お近くのダイワハウス

分譲マンション

MENU

ZEH

ZEH採用マンション

image photoimage photo

image photo

「ZEH-M Oriented」と
「ZEH Oriented」をダブル採用。
人と環境にやさしい品質を実現。

「プレミスト大倉山」では
住まいの敷地内の住棟で
大幅な省エネを実現する「ZEH-M Oriented」と、
各住戸ごとの断熱性能・省エネルギー性能を高める
「ZEH Oriented」をダブル採用。
さらに第三者機関による断熱性能評価「BELS」において
最高等級を取得しています。

  • ZEH-M Oriented
    <ゼッチ・マンション・オリエンテッド>とは

    ZEH-M Orientedとは、断熱性能を向上させるとともに、効率的な設備等の導入により、室内環境を維持しつつ大幅な省エネを実現することで、共用部を含むマンション全体での一次エネルギー消費量を20%以上削減したマンションです。

  • ZEH Oriented
    <ゼッチ・オリエンテッド>とは

    ZEH Orientedとは地域ごとに定められたZEH基準である外皮の断熱性能の大幅な向上と共に、再生可能エネルギー等を除き、高効率な設備・システムの導入により各住戸専有部で、20%以上の一次エネルギー削減を実現したマンションです。

※本物件は経済産業省の定める定義として「ZEH-M Oriented」となります。「ZEH-M Oriented」とは、以下の①~②の全てに適合した集合住宅(住棟)です。
①当該住棟に含まれる全ての住戸について、強化外皮基準(1~8地域の平成28年省エネ基準(ηAC値、気密・防露性能の確保等の留意事項)を満たした上で、UA値1、2地域:0.40[W/m2K]以下、3地域:0.50[W/m2K]以下、4~7地域:0.60[W/m2K]以下※本物件所在エリアは6地域)に適合
②再生可能エネルギー等を除き、共用部を含む当該住棟全体で、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減
※平成25年度省エネ基準よる「暖房」「冷房」「換気」「照明」「給湯」の基準一次エネルギー消費との比較。
※エネルギー消費量は住戸により異なります。

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)取得

「プレミスト大倉山」は、BELSによる最高等級を取得。 省エネルギー性能に優れると評価されたマンションです。

BELS

※本表示は「住棟全体」の評価であり、「各住戸」の性能を担保するものではありません。

高断熱と省エネ設備の導入により
エネルギーの消費量を削減。

断熱性の向上と高効率の省エネ機器を
採り入れたZEH-M Orientedは、
電気やガスなどの光熱費を
削減することができます。
ZEH-M Orientedを選ぶことで叶う
「家計にやさしい」暮らしです。

断熱概念図

ZEH-M Orientedの高断熱基準

断熱性を向上させることにより、「冬暖かく、夏涼しい」快適な室内環境を保ちます。建物の躯体や、窓などの開口部の断熱性を向上させることで、1年を通じ外気温の影響を受けにくい快適な室内環境をつくりだせます。ZEH-M Orientedでは、断熱性能を図る指針となる強化外皮基準(UA値)と、冷房期の平均日射熱取得率(ηAc値)について、各地域区分の基準値を満たす必要があります。

ZEHの高断熱基準 ZEHの高断熱基準

冷暖房の効率を高め、
建物の劣化も抑える断熱性。

  • 住宅性能表示制度
  • 温熱環境に関すること

    住宅の断熱性能は、高くなるほど冷暖房などの効率がよくなり、
    電力やガスの消費が少なくなります。
    光熱費が安くなって家にやさしく、結露を防ぐことで建物の劣化の低減が見込めます。

  • 設計 性能評価

住宅性能評価
 断熱等性能等級5を取得

  • エネルギーの使用量を低減しつつ冷暖房を行うためには、構造躯体の断熱化など十分な工夫を講じることが必要です。
    本マンションは断熱等性能等級5を取得し、エネルギー効率のよい住宅となるような対策を行っています。

    ※断熱等性能等級は「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく住宅性能表示制度の温熱環境に関する評価項目。

  • 断熱等性能等級5

省エネや節水で実現する
環境にやさしいライフスタイル。

  • 住宅性能表示制度
  • 省エネルギー対策
    (温熱環境・エネルギー消費量)

    住宅室内で冬期に暖かく夏期に涼しく過ごしたいと思うのは自然な要求。
    そのためには室内の温度を適切に制御することが重要な課題となります。
    できる限りエネルギーの使用量を削減しつつ暖冷房を行うために、
    住宅の構造躯体の断熱措置などに十分な工夫を講じることが必要です。

