お近くのダイワハウス

分譲マンション

札幌市中央区の分譲マンション
プレミスト札幌ステーション URBAN SEED

MENU

GUIDEマンションガイド

札幌のマンションの価値を
資産性と将来性という視点で考える。

JR「札幌」駅/約790m
進化を続ける札幌駅前エリアから拡がる、
まちづくりの可能性。

札幌駅前エリア周辺は、昨今、大型の都市再開発計画が次々と進行し、活気と期待感に包まれています。
札幌市が2016年に策定した「第2次都心まちづくり計画」では、
都心部をネクストレベルへと発展させるグランドデザインが描かれ、
主に札幌駅以東エリアを中心に積極的な再開発事業の展開、
そして各拠点の連動によって街区の骨格を成す「軸」の形成が期待されています。
札幌駅前エリアはさらなる発展を遂げる都心街区として、道内外から注目を集めています。

札幌都心再開発概念マップ
札幌都心再開発概念マップ

札幌都心を支え、より快適にする事業が続々と実現。

■開発予定事業
  • □北4東6周辺地区第一種市街地再開発事業
    (2022年度事業完了予定)
  • □南2西3南西地区第一種市街地再開発事業
    (2022年度事業完了予定)
  • □北8西1地区第一種市街地再開発事業
    (2022年度事業完了予定)
  • □北3西3南地区優良建築物等整備事業
    (2019年度事業完了予定)
  • □北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業
    (2022年工事完了予定)
■開発済事業
  • □北2西3北地区優良建築物等整備事業
    2017年1月31日工事完了
    (札幌フコク生命越山ビル、sitatte sapporo)
  • □札幌創世1.1.1区
    北1西1地区第一種市街地再開発事業
    2018年5月31日工事完了
    (さっぽろ創世スクエア)
  • 出典元:札幌市(2019年 5月時点)
都道府県魅力度ランキングで、10年連続北海道が1位。
雄大な自然環境から生まれる、新鮮で味わい豊かな食の恵み。四季の彩りと共に風情を醸し出す、美しい街並みと田園風景。様々な魅力に溢れる北海道は、全国でもトップクラスの人気を誇る都道府県として確固たる地位を築いています。近年では観光の他に、移住先としてのニーズも一層の高まりを見せています。
札幌中心部において増え続ける人口・世帯数。

人口に関するポイント

  • 再開発事業が進められている中央区では年々増加する傾向にあり、過去10年の伸び率は113%(約25,000人のプラス)となっています。
  • 郊外の厚別区や南区では減少の傾向が見られますが、札幌市全体では年々増加しており、過去10年では約63,000人のプラスとなっています。

世帯数に関するポイント

  • 札幌市全体では、人口数と同様に世帯数も増加する傾向にあります。
  • 特に中央区、北区、白石区、豊平区では過去10年の伸び率が10%超のプラスとなっています。

※出典元:札幌市 住民基本台帳人口
※「住民基本台帳法の一部を改正する法律」が2012年7月9日に施行され、外国人住民についても住民基本台帳制度が適用されることとなったため、2012年8月以降の住民基本台帳人口(毎月1日現在)には、外国人住民が含まれます。

資産価値としての魅力が高まる札幌駅エリア。

街の資産価値をはかる指標の一つである「リセールバリュー」の北海道駅別ランキング(2017年度)によると、北海道エリアで最もリセールバリューが高い駅はJR「札幌」駅。三大都市圏及び地方圏における各主要駅と比較しても、突出した数値(165.9%)となっています。札幌市への玄関口となるターミナル駅であり、周辺地区で大型の再開発計画が進行するJR「札幌」駅エリアは、地元住民のみならず国内外の富裕層からの魅力もますます高まってきています。中心街区における生活利便性や快適な交通アクセスを求めて、新たにセカンドハウスとしてマンションを購入する動きも出てきており、今後さらなる活性化が見込まれるエリアといえます。

※1:都営地下鉄新宿線「馬喰横山」駅(155.2%)、京都市営地下鉄東西線「京都市役所前」駅(153.5%)、名古屋市営地下鉄名城線「上前津」駅(137.8%)、JR仙山線「北仙台」駅(133.5%)、JR鹿児島本線「千早」駅(125.1%)

リセールバリュー(価格維持率)について

竣工から10年間が経過した分譲マンションのうち、現在中古流通している物件を抽出し、分譲当時の価格と現在の価格から算出した指数。約10年前に分譲されたマンションが中古物件として現在どのような価格水準で取引されているかを示しており、数値が高いほど資産価値が大きいと考えられます。

リセールバリュー(%)=中古流通時の価格÷新築分譲時の価格×100

※本調査ではサンプル数を確保するため、築後9年~11年の物件を抽出
※専有面積30㎡未満、事務所・店舗用のユニットは集計から除外
※駅毎で数値を算出するにあたっては、一定以上のサンプル数を有する駅に限って抽出

※出典元:株式会社 東京カンテイ(リリース日/2018年7月31日)

資料請求受付中
  • 現地・マンションサロン案内図
  • 物件概要

プレミストクラブ ご入会はこちら

このページの先頭へ

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.