お近くのダイワハウス

分譲マンション
キッチン
キッチン

いざというときの防災・セキュリティシステム。

SAFETY

24時間、365日あなたの生活を見守ります。

緊急対応システム
緊急対応システム
給排水設備やエレベーターなど共用部分のトラブルの対応にあたり、大和ライフネクストでは自社内に緊急センター「ライフネクスト24」を設置。24時間365日体制で対応しています。フリーコールによる電話受付の他、各マンションに設置された警報設備から送られる信号をオンラインで監視し、異常発生時にはマンションごとに蓄積されたさまざまな情報データベースを参照しながら、適切な判断・対処を行います。緊急出動が求められるケースでは、警備会社の他、専門スタッフが出動し対応する場合もあります。また、専有部分における異常発生時には、「シーエルガード」にて迅速に対応します。
シーエルガード
シーエルガード
セキュリティ対策として、素早い発見と迅速で適切な対応は、万が一の際こそ重要です。管理会社の大和ライフネクストと警備会社が提供する「シーエルガード」は、各住戸の鍵を責任を持ってお預りし、住戸内に防犯・防災の監視を行う専有部のセキュリティシステムです。火災警報や非常警報・侵入警報などの信号が通報されると、警備会社の警備員が緊急出動し、異常の有無の確認など適切に対処します。また、必要に応じて関係機関に連絡・連携し、被害拡大の防止に努めます。
見守りサービス
見守りサービス
遠方からも電気の使用状況がパソコンやスマートフォンで確認できます。また、あらかじめご登録いただいた鍵がオートロックシステムを通過すると、ご登録いただいたメールアドレスにお知らせします。お子様の帰宅を確認できたり、遠方のご家族が生活状況を確認できます。また、緊急時に非常ブザーを押すと、警備会社に連絡が届くのと同時に、指定のアドレスに連絡が届くので、早期に対応が図れます。
防犯性と使い勝手を両立させたオートロックシステム
防犯性と使い勝手を両立させたオートロックシステム
オートロックシステムを採用。各住戸内から風除室の来訪者を確認。解錠は住戸内カラーモニター付インターホン親機からワンタッチ操作。
ご帰宅の際には非接触キー(交通IC系カード含む)を読み取り口にかざすだけなので簡単です。

万一に備えた備蓄倉庫

参考写真参考写真
万が一の災害に備え共用部に備蓄倉庫を設けました。過去の災害で得た教訓を活かし、担架・救助工具セット・発電機など使う場所、使い方を想定し、実際に必要な備品をセレクトしました。
参考写真参考写真
AED
突然の心停止が起こった場合の救命に備え「AED(自動体外式除細動器)」を共用部に設置しています。
参考イラスト参考イラスト
災害対応ベンダー
災害時や停電時に本体に残っている飲料を無償で提供する自動販売機を設置しています。

強固な地盤に建つ建物を設計。

STRUCTURE

杭基礎
杭基礎
敷地内で実施した地盤調査に基づき、建物を確実に支持するための杭工法を決定しています。支持杭工法は安定した支持層に杭を施工することにより建物を支えています。
ダブル配筋
ダブル配筋
住戸間の壁や外壁※は鉄筋を二重に組み上げることで、高い強度と耐久性を確保します。
※共用廊下、バルコニー、サービスバルコニー側の一部は、ダブルチドリ配筋としています。
溶接閉鎖型の帯筋
溶接閉鎖型の帯筋
柱の帯筋には溶接閉鎖型の帯筋を採用しています。帯筋のつなぎ目を工場溶接したもので、現場で施工するフック加工の帯筋に比べ、地震時の柱の崩壊に対してより効果を発揮します。
※溶接位置は設計・条件により、概念図と異なる場合があります。※概念図の為、鉄筋径、本数等は実際と異なります。※基礎仕口部は除きます。※エントランス棟、サブエントランス棟、機械式駐車場等は除きます。
概念図
屋上外断熱工法
屋上には断熱材をコンクリートの屋内側でなく、屋外側に敷く外断熱工法を採用。
内断熱工法に比べて熱の影響が少なくなります。
※セットバック部など一部内断熱が存在します。
ボイドスラブ
ボイドスラブ
小梁の出っ張りがなく、スッキリとした空間が確保でき、圧迫感を抑えます。
玄関対震ドア枠
玄関対震ドア枠
扉と枠のすき間を大きく確保することで、地震時に扉と枠の干渉を低減し、ドアが開放できない可能性を軽減します。対震ドアガードも採用しています。
※想定を超える変形の場合は、開かない場合があります。
二重床・二重天井構造
二重床・二重天井構造
約230mm、約250mmの厚さのボイドスラブを採用。また配管・配線の自由度が高い二重床・二重天井を採用しています。
※記載のスラブ厚は設計時のものになります。※住戸のセットバック部分は一般スラブが存在します。 ※B1、B9タイプでは一般スラブが混在します。
アウトポール
アウトポール
アウトポール工法とは柱や梁を室外に設ける工法を指します。
室内側に柱や梁が出ないためすっきりした空間となり、スペースを有効に使うことができます。
※共用廊下側、サービスバルコニー、ルーフバルコニー部分を除く
※各共用妻タイプを除く
概念図
24時間換気システム
外部に面する居室に設置した給気口より外気を室内に取り入れ、浴室に設置された換気扇より室内の空気を排出することで窓を閉めた状態でも新しい空気を取り入れます。
※給気口の設置される部屋は図面集を参照してください
コンクリートの設計基準強度は30N/mm²以上
建物寿命を左右するコンクリート強度は重要な要素となります。耐久性を確保するために必要となる耐久設計基準強度は24N/mm²とし、設計基準強度(Fc)を設定しています。
※耐久設計基準強度とは、供用期間に応ずる耐久性を確保する為に必要となる圧縮強度です。※圧縮強度とは圧縮荷重に対し、材料が持ちこたえることができる最大応力のことです。※30N/mm²とは約3,000t/m²の単位荷重のことです。※住宅性能評価に該当しない構造物、部位工作物等は除きます。※外構部分は異なります。※エントランス棟、サブエントランス棟は除きます。
T-2等級のサッシを採用
共用廊下側の窓にはT-2等級の遮音性能をもつサッシを採用しました。
※T-2であれば30db下がるということになりますが、遮音性能数値は部材単体の理論値であり、騒音発生源、躯体、ガラス条件並びに給気口・排気口などの他の開口部の関係上、実際には数値は低下いたします。
住戸の廊下・トイレには手摺用の下地を設置
将来的に手摺が設置できるように、各住戸の廊下・トイレに手摺用の下地を施工しています。
※施工箇所・仕様等については係員にお問い合わせください。※取り付け可能な手摺には制限があります。

プレミストクラブ ご入会はこちら

このページの先頭へ

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.