  • 設計 性能評価

住宅性能評価
 一次エネルギー消費量等級6を取得

  • 住宅室内で冬期に暖かく夏期に涼しく過ごすためには室内の温度を適切に制御することが重要な課題となります。本マンションではできる限りエネルギーの使用量を削減しつつ暖冷房を行うために、住宅の構造躯体の断熱措置などに十分な工夫を講じることで、温熱環境・エネルギー消費量に関する一次エネルギー消費量等級において等級6を取得しています。

    ※省エネルギー対策(温熱環境・エネルギー消費量)等級は、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく住宅性能表示制度の温熱環境・エネルギー消費量に関する評価項目。

  • 一次エネルギー消費量等級6

RE100対応 一括受電
「D’sエネルギープラン」

インターネット×高圧一括受電×電気の見える化
お部屋の電気使用量・使用料金・
CO2排出量がWEBで確認できます。

RE100とは・・・

「Renewable Energy(再生可能エネルギー)100%」の電気で
事業運営をすることを目標とする企業が加盟する国際的イニシアチブ

概念図 概念図

本マンションで使用する電力は、
発電事業者が発電した電力に環境価値をプラスして
マンションへ一括供給するため、マンション全体で
実質CO2排出0の電気をご利用頂けます。

※有期(3年)となります。
※インターネットは大和ライフネクスト株式会社が提供いたします。
※RE100のルールに準拠する仕様での電力供給となります。

断熱性能を高めることは、ヒートショックのリスク軽減につながります。

ヒートショック ヒートショック

断熱化し、温度差を小さくすることで、ヒートショックのリスクを軽くすることにつながります。

※出典:経済産業省の公表資料より

それぞれの住戸の性能においても
ZEH Orientedを採用。

ZEH Orientedとは、創エネを含む各住戸で使用する年間の一次エネルギー使用量を
20%削減できる住宅のことを表しています。
「プレミスト大倉山」ではZEH Oriented採用のために、
断熱性能や省エネルギー性能の高い仕様を
住戸内の随所に導入しています。

間取り概念図 間取り概念図

間取り概念図(BGタイプ)

断熱材

※ZEH Oriented採用とは各住戸において以下の適合基準を満たした住まいのことです。
①強化外皮基準(1~8地域の平成28年省エネルギー基準(ηAC値、気密・防露性能の確保等の留意事項)を満たした上で、UA値 1、2地域:0.40[W/m2K]以下、3地域:0.50[W/m2K]以下、4~7地域:0.60[W/m2K]以下)
② 再生可能エネルギー等を除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減

設備

  • 概念図

    概念図

    1断熱工法(断熱等級5)
    住宅性能評価における断熱性能等級において高い断熱性を認められています。
  • 概念図

    概念図

    2LOW-E 複層ガラス
    特殊金属膜の効果で室内の熱を逃さず冬場の暖房負荷を軽減します。
  • 参考写真

    参考写真

    3温水床暖房
    リビングダイニングに加え各住戸洋室(1)にも暖房効率を高める温水床暖房を設置しています。
  • 参考写真

    参考写真

    4エコジョーズ
    排気熱・潜熱回収システムで、排熱を活用し給湯効率を向上させています。
  • 概念図

    概念図

    5保温浴槽
    浴槽の周囲を断熱材で保護。お湯が冷めにくく、追い焚きの回数を軽減できます。
  • 参考写真

    参考写真

    6シャワーヘッド
    手元スイッチでON/OFF操作ができるワンタッチ方式で、簡単に節水可能です。
  • 人感センサー付照明
    7人感センサー付照明
    人体に反応し自動で照明をON/OFF。無駄な電力の使用を軽減します。
  • LEDダウンライト
    8LEDダウンライト
    少ない電力で従来の照明と同等の明るさを実現。節電効果を高めます。
  • 24時間換気
    924時間換気
    DCモーター付の換気扇の採用
    (ACモーターに比べ消費電力が少なく省エネ運転可能)
  • 玄関ドア
    10玄関ドア
    縁部熱遮断構造を採用した40mm厚の高性能な断熱パネルドアを採用しています。
  • 共用部LEDライト
    11共用部LEDライト
    共用部にもLEDライトを採用し、住棟全体の節電効果を高めています。
住宅の種類により
住宅ローン控除の内容が異なります。

住宅ローン控除

住宅ローン控除

2022年4月1日時点

※実際のお取り扱いにつきましては、税務署または税理士等の専門家にご相談ください。

プレミストクラブ ご入会はこちら

このページの先頭へ

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.