お近くのダイワハウス

分譲マンション

分譲マンション(プレミスト) 〉 関東 〉 東京都 〉 プレミスト調布クロス 〉 設備仕様 〉 アメニティ・サポート

equipment

Amenity & support

日々の住み心地にこだわり、大切な住まいをサポート。
  • 24時間換気システム
    24時間換気システム
    外部に面する居室に設置した給気口より外気を室内に取り入れ、浴室に設置された換気扇より室内の空気を排出することで窓を閉めた状態でも新しい空気を取り入れます。※給気口が設置される部屋は係員におたずねください。
  • 指挟み防止機能付き玄関ドア
    指挟み防止機能付き玄関ドア
    玄関ドアの入隅部分は、隙間を極力無くすことで、指をはさみにくい構造をした玄関ドアとしています。
  • プッシュプルドアハンドル
    プッシュプルドアハンドル
    玄関のドアには押したり(プッシュ)、引いたり(プル)することでドアを開けることが出来るドアハンドルを採用しました。
  • LEDダウンライト
    LEDダウンライト
    省エネを実現するLED照明を採用しました。点灯が速く、長寿命で環境にも貢献します。
  • ホーム保安灯
    ホーム保安灯
    停電時には一定時間自動点灯して足元を照らし、取り外すと手元灯として使えるLED保安灯を廊下に設置しました。
  • ホスクリーン
    ホスクリーン
    洋室の天井に、衣類などの室内干しができるホスクリーンを設置。長さ調節も可能です。
  • 人感センサ付玄関スイッチ
    人感センサ付玄関スイッチ
    人などが動いたときの温度変化を検知して自動点灯・消灯するセンサ付スイッチを玄関に採用しました。夜の帰宅時など、暗くなりがちな玄関をスイッチ操作すること無く点灯することができます。
  • ドアキャッチャー
    ドアキャッチャー
    リビングや居室の扉を開けたまま固定するドアキャッチャーを設置。薄型ですので出っ張りが少なく、お掃除も簡単です。
  • 手摺り用の下地
    手摺り用の下地
    将来的に手摺が設置できるように、各住戸の廊下・トイレに手摺り用の下地を施工しています。※施工箇所・仕様等については係員にお尋ねください。
    ※取り付け可能な手摺には制限があります。
  • 床暖房
    床暖房
    足元からムラなくあたため、空気を汚さず、乾燥しにくい床暖房を採用しています。
  • ポスト一体型宅配ロッカー
    ポスト一体型宅配ロッカー
    メールコーナーには、留守中の宅配物が24時間いつでも受け取れる、便利なロッカーを33個(総戸数の50%)設置。
  • 住まいの履歴ファイルD' File
    住まいの履歴ファイルD' File
    お引渡しまでにお渡しする住まいの履歴ファイル「D'File」はマンションの情報を保管し、一覧できるファイルです。各種サービスの連絡先やアフターサービス規準・定期点検の写しの保管などにご利用ください。
  • D’s 10年サポート
    万一の事態に備えた日常のサポートを10年間展開※1
    ダイワハウスでは、住宅設備機器のアフターサービス規準を2年間と定めていますが、対象となる住宅設備機器については8年間延長し、合計10年間サポート(※1)。長期にわたり、もしもの時でも安心で快適な住まいを提案しています。他にも、毎日をより快適にするお手入れセミナーの実施など暮らしの中のさまざまなお困りごとや、災害などの万一の事態に備えたサービスを展開しています。※1:3年目以降のアフターサービス規準は、当初2年間と異なります。対象となる住宅設備の事例の詳細はスタッフにお問い合わせください。修理の依頼は当社窓口(ダイワハウスお客さまセンター)へご連絡いただく必要があります。なお、1回の修理保証上限額は300万円となります。アフターサービス延長規準に記載の保証対象現象以外は、有償となります。本サポートは無償となります。
    D’s Bridge 売却斡旋サービス
    ご売却後、住宅設備に2年間の保険を設定します。
    中古のお住まいを売却された際、売却後の一定期間に設備の故障があると、売主さまの責任として修理をしなくてはならない場合があります。「D’s Bridge」売却斡旋サービスを利用すると、設備保険会社が設備に引渡後2年間の保険をお付けしますので、売主さま・買主さま双方に安心してお取引いただくことができます。※但し、経年変化や摩耗、消耗部品や付属品の交換、代替交換の際の運搬費など保険の対象外のものがあります。※1回の修理にかかる保険金の支払い限度額は、設備製造後15年以内のものは30万円、15年超30年以内は6万円となります。※保険始期時点において、製造年から30年を超える住宅設備については、保険付保対象外となります。※製造年月が不明な住宅設備は、建物の建築年月を製造年月として起算します。※保険会社は、保険会社が指定する者による対象設備の修理をもって、保険の支払いに代えることができます。
    ※予告なくシステム内容の変更が生じる場合があります。

※掲載の写真は、モデルルーム(Gタイプ)を撮影(2021年4月)したものです。
※掲載の設備・仕様については変更となる場合があります。

プレミストクラブ ご入会はこちら

このページの先頭へ

ページ上部へ

Copyright DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. All rights reserved.