。

サッポロファクトリーに直結する、ツインタワーレジデンス。
日本人の手による初の開拓使麦酒醸造所跡地に誕生した「サッポロファクトリー」と空中歩廊で直結。ショッピング、グルメ、アミューズメントなどのショップや施設が集い、札幌の歴史が息づくトレンドスポットとして賑わっています。

ピンチアウトすると拡大されます。
エリア概念イラスト
エリア概念イラスト
※中央体育館(北ガスアリーナ札幌46)の工事竣工時期は平成30年度を予定。北4東6周辺地区第一種市街地再開発事業の工事竣工時期は平成32年度を予定。

新 | 最新性
新しい都心に必要なのは、
明確なビジョンと構築力。
北海道ガスの工場跡地は、省エネ化の推進と再生可能エネルギーの有効活用を可能にする自立分散型エネルギー供給拠点として生まれ変わります。効率よく安全な電力供給と地域全体の省エネ・CO2削減を目指し、創成川イーストエリアの発展を支えます。
エネルギーセンターを同時開発。
新しい街が安心で満たされる。
札幌市エネルギービジョンのリーディングプロジェクトとして位置付けられている新街区のエネルギーセンター。ガスコージェネレーションと再生エネルギーを活用して、電気と熱の供給を行います。さらに、効率的なエネルギー利用を支援し、省エネ・省CO2およびエネルギーセキュリティの向上を図ります。
スマートエネルギーネットワーク概念図

親 | コミュニティ
絆や交流が、街を育てる。
大切なのは、人が中心であること。
人と人が世代を超えてつながり、街が未来へ向かって成長していく。それは新しく誕生する街で実感できる、かけがえのない歓び。集い、語らい、賑わいのコミュニティが、豊かな暮らしを紡いでいきます。
Community
  • 事業主3社の想いが一つになった、人と人がつながる暮らし。
    心が通いあい、人と人がつながり、街を育てる。そんなまちづくりを目指して、住宅・商業複合地区では事業主3社が想いを一つに結集。心の温もりに包まれる、幸せな日々をお届けします。

    事業主3社の想いが一つになった、人と人がつながる暮らし。

  • 家族や地域の人々が集い、憩う広場や公園を再開発の敷地内の新設します。
    緑に彩られる芝生広場や公園では、様々な世代の人々が集まり、思い思いの時間を過ごすことでしょう。自然の潤いに満たされる美しい風景は、暮らしにゆとりと新鮮な活力を与えてくれます。

    家族や地域の人々が集い、憩う広場や公園を再開発の敷地内の新設します。

  • 快適な空中歩廊が回遊性を促し、街の活力となる。
    「ザ・タワーズフロンティア札幌」とサッポロファクトリーは空中歩廊で直結。安全で快適な歩行空間として、周辺地域の回遊性を高めます。

    快適な空中歩廊が回遊性を促し、街の活力となる。


身 | スポーツ・健康
健やかな暮らしから、
新しい札幌の魅力が芽生える。

再開発街区内には、札幌のスポーツ発展を担ってきた中央体育館(北ガスアリーナ札幌46)をはじめ、スポーツジムや医療・福祉関連の施設も新設予定。小さなお子さまからご高齢の方まで、世代を越えた人々がスポーツを身近に楽しみながら、健やかに暮らせるまちを目指します。
※中央体育館(愛称:北ガスアリーナ札幌46)(平成31年度移転予定)空中歩廊利用徒歩1分(約80m)※中央体育館の工事竣工時期は平成30年度を予定。※医療・商業複合地区「健康・福祉ゾーン」は計画中のものとなります。

  • Sports
    公共公益地区「スポーツ・エネルギーゾーン」

    札幌のスポーツの普及に貢献してきた中央体育館(北ガスアリーナ札幌46)と、札幌市エネルギービジョンのリーディングプロジェクトとして位置づけられているエネルギーセンターで構成。未来の暮らしが躍動します。

    • ■約2,500席のアリーナを備えた中央体育館(北ガスアリーナ札幌46)※5(平成31年度移転予定/空中歩廊利用徒歩1分・約80m)
    • ■エネルギーセンター(平成30年度工事竣工予定)
    • ■芝生広場(平成30年度工事竣工予定 徒歩1分・約80m)(第一工区北西街区:平成30年度工事竣工予定)
  • Health
    医療・商業複合地区「健康・福祉ゾーン」※6

    検診センターやクリニック、サービス付き高齢者向け住宅などの福祉施設、さらにプールや温浴施設などの健康増進施設が集結。多世代が健やかに、安心して暮らせるまちを目指します。

    • ■医療施設(予定)
    • ■サービス付き高齢者向け住宅(予定)
    • ■健康増進施設(予定)


資料請求・来場予約受付中

  • ※徒歩分数表示については80mを1分として算出(端数切り上げ)したものです。
  • ※掲載の現地周辺航空写真(平成27年8月撮影)は、光の柱等CG処理を加えたもので実際と多少異なる場合があります。JR「札幌」駅(パセオ東口) 徒歩14分(約1,120m)/サッポロファクトリー アトリウム 徒歩1分(約80m)/永山記念公園 徒歩2分(約110m)
  • ※1:統計区1003(創成川イースト地区)は平成22年~25年(国勢調査年)の5年間の人口増加率が札幌市内で最も多い。(有)インフォメーションシステムキャビン調べ(平成29年5月26日現在)
  • ※2:国勢調査を基に(有)インフォメーションシステムキャビン作成。
  • ※3:開発される街区の敷地面積は合計約34,270㎡(約10,366坪)となります。
  • ※4:完成していない施設の距離表示については正式な入口位置が決定していないため、施設敷地の本物件最寄り箇所で計測しており、今後変更となる場合があります。予めご了承ください。
  • ※表示内容は、平成29年4月の調査時点のものです。
  • ※空中歩廊からサッポロファクトリーに通じる出入口についてはサッポロファクトリーの営業時間に準じる予定です。(空中歩廊は平成31年3月完成予定)サッポロファクトリー 3条館 空中歩廊利用徒歩1分(約70m)、空中歩廊を利用しない場合 徒歩1分(約80m)
  • ※北4東6周辺地区第一種市街地再開発事業に関わる情報は、札幌市ホームページ(平成28年11月25日時点)及び「北4東6周辺地区第一種市街地再開発事業」のしおりを基に作成しています。
  • ※5:中央体育館(愛称:北ガスアリーナ札幌46) 空中歩廊利用徒歩1分(約80m)※中央体育館の工事竣工時期は平成30年度を予定(平成31年度移転予定)※空中歩廊を利用しない場合は徒歩1分(約20m)
    ※完成していない施設の距離表示については正式な入口位置が決定していないため、施設敷地の本物件最寄り箇所で計測しており、今後変更となる場合があります。予めご了承ください。
  • ※6:医療・商業複合地区「健康・福祉ゾーン」は計画中のものとなります。北4東6周辺地区第一種市街地再開発事業の工事竣工時期は平成32年度を予定。

  • 大和ハウス工業
  • 住友不動産
  • 大京
お問い合わせは
「ザ・タワーズフロンティア札幌」マンションギャラリー

0120-046-276

営業時間/10:00~18:00 定休日 / 火・水曜日(祝日除く)

プレミストクラブ ご入会はこちら

このページの先頭へ

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.

道内地方・東京相談